命を学ぶ授業「カレーライスを一から作る」から知る大切なこと

20161205tp111

日本では宗教よりも”道徳”として「命とは何か?」について学ぶ。

生涯をかけて答えが出るか出ないかの問題を、けだるい授業で学ばせるには、姿勢はもちろん時間が足りない。

思い返せば、義務教育の過程で「命とは何か?」に関しては、自然と触れ合うことで誰しも学んでいるはず。

ドキュメンタリー映画、「カレーライスを一から作る」という作品がある。

私は見ていないが、これが”命について学ぶ”ことに関して最高の教材になることは確信できる。

何気なく口にしている”食”に、どれだけの人が、どれほどの時間をかけているのか──

それを知ることで、感謝の気持ちは自然に沸くはずだから。

スポンサーリンク

一杯のカレーライスができるまで

この授業をはじめた関野吉晴氏は、ひとことでいえば「理論より体験で納得させる系」の大学教授である。

法学部を卒業してから探検家になる過程で人類学を学び、旅先で「人の役に立ちたい」と医師にもなり、同時に大学の教授でもある。

どこか冒険映画の主人公みたいだ。

「カレーライスが食べたい人! ──よし君たち、野菜を作りにいくぞ!」

そんなノリではじめられたのが、この授業になる。

9ヶ月で学ぶモノの原点

カレーライスなんてコンビニか宅配すれば、ものの数十分以内で食べれる物。だがそれが完成するまで、頼むより気の遠くなる時間をかけて、”カレーライスという一つのモノ”が完成されてるのは知られていない。

「カレーライスは誰かに頼めばすぐ作ってくれる。2日目が美味いんだぜ?」

「カレーは畑から生えてくる」みたいな考えでいる子供も、あるところには存在しているのかもしれない。魚は切り身で泳いでいると思っている子供は少なからず存在しているからだ。

家庭で料理はすぐ作れるし、その材料をすぐ買えることも、生産者というありがたい存在がいることで成り立つのだが……その”ありがたみ”が希薄になっている

カレーライスを一つのモノとし、それを分解していくと──

カレー粉

具材

にまずは分けられる。

そこから更に分解されるので、「カレーライスというモノの原点とは何か?」となれば──

カレー粉(カイエンペッパー・胡椒・ニンニク・ショウガ・クミン・コリアンダー・クローブ・シナモン・ナツメグ・ターメリック・サフラン……などスパイス類)

米(水稲栽培なら田んぼが必要で、苗から収穫・精米までおよそ7ヶ月)

具材(ジャガイモ・ニンジン・肉・タマネギ)

これらをゼロから作りはじめるとして、9ヶ月かかったことを体験したのが「カレーライスを一から作る」授業になる。

家庭では一瞬で調理される材料も、生産者が数ヶ月気を抜かず、精魂より命を賭して作ったもの。

「それを言葉で伝えられないのならば、実際にやらせればいい」

これほど良い授業はない、と私は思う。

命を育んで奪うことは人のためにならないの?

『どんな仕事に就きたいですか?』の質問に対する答えで、私が一番嫌いなのは「人のためになる仕事」って答え。

人のためにならない仕事って──存在するの?

日本はお金がなんたるかを教えないし、安定した企業に就職して終身雇用すれば万々歳と思わされている。

そこでもらう給料とは、企業があなたに払う”労働の対価”であるから、少なからず人の役には立っている

阪急阪神東宝グループの創業者、小林一三氏にこのような言葉があります。

「金がないからなにもできないという人間は、金があってもなにもできない人間である」

本当そうですね。お金を稼ぐ方法でまず「雇ってもらわないと…」と考える人は、一番楽な方法へ逃げているだけ。

お金を稼ぐ手法に”雇用”がまず挙がるのはこの国くらい。

年功序列で終身雇用、継続するだけで給料が上がると思い込んでいるし、そういうシステムになっているから、生産性は余計に下がっていく。

今は全然聞かないけれど、製造業で働く人は「給料多く貰うために残業する」とかいうし、経営側から見れば給料泥棒じゃないの? と思っていたりした。1日で平均70%終わる仕事であれば、それを継続的に80%以上とすることで、ようやく給料が上がってもよくなくない?

株価だけ見てベアベア騒ぐのは違うのではないですかねぇ。

このブログだって価値がなければ誰も来ないし広告も触らないはず。

詐欺罪になるけど、落ちていたハンカチを「これ何だと思います、某アイドルのですよ」といえば付加価値がついて、買い取る人は必ずいる。

チケット転売はやり過ぎで規制されはじめたけれど、あれも商品価値から需要を狙う確かな商売だと思いますけどね。

「人のためになる仕事」って職種は問わないと思う。対価としてお金を貰っているのなら、それがすでに誰かの役に立っているのですよ。

それをいうなら、食卓に並ぶ食べ物となるモノを生産している第一次産業(農林水産業)に携わる人こそ、人のためになっていると思いませんか。

仕事に優劣は必要ないし、付けたがる人は意識たけぇなぁ(小並)と思うくらいで、気持ちが狭いのでは?

マンガ「銀の匙」から学ぶ生命を頂く大切なこと

コミック2巻から4巻くらいまで続く”夏の巻”。

主人公の八軒くんが実習で育てる豚に”あえて”名前をつけ、自らその肉を買い取り──という話がある。

「生命奪い、それを頂戴するうえで生きる」

誰も答えをくれない難題に、自らのエゴを押し通すこの話は、生命の倫理観についてご高説する人たちに読んでもらいたい

20161205tp112

八軒くんは農業畑で育ったわけではなく、エゾノーでは一般すぎる一般人として描かれている。

蓄養される生物はいずれ食べられる運命だが、それを「かわいそう」とする人もいる。

農業畑で育った他の生徒は、家庭の手伝いで「命を頂くこと」について学んでおり、一般からすると”ぶっ飛んでいる”ように見えるかもしれない。

これからいただく動物を「かわいそう」という代弁者が、八軒となる。

20161205tp193

八軒が”生命を奪うこと”に葛藤する様は、まさしく一般の考えと合致する。

成形された命は食べれるのに、自ら成形すると「かわいそう」と躊躇する人は多く、少年マンガでは度々これに関して描かれている。

それも子供に教えるための一貫だろう。

さすが農家出身の先生だけあり、この難題に対して多方面の想いを乗せることで、ひとつの”戎”を導いている。

この話を読んで「それでもわからん」というのであれば、カレーライスを一から作ってみればいいんじゃないかな?

その魚、何年生きてきたと思いますか?

この記事でもちょろっと言及したけれど、生命を奪う価値観について、宗教の自由が許された国では希薄になっている。

モノが金を出せば買えるし、市場に出回りすぎて飽和であるし、廃棄される量も世界屈指だ。

釣り人はどうも「水辺があれば魚は必ずいる。釣れないのは腕のせい」と錯覚している気がする。

船では景気のいい話を聞くが、陸でそんな話を聞かないのは、漁と釣りで奪い合っているから、個体数がどうしても減少してしまう背景がある。

「キャッチ&リリース」は美学とされている。

けれども、”魚が成長する速度”に対しての感謝というか、保護すべき明確なラインの取り組みについては、日本が特に遅れている。

それはウナギやマグロの保護規定で提起されたのだが、「絶滅するかもしれないから」と後手に回った対応なので、水産資源に対する保護ラインは未だに不透明なまま。

それで、漁業に携わる人々(釣りを含む)で水産資源の保護に乗り出しているのは、古くからの漁師だけなのです。

何故かは、昔はもっと採れたし漁場の変化も見ている──つまり、経験から危機感をひしひしと感じざるをえない立場だったから、改善しようと取り組みだしたのです。

ヒラメは成長が早いといわれている。

けれどもともと大型になる種だし、長い目で見れば1年で10cmしか成長しない。1年目で30cm近くに成長するが、座布団といわれる70cm↑となれば7年以上を必要とする。

平均的な45cmでも3年近くかかるため、決して”早い”というほどでもない。

皆がキープサイズと呼ぶ大きさは、3年程の年月がもたらしてくれた資源なのです。

根魚たちは特に遅いといわれているが、メバルの30cm以上は10年かかるといわれている。

カサゴ・クロソイの30cmは平均5年くらいだから、それと比べると格段に遅い。

ルアーで人気のシーバス(スズキ)だって、ランカーといわれる80cm台ともなれば7年を要する。

マアジの成長と年齢

この論文にある表を見るとわかるのが、大アジと呼ばれる30cm以上に育つまで3年を要する。

産卵に参加するのが1年半(およそ20cm)必要であるが、大半はそこで捕獲されていること。

冬季になって根魚シーズン(くらいしか釣れないから)に突入すると、「根魚のキャッチ&リリース」について言及されるが……それだけ対象にしていいのかと。

80cmまで楽に成長する魚と、40cmいけば世界記録みたいな魚で、大きさによるC&Rを模索するのはおかしくないかな?

「その大きさになるまで何年かかるのか」「卵を産めるまで何年かかるのか」を考えれば、おのずと”釣ってはいけない大きさ”がわかるのではないだろうか。

山口県ではキジハタ(アコウ)に漁獲制限が設けられており、30cm以下は採捕禁止。

文中では「30cm以上で卵が産めるようになる」とあります。この大きさになるまで、最低3年はかかるのですよ。

ほとんどの魚は、釣り人が「デカイ」と感じる大きさって、「子供が小学校へ入学して卒業するまでの期間」くらいかかるわけです。

生命が成長する時間を体験しなければありがたみはわからない

本当の意味で一流の料理人になった方は、大抵一次産業を体験して「はっ」と気づいている。

育成にかかる時間に比べて、料理なんてほんの一瞬。

一瞬だからこそ、生産者の想いを乗せた一皿は、人種を問わず心に響くもの。

ハナからまずい食材に愛情は込められておらず、いくら調理で手を入れようが最高には届かない。

丹念に育てた野菜を、適当に焼いて焦がして「まずい」といわれれば、生産者は身を切られる思いでしょう。

どちらで愛情が欠けても最高の味にはならないわけで、「料理を美味くする秘訣は”愛情”」、これは正しいと思う。

種を植えてから1年近く、自然と戦いながら自分達で育てた米と野菜。

産まれた雛にエサを与えて世話をして、立派に育ってから命を頂いたダチョウ。

カレーライス作りに参加した生徒たちは、調理する時に何を思ったのでしょうか。

「失敗したらこれまでの時間が台無しになる…」、そう考え怖くて包丁を入れれなかったと思います。

カレーライスを一から作る – 作品 – Yahoo!映画

与えられる側ではなく、自ら生み出す側に立ってから、ようやく気付くこともある。

そう気づかせてくれる”何か”に出会い、物が溢れる時代だからこそ見失ってはいけないこともあると、知らない人には気づいて欲しいものです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

命を学ぶ授業「カレーライスを一から作る」から知る大切なこと
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
Qutt-Tea(キュッティ)
スポンサーリンク