これがあるだけで全然違うって思えた防寒アイテム

2017212tp111

今冬の冬将軍はちょっと張り切りすぎじゃない?

おまけに外で歩き回る時に限って攻め込んでくる。

午後から雪が舞いはじめた土曜日。

「太陽出ているならヨユーヨユー」と、防寒を慢心しすぎて手が凍り、スマフォを落として奇声をあげたおっさんのブログがこちらになります。

さすがにきつかったので、コンビニでアレを買いました(意味深)

スポンサーリンク

革靴の踵って取れるんだなって

少し前に名古屋へ行った時、出発直前に気付いたので、その日は駅の階段でカカトスポーンしないよう歩いていました。

今日も歩き回るから、「どうせなら接着しちゃおう」とセメダイン先生を流し込んだ。そして、しばらくして気づく。

接着剤がハミ出てくっそ見苦しくなっているやん?

革靴用の接着剤が空だったからね、仕方ないね(ウェーダー修理用だけど)

すいません…手袋をください…

冷たいスマフォを触り、「ひゃんっ」となったので、戒めとして手袋を買いました。

いやぁ、全然違うなと。

ハンズアップで闊歩することも可能なくらい、手にぬくもりが戻りました。

ところが今度は、スマフォで地図を確認したいけど反応しないから、いちいち外さないといけないのが面倒になる。

釣りだとグローブはつけるけど、それよりもルアー交換の時にフックが絡むので、指ぬきを使っている。

なのでタッチパネルに対応している手袋の必要性を考えたことがなかった。だって浜松は南国だし?

2017212tp112

これ買っておけばよかったなぁと、後悔する。

でもオール綿の手袋って、カバンを持ち手とかだったり小物を持つ時に滑るから、好きじゃないのよね。

皮手は臭いがつくからなぁ……てことで、ゴム製品が安価だし使いやすいと思っている。

ポケットに手を入れるリスクを考える

ポケットに手をいれたまま転ぶと、そのまま地面とキスをする可能性が高まるじゃないですか。

鼻を強打するとね、鼻血が面白いように流れ出てくるんですよ。

釣りでは滑り止めの兼ね合いが強いだろうけど、日常でも手をフリーにできることはいざって時に役立つなぁと実感しました。

アウトドア用グローブも、釣りメーカーのスポンサーになることを考えなければ、結構安く買えるものです。

「充電式ヒーティングインナー」は待つ釣りでも極寒から手足を守ってくれるよ!
今冬は初春のような暖かさで、苦行の夜釣りも「それほどでもない」とまだ謙虚でいられる自分。 でも朝方の冷え込みがヤバイのは安定している。そう、前回の釣行で再認識した。 冬期の釣りが苦行たる理由は、「魚が掛からないと体温が上がる要素...

こっちでも手の防寒について詳しく紹介していたり。

手足は血液が流れにくいし少量だから、熱しても冷めやすい。おまけに細かい動作を強いられたりするので、ちょっと気にかけて防寒してあげたいところ。

ガッチガチにふるえて、誰かさんのようにミミズのような文字を書かないようにしましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

これがあるだけで全然違うって思えた防寒アイテム
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク