メジャーが要らなくなる?レーザーで魚の採寸を測れる日も近い

20161210tp111

ぼちぼちアナログなメジャーが要らない時代になってきた。

スマフォのカメラで撮影し、比較対象物との差で魚の採寸を測る方式も多くなったのだが、今ひとつ精度に欠ける問題点もある

ではその誤差を限りなく無くすためにはどうしたらいいのだろう。

そこで使用されるのがレーザー。既に建築で使われているレーザー距離計は存在する。

専門分野から遊びにも使える一般へ、「レーザー巻き尺」「レーザーポインターで採寸を測る」など、先端技術が気軽に扱える時代。

釣具メーカーはこういうの作っているベンチャーに出資して話題をさらうべき。

スポンサーリンク

iPhoneに付けたレーザーポインターで物の採寸を測るアプリ

レーザー距離計は、光の到達点との距離を測るための測定器。だけど、これは被写体の大きさを測れるよう測定機能になる。

「iPin」はレーザーを照射した状態で、測りたい対象物をカメラに撮れば、その写真上で長さを測定できる機能がある。

空間として広さが決まっている部屋に対して、大きさが決まっている家具をはめ込む考えには、ベストマッチするアプリだと思う。

これスゲーと思うのは、インテリアコーディネーターが世界中の家で在宅でも仕事できる発想が生まれるところ。

釣りに使うとすればこんなシチュエーション

小さい魚にはメジャーをあてて長さを測れるけど、大きすぎる魚は重さ(kg)で判断している。

なのでレーザーを使えば、1mを越す魚も写真に撮るついでに長さを測れるようになる。

お魚さんを抱えた写真でも長さを証明できるから、不正防止にも役立つのでは?

レーザー巻き尺でピピッと一瞬で長さを測ろう

「Bagel」のすごいところは、離れた距離と接触する距離を測れる複数の機能を持つところ。

湾曲した面にピッタリ巻き尺を神経質に貼り付けることもなく、コップの円周計算に”π”を使う必要もない。

力学で設計する方にはピッタリの品かもしれない。

レーザー距離計は既に存在するけれど、コンパクトな物はあまりなかったりする。

「dTAPE」のようなスマートフォンサイズの測定器が増えれば、街中で物を測定する楽しみも増えるかもしれない。

釣りに使うとすればこんなシチュエーション

魚に沿ってBagelを動かせば長さを測れるし、尻尾を地面に当てて頭側からレーザー測定すれば簡単に測れることになる。

主にハンドメイドでロッドやルアーを作る方には、簡単で正確に測れるこういうデバイスは必要かと思う。

dTAPEはルアーの飛距離やポイントの地形図を作るのに使えそうかな。

花粉2016

今ひとつ理解できない魚をメジャーで測る行為

私がメジャーを使わない理由のひとつとして、「リリースするなら1秒でも早く元の棲家に帰してあげたくない?」がある。

魚を釣るじゃない?

メジャー無しで撮るじゃない?

メジャーに魚を置いて撮るじゃない?

ブツ持ちするじゃない?

リリースするじゃない。

それってリリースまで時間かかりすぎじゃね? って。

ネットに入った魚を「チラ」と見せるだけの渓流アングラーのほうが、よっぽど魚を大事にしているってのがわかる。

まあホント、海で”魚を大事にしている”っていわれても、ラインがいまいちわからない。

大半が持ち帰る前提だから、それでいいんだろうけど。

その問題が先に紹介した「iPin」ならば、写真を撮ると同時に大きさが測れるから、リリースまでの時間はかなり短縮される。

記念撮影ついでに長さが測れるから、映像メディアでもメジャーをいちいちあてる必要もなくなるし、「私くらい生き物の気持ちになり、大切に扱ってリリースしてください!」って、大きな声でいえるようになるのでは?

そのほうが物も売れるんじゃ(小声)

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

メジャーが要らなくなる?レーザーで魚の採寸を測れる日も近い
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク