「人並みに釣れますように」と7回神頼みした結果in磐田・浜松サーフ

20151117top201

魚釣りは運なのか、技術なのか。

先週から隙があれば神様にお祈りをしてきた私は(計7回)、何かしら釣り上げることはできるのだろうか。

スポンサーリンク

神頼み効果はあるのだろうか

明らかに気配が無ければ河口に行けばいいかなと、ゆるい気持ちで久しぶりの駒場を選択。

4時頃に来たものの、ワンド部分にはイシモチ狙いのケミホが見えたので、仕方なくカニ歩きでよさ気な場所を探索。

流れに流れて、「駒場ってこんなに浅かったっけ?」と思うくらいシャローな場所しか空いてない。上げ潮なのでしばらくすれば幾分マシになるだろうし、流れは面白そうなのでちょいと粘ってみる。

100m程ぶん投げても5mないくらい。東岸は砂が溜まりやすいとはいえ、ちょいと浅すぎではないですかねえ。

ヒラメは後回しにして、通りすがりのシーバスに出会えたらいいなー程度に、そういう狙い方をしてみる。

──1時間くらいで空が白み始めるとはいえ、ルアーメンはちょっと”ステルス迷彩”しすぎです。気づいたら近くで「ビシュン!」と、音だけで判断する必要があるから、標識灯くらい付けて欲しいものです。ケミホ点けている投げ釣り師の方がまだマシ。

ちなみに自分は点けています。

……すっかり夜が明けましたが、自分も周りも海もお通夜状態。

滅茶苦茶遠くでコノシロぽいのが1回「ポチョン」と跳ねたくらいで、漁船も魚を探しまわっている感じ。

これは昨日とは魚が居る位置が違うパティーンですね。多分隣の隣くらいに居そうではあるけど、朝イチから来れる時に限って、魚が居ない場所を選ぶのが得意すぎるんだよなぁ。

(最初そっちに行こうとしていたんだけど)

誰も竿を曲げている様子もなく、続々とお帰りになられている。

希望が無さすぎるので天竜川の河口内部でちょっと傍観。ベイトは居るっぽいけどボイルはなし。

優雅に進む鳥さんをしばらくカンサツして、上の方も国1までちょこちょこ覗いてみたけど、大河川すぎてポイントが絞れない説。

釣れるところはタモが無いと厳しいので、今度出直すことにして……もうちょいやるとしたらいつものあそこだろうなぁ。

20151117top202

というわけで舞阪に移動。

遠くにある微妙なワンドを2箇所打って、何も来なければ、まだ信仰心が足りないってことにしよう。

1箇所目からコノシロの熱い主張があるものの、それをバックリいく相手の気配は無い。

2箇所目で、何故かこういう時に強い激投ジグを使っている時、払い出しのフォールで「ゴッゴッゴ」と来るけど乗らず。

かなり優しい感じだったので、ミニエソでしょう。

うん、7回の神頼みではまだ不幸度を上回ってないということか。一つの神社に7度お参りしたわけでもないので、「あいつは外堀から埋めるタイプだ、放っておこう」と認識されているのだろうか。

こうなったら地元の神社に百度参りを敢行せざるをえない。

でも本番は明日だから(震え声)

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク