厳寒期サーフで猛威を奮う「かっ飛び棒」はなぜ釣れるのか

20161229tp111

冬になって水温が下がり、サーフアングラーも冬眠していく感じ……。

でも最近、JUMPRIZEのルアー「かっ飛び棒」の釣果がひときわ多くなっている。

それもそのはず、「フラットの活性が落ちてきたカナー?」なんて今の時期こそ、真価を発揮するルアーだから。

改めて「かっ飛び棒130BRは冬でも強い理由」にクローズアップしてみよう。

スポンサーリンク

かっ飛び棒のすごいところは、巻かなくてもいいところ

ルアーは巻く釣りと思われがちですが、巻かないほうが釣れやすいです。

「……お前は何いってるんだ?」

そう思っていそうだけど、今までのヒットパターンをよーく思い返してください。

──ほとんどが「フォール中」でしょう?

でも基本的にルアーフィッシングは巻かないと成立しない。だって海底でルアーが眠っちゃうから。

あらゆる魚相手に食わせるポイントとしては、「動かしても止める」「落とす」の2点が重要。そうすることで相手の口に放り込みやすく、また食べてくれやすい。

ヒラメなどフラット相手はそれらをすることで、捕食レンジまで落とし、新鮮なエサ(無機物)を提供できる。なので釣果に必然としてつながりやすい。

かっ飛び棒の優れているところは、130mmの大きさかつ38gの重さなのに、水面直下も通せる浮き上がりの早さにある。

名前の通りかっ飛ぶことで飛距離もメタルジグ並に出るのだが、これに関しては些細な要素にすぎない。

外洋ショアゲームの革命児、”かっ飛び棒”のポテンシャル
JUMPRIZEの新ルアーである『かっ飛び棒』が発売されました。 使ってみた感想としては、「テスターの総評通りすぎて特にいうこともないから困る」って感じ。 完成度が高すぎるがゆえに、メーカーが語る言葉以上に、何もいうことがない。

かっ飛び棒に関して細かいインプレはこちらで書いているので──

今記事では「低水温の厳寒期でヒラメを狙えるかっ飛び棒の有効な使い方」について記述します。

【冬期遠州サーフ向けメソッド】季節風を味方につけるウィンドドリフト

晩秋から梅雨入り前にかけ、遠州灘は西よりの季節風が強くなりがち。常時7m前後吹く状態が続くわけですが、北西(北寄り)の風は”追い風”になりやすいので、8m吹いていようがやりやすく感じる時もある。

強風下ではリールから延びるラインが風にあおられ、軽いルアーは浮き上がってしまいやすい。

なので沈ませるタイプのルアー(シンキングミノー・シンキングペンシル)は水面に出やすく、潜らせるタイプのルアー(リップ付きミノー・ヘビーシンキング・メタルジグなど重いルアー)が有利に働きやすい。

かっ飛び棒はジグミノー寄りのシンキングペンシルに属し、カテゴリ内でも随一の重量がある。しかし38gでもラインを細くしようが強風下では浮き上がりやすい。

そのため、”あえて巻かないメソッド”が成立する。

ピンポイントを攻めるドリフトコントロール

まずはピンポイントで狙うべき箇所を決めること。

それを決めないと闇雲なだけで、コントロールするとはいえません。

20161229tp112

瀬の周りや離岸流の出口、そして中や周囲など、狙うべきポイントを見定めることが第一歩。

今回は着水後に瀬の一部をフォールで狙いつつ、ラインを煽ってドリフトさせ、離岸流のオイシイとこを通してみましょう。

20161229tp113

風が自分の右手から吹いているので、沖の瀬のポイントやや右方向に着水させる。だいたい80mくらいキャストしたとします。

フェザーリング(スプールを指でおさえる)しようが風でブワッとラインが煽られるので、着水後のかっ飛び棒は、沈みつつ左へ落ちていきます

ここで意図的にラインを出せば、ほぼ真横にフォールしていきます。

20161229tp114

瀬のポイントに到達し底にあたった時、ラインはこんな感じになっているはず。

ラインが出ている状態でロッドからアタリはほぼ取れません。注視するならラインで、一瞬ビクッと動いたり、止まったり、スッと動いたりはする。

けれどヒラメなどフラット相手は一度噛んだらそうしばらく離さないので、巻き取った時に重ければ合わせましょう(適当)

瀬のポイントでアタリが来なかったので、続いて離岸流の出口から中へ通します。

20161229tp115

リールで巻取りつつ離岸流へ寄せ、そこで再び止めて落とします。”流し込む”ほうが的確かな。

ここでも風の力でスライドさせつつ底へ落としていき、アタリがあれば合わせるし、無ければ回収して再び同じことをやる──

のではなく、若干ズラして探っていきましょう。

というように、巻くことでアクションをさせずとも、落とす(流す)ことをコントロールできれば、強風時でもピンポイントの底を狙えます。

かっ飛び棒はこれがやりやすく、そして魚を連れてきてくれやすい。

投票にいったら偶然にも魚が釣れましたin湖西サーフ
期日前投票をサクッと終わらし、これで日曜に何の気苦労もなく出かけれるものです(釣りとか)。 それはそれとして、火曜のリベンジ戦に行ってきました。

これで釣れたのがこの回。

あの時は10m近く西寄りの風が吹いていて、ただ巻では底を通すことができないから、ドリフトで狙いました。

ドリフトをマスターすれば上下前後左右に動かす3Dアクションゲームが可能になる

風や波など自然の力を使うドリフトは、ぶっ飛び君では「3Dメソッド」といわれています。

別にJUMPRIZEのルアーでなくても、水平フォールするルアーなら同様のことができるわけで、軽めのメタルジグでもできます。

ようするに、風が強い日には無理に巻かなくても、ロッドとラインの操作だけでアクションは成立できるわけ。

ロッドを立ててラインを海側へ煽らせれば沖へ動かせるし、ラインだけを煽らせれば真横に動かすこともできる。

これらを組み合わせればただ巻より長時間、魚にルアーを見せる時間が生まれるわけです。

なので単純にいうと、「止めて、底に落とすだけで釣れる」のが、ぶっ飛び君やかっ飛び棒の3Dメソッドの強みであるわけです。

【まとめ】かっ飛び棒はなぜ厳寒期でも釣れやすいルアーなのか

・強風時でもルアー自体の重さでドリフトの操作がやりやすい

・下から見れば細身、横から見ると大きいからスレにくくアピールしやすい

・向かい風でも問答無用に飛ぶ

浮きあがりが早いため、かなりゆっくりのただ巻でも2m以下を通すことは難しい。

活性が低くなるほどルアーは遅く長く見せるほうが効果が高いため、かっ飛び棒は「遅く長くルアーを見せることができる要素が詰まっている」。なので、厳寒期でも釣れやすいルアーになります。

張りが強めのMクラス以上のロッドが、操作するうえでも望ましい。

柔らかすぎるロッドは、そもそも風に負けるし重いルアーが投げれないから、かっ飛び棒を使う時点で張りが強めのロッドになるはず。

かっ飛び棒の飛距離を出すための投げ方は、前から後ろに振るオーバーヘッドではなく、後ろで静止させてから振り抜くほうがいいです。固定重心のルアーはそのほうが飛距離は伸びます

前から振って投げるのは一見カッコイイですが、あれは移動重心でこそ活きる投げ方です。

最近これでの釣果が増えているので、在庫があるうちに確保しておいたほうがいいですよ?

スポンサーリンク