サーフでヒラメを狙うためのメタルジグを選ぶ時はここを気をつけよう

20161228tp111

ルアーコーナーを見ると、「メタルジグが増えてきたなー」と感じる。

それはサーフに近い場所ならではだが、”バカの1つ覚え”かのように、先に実績を出したルアーを追従して各メーカーが続々リリースしているけれど、実際にそれほど種類は多くない

ルアーには”特性”があるので、それを注視すれば釣果や口コミに振り回されることもなくなる。

というわけで、ヒラメを狙うためのメタルジグに重要なポイントを抑えてみた。

スポンサーリンク

ヒラメを狙うためのメタルジグのポイント

スピンビーム32gが爆発的にヒットしたのは、「遅くただ巻くだけで釣れる」を周知させたから。

メタルジグは鉛の塊で、ルアーの中でも重い部類になる。なので底を取りやすいが、ゆっくり漂わせる使い方は難しかった。ポイッと投げてジャカジャカ上下に動かし、ジギングとして青物やタチウオに有効だと思われていた。

そこをブレイクスルーしたのが熱砂スピンビーム。

遠州サーフで”ヒラメのエサ”と化したのには、地域(ポイント)にカッチリはまった特性のおかげでもある。

ルアーはゆっくり動かすほうが釣れやすい

昔からルアーはゆっくり動かすほうが釣れやすいといわれている。

常時動いている回遊するタイプの魚に対しては”速い動き”が有効だけど、それに該当しない魚は”目の前でじっくり見せる”ほうが釣果に結びつきやすい

どんな魚でもいえることだけど、まずはルアーを見つけてもらわなければならない

ヒラメルアーのメソッドって、基本的に底を取るでしょう?

底に居る魚だから、なるべく底からつかず離れずルアーを見せる必要がある。

数回巻いて止める「ストップ&ゴー」みたいに、”誰でも実行しやすい底からつかず離れず巻ける方法”としてメソッドが存在している。

従来のメタルジグでもヒラメは釣れていたけれど、アクションするにテクニックが必要だったり、速く巻かないと底を切れなかったりと、効率的に攻めきれてはいなかった。

ルアーは小さいほうが食わせやすいし、遅く巻けるほうが釣れやすくなる。

スピンビームはそれらをメタルジグで実現できたために、”ヒラメのエサ”になったわけです。

だからといって、スピンビームはサーフならどこでも使えて、おまけに釣れるわけでもない。

先にいったように、遠州灘沿岸のような遠浅サーフはただ巻くだけでヒラメのレンジにガッチリはまるからです。

ただ巻くだけでヒラメが釣れるメタルジグを選ぶポイント

形状は重要な点ではなく、抑えるべきは”重さ”です。

水深1~5mの遠浅サーフではせいぜい30gまで。水深6m以上の急深サーフでは40g以上が効率的。

「なぜ?」と問われると──

実際やるとわかりますが、ハンドルを秒速1回転(一般的なただ巻き)で巻く場合、この重さの範囲でないと底を切れないのですよ。

もちろん立ち位置にもよるので一概に「そう」とはいえない。

けれど指標としては合っているだろうし、経験もあるのではないかと。

スピンビームTGの失敗しているところ

ある意味奇跡的な仕上がりだったスピンビームが、「TG」に生まれ変わったことは知られているでしょう。

話題にはなったけれど、釣果は前モデルより今ひとつ聞かない

その原因はどこにあるでしょうか。

タングステンコンポジットで後方重心にして、なおかつ42gへ重量アップ。

なにやら聞くだけでも「すごそう」と小学生並の感想をしたいところ。だけど、後方重心にすると飛距離は確かに伸びやすいが、デメリットが確実にある。

スピンビームTGはリア寄りにした重心がアダとなり、遠浅では極端にいうと「縦に泳いでいる」感じで動きます

20161228tp112

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/4456

画像は「スピンビームTGのスイム動画」からですが、結構深いところで70度近い角度で引いているのではないかな。

水深6m以上ならこんな感じで巻けるけど、水深3m以内の遠浅サーフでは、秒速1回転だとリアフックをずるだけになりやすい。

リップがついてない重いルアーって、全てこんな風に泳ぎやすいわけです。

これはこれでジャカジャカ巻きからのフォールが効きやすい──けれど、後方重心にすることでフォールも阻害されてしまっている。

遠浅サーフでスピンビームTGを使っている人は、「前作よりもリアフックが甘くなるの早くね?」「貝や舌平目がよく刺さってくるのだが」とか経験があるのではないかと。それより少しでも早く巻かないと、底を切れていないわけです。

逆に急深サーフではそれなりに結果を出しています。

それは「ストップ&ゴー」が従来通りでも、丁度いい感じで機能するためです。

Nature Rhythm

【まとめ】ポイントに対してルアーを選ぶ能力を鍛えるべき

ルアーはメタルジグやシンキングペンシルだけに限らず、巻くことで水平を保つ製品はほぼありません

(水平にフォールはするけど、巻きでなるとはいってない)みたいな。

ただ巻きでヒラメを狙えるメタルジグを選ぶポイントは──

・ただ巻くだけで釣りたいなら形状よりも重さで選ぶ

・水深が深いほど重いジグを選べばただ巻きでもヒラメは釣れやすい

・フォールを活かすならフロントorセンターバランスを選ぶ

・メタルジグで後方重心にしても、飛距離は大して変わらない

あと「リアクションバイト」を狙う場合、特にストップからのフォールではリアバランスが有利です。

スロージギングなど、フォールを主体にするアクションではセンターバランスが有利になります。

「BWフリッパー」のように”浮き上がりやすい形状”のメタルジグもあるけれど、比重がありすぎるのでいうほど関係ないです

これがなぜ浮き上がりやすいか──”フロントのアイ”が他とは違う箇所についているでしょう?

引っ張る箇所を変えるだけでも、泳ぎのアクションは変わるわけです。

他のルアーでもアイをひん曲げて移動させたり、穴を開けてそこに通したり、フックをつけるべき場所につけたりなど、ちょっとしたカスタムで泳ぎを変えることもできます。

スプリットリングを増やすだけでも結構変わります。

例えばガン吉のような平べったいメタルジグでも、ボディを少しカーブさせるだけでウォブリングが強くなります。

やりすぎるとぐるんぐるん回るだけになるので、ほどほどにやってみましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

サーフでヒラメを狙うためのメタルジグを選ぶ時はここを気をつけよう
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク