サーフルアー視点の「チャタビー85」インプレ

chatabee85

スライドアクションがウリの「チャタビー」がモデルチェンジにより85mm31gになって更なる飛距離を引き出す。

外洋キャスティング仕様ということもあり、飛距離と泳ぎ、コントロール性も申し分なし。

……その分野においては。

スポンサーリンク

チャタビー68とは別物と考えたほうがいい

チャタビー68のほうは軽くてどんなタックルでも使いやすい。でも”85”を同じロッドで使う場合は少し見直す必要がある。

ジャンプラ信者ならレクシータを持っていそうですが、あれでもこれを中層で泳がせるのは難題。

これを従来のレンジバイブ同様、”泳ぎ(波動メイン)”で使うとなると、MHクラス以上のロッドでないと底50cmを切るのも難しい。

対応重量でいうと、60g近くまで許容するモデルが向いているのではないかと。ギリギリでは厳しいです。

陸ではピンポイントに「流れに乗せて」みたいな使い方が望ましい

……ということで、ただ引いてくるという釣りではちょっとダレます。

磯場や沖でドラグを締めて、ガチで魚をいなすようなロッドには適しているが、ドラグゆるゆるで弾力で寄せるロッドにはちょっと向いていない。

ファストテーパーのロッドが適している感じ。

場所としては、足場が高いほど上に向く力が働くため、遠浅よりはドン深のほうがまだ向いている。

場面によっては、シーバスのカテゴリとオフショアでの釣果は抜群ですね。

比重の重さはメリットのひとつにもなり、ボトムを取るのは容易。ストップゴーとリフトフォールで誘えるし、止めた時の”オートスライド(平打ち)”が強み。

サーフでは、サラシの中や離岸流など、流れの中で自然とスライドを誘発させる使い方が向いている。

「チャタビー85」は”68”より下のレンジを通しつつ、流れに負けないよう比重を上げ、沖のシモリ付近に潜む魚も引き出す……そんなルアー。

68は足元をコツコツ攻めるのに向いている感じなのは、使っていてなんとなく思ったこと。

サーフで向いている場面としたら、波高と感じるくらいが丁度いいですね。

泳ぎと動きを両立しているルアーなので、流れに乗せてヒラヒラさせるほうがヒラメには効くでしょう。

季節風が強めになるこれからの時期には丁度合うルアーではないでしょうか。

ジャンプライズのルアーはクセが強いので、初心者には正直向いていません

ある特定の状況下において魚を”引き出す”ことに関しては他を凌駕しており、釣果も抜群にいいのですが、それ故にマニアックです。

そんな「ちょっと他社より扱うのが難しい」というのを好む人には押さえて欲しいメーカーですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

サーフルアー視点の「チャタビー85」インプレ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク