浜名湖一周駅伝ファイナルの交通規制と直虎ちゃん

2017203tp191

https://www.tenhama.co.jp/events/7693/

今週末はあいにくの天気らしい。

日曜日に開催される浜名湖一周駅伝ファイナルで、浜名湖をぐるっと交通規制が敷かれます。

時期柄、釣り人にはあまり関係がありませんが、大河ドラマ館やら観光などで訪れる方は注意されたし。

──いうほど渋滞しませんけど(場所による)

せっかくなので、「お得だけど1日で全て巡ろうとすると寿命が縮むレベル」『いいね!直虎1Dayパス』の紹介をしましょう。

41回の歴史に幕をおろす中日浜名湖一周駅伝ファイナル

文末に”ファイナル”ってついてるのは公式です。

……なんだかよくわからないが、かっこよさがにじみ出ているな!

浜名湖をぐるりと一周する駅伝なので、交通規制はそれなりに広範囲です。

詳しくはリンク先にあるPDFで確認してください。主に午前中だけです(丸投げ)

三ヶ日周辺は背後が山間部なのもあり、抜け道がほぼないので注意。下手こいて山道に入り、愛知県と「コニチワー」するハメになるかもしれません。

弁天島周辺は交通量も多く、愛知県からも集客する志都呂イオンへの通り道でありつつ、1本道になるので渋滞には要注意。

でも今は3月下旬に向けてリニューアル準備で、大半のテナントも休業中です。

改装売りつくしセールもやっていますが……うーん、って感じ。

格安で静岡西部を一周できる「いいね!直虎1Dayパス」

大河ドラマ「おんな城主直虎」がはじまり、大河ドラマ館もオープン。浜松市が観光に力を入れまくる年がはじまりました。

ただ難点がありまして、交通機関がクソです。

巡るならレンタカーかタクシーのほうが格段にスムーズ。

とはいえ一大観光イベントなわけでして、特別運行バスを増やしたり、”一応”対策はされています。

市内の交通網を司るのは「遠州鉄道」「天竜浜名湖鉄道」のふたつ。

「直虎1Dayパス」は、2300円でこれらの交通機関を乗り放題できるので、のんびりバス・電車の旅をするにもってこい。

注意点としてJR東海道線は使えません。そして遠州鉄道のバスや電車は、独自のICカード「ナイスパス」しか使えません。suicaもICOCAもはやかけんも使えないガラパゴスっぷりが全然ナイスじゃありません。

なので他県から観光に来る場合には、現金でバス代やら払うよりも、乗り放題パスを使うほうが、ここでは動きやすいといえます。

浜松駅から大河ドラマ館までのバス往復で十分元が取れる

大河ドラマ館のある気賀駅周辺には、浜松駅からバスで行くだけで650円、往復すると1300円にもなります。ドラマ関連の観光をするとなれば入場券(600円)に、”ザ・ゆかりの地”である龍潭寺の拝観料(500円)がかかり、合計して2400円となります。

つまり、最小限の観光に1Dayパスを使うだけでも──

100円お得やん?

帰りは気賀駅から天浜線に乗って、浜名湖沿岸を走る新所原方面に行ってもいいし、田園すぎる風景を楽しむ西鹿島方面からの遠鉄電車のりかえで浜松駅に帰るルートなんかも容易。

遠鉄バスは磐田にも通っています。

天浜線の端から端へ静岡西部半周の旅とか、掛川からバスで帰ってくることも可能です。

とまあ自由度は高いですが……、ド田舎のダイヤですので、待ち時間がかさみます。

ですので、お得だけど一日で全て周ろうとすると寿命が縮む感じがするのではないかなと(ケツが死ぬ)

電車やバス好きーが、特に目的を持たず”ただ乗りたい!”サービスとしては有能なサービスではないかな。

いきあたりばったりでは確実に時間を持て余すので、事前に巡りたいところを決めて、カチッと行動することをおすすめします。

(私が観光案内するサービスは)ないです。

東名高速道路の三ヶ日~浜松西の間にある舘山寺にスマートICを開設する予定がありましたが、どうも工事が遅れに遅れ、ドラマが終わる頃に完成するらしい。

今年の3月くらいに開通予定でしたが、これがあると観光バス誘致も捗ったのに、残念と感じます。

がんばれ観光都市。

ちなみに今期のアニメは、浜松市が舞台の物が2つあるらしいっすよ?

「年中キテレツ大百科しかやっていないんだろ?」とかネタにされてた時期が懐かしいです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!