【バイブレーション小咄】ABS樹脂と鉄板ではメリットが違う

20151116top12

嶋田仁正さんが「RE/70」の釣果レポートを、JACKALLのスタッフブログで公開しています。

文中で書かれている、バイブレーションを使う上での「浮力の違い」は参考になります。ルアーの材質でも、浮力や泳ぎが変化するし、”使い方”も変化するので奥は深い……。

スポンサーリンク

樹脂と鉄板の違いは「比重」

比重が違う場合、同じ重さでも沈降速度に差が出るため、この二種を使い分けるだけでも、同速度で通せるレンジが変化します。

鉄板の強波動は周囲へのアピールは絶大だけれど、魚の動きが鈍い低活性の時は、動きが速すぎてイマイチ噛み合わない時もある。水深が1m前後になれば尚更。水温が高い時期ならハマるけど、秋~春にかけては速すぎる嫌いがある。

そんな時、”遅い釣り”に切り替えるには、ABS樹脂製のレンジバイブが効果的。

巻きのアクション”に重点を置く鉄板に対し、樹脂は”落下のアクション”に重点が置かれている。

樹脂製は素材の浮力とボディの形状によって、鉄板よりもゆっくりと、プルプルしながら落ちる。これを使ったリフト&フォールは”疲れ弱った小魚”の動きに酷似しており、それを演出するのに長けている。

鉄板は力強く泳ぎ、”追われる小魚”を演出するのに長けている。

──ということから、表層でイワシやイナッコを「パーン」と弾いているような状況では鉄板に分があり、底付近で通り魔的にヒイラギやハゼを食べている状況では樹脂に分がある。

じゃあどっちがより多く釣れるチャンスがあるの?

どちらも持っておくべき」、というのが摂理です。

私としては、樹脂は「食べてもらう」、鉄板は「食べさせる」という感覚。陸っぱりで使うイメージとしては、50m四方を盤上に見立て、駒を置いて詰めていくのが樹脂の攻め方。70m四方のカンバスを筆で塗りつぶしていくのが鉄板という感じ。

アキュラシー(キャスト精度)に自信があるなら、魚が居るであろう箇所に投げ入れ、数回誘って回収の繰り返し。大野ゆうき氏がプロデュースするルアーにはこういうやり方に向いている物が多く(港湾メインという理由もあるけど)、樹脂製の”遅い動きで誘える物”が多い。

水深が深く、広範囲に魚が散らばっている可能性がある場合には、高比重かつアクションが派手なルアーで引き寄せるのが効率的。

堤防シーバススペシャリストの泉裕文氏が「IP-26」を開発し、鉄板バイブレーションを使用した堤防シーバスメソッドを提唱したのも、そんな理由からなのかもしれない。

──ルアーは魚に合わせるよりも、特にプラグ等のハードルアーは場所に合わせるのが効率的なんですよ。

地域毎に「釣れるルアー」って、結構バラバラなんですよね。そこから調べて実際そこで使うと、「あっ、なるほどな」と感じるかと思います。

そのルアーのスペックから、「アクション・対象魚・対象レンジ・飛距離」を想像できる人なら、釣具屋で「今何が釣れてます?」と聞くより、「今何が売れてます?」と聞く方が手っ取り早いかもしれません。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【バイブレーション小咄】ABS樹脂と鉄板ではメリットが違う
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク