浜名湖からアサリが減った原因トリプルスリーを論破する【人的被害編】

2017319tp193

前編ではトリプルスリーのうち2つを取り上げました。

ひとつは「他の生物による食害」、もうひとつは「水質環境の変化」です。

最後に残されたのは、報道等で頑なに言及されない「人的被害」による原因を取り上げます。

「浜名湖の潮干狩りはなぜ毎週のように開催されるのか?」

地元民は大抵知っていることですが、日経ビジネスがそこを切り込んでくれているので、説明がしやすくて助かります。

【前編はこちら】

浜名湖は汽水湖という常識も過去の話

そもそもアサリは「汽水域」を好み、干潮時に露出する「干潟」に卵が着底しやすい生物。

ならば、そのどちらかが失われれば、自然と数は減少していくことになる。

浜名湖は汽水湖として有名。ですが、塩分濃度は年々上昇傾向にあり、近年は”ただの海”になっている

それは全国どこの汽水域でも顕著になっており、生態系の変化も危惧され続けている。

そうなった原因を作り上げたのは、他ならぬ「人間」です。

今切口の導流堤が完成したことで塩分濃度上昇が加速した説

浜名湖の海水化が進んだのはなぜだろうか?

それは「今切口の導流堤により、潮汐で海水循環がよりよくなったため」がひとつ。もう1つは、「流入河川の治水工事などによる水量低下」がある。

どちらにも共通することは、「人々の生活を守るために建設した物」であること。

これらを説明するには……よろしい、また論文だ。

浜名湖今切口の固定化による湖内の潮汐と海水交換特性の変化

この工事は1954年から約15年かけて行われ、現在は魚釣りで盛況な”堤防”として親しまれているが、それ以前は”ただの河口”だった。

導流堤が無ければ新居の海釣り公園は存在していないし、「魚釣りのメッカ」としても知られることがなかったのかもしれない。

今切口周辺の「釣りビジネス」を加速させた要因が、この導流堤に少なからず在ることがわかる。

工事着工を境に塩分濃度と海水交換率が飛躍的に上昇することとなる。

それに伴い、生態系の変化なども危惧されたのだが……。

2017319tp192[4]

グラフで見てもわかるとおり、着工の1954年以降、露骨なくらい”そこ”で急激に変化が訪れている。

しかしこれがアサリの減少した理由のひとつ──ではない

むしろ海水流入で循環がよくなって水質が向上し、”水を濾過する”役目を果たしているアサリ自体の質が飛躍的に向上した。

それによりアサリは肥大化、味ともに有名となって、「浜名湖のアサリ」というブランドを確立しつつ価格が上昇。

新規の採貝業者も増えていき、ますます水産業は伸びていく──と思われた。

過剰な採取によってアサリの資源はみるみるうちに減少していく。

海の水質を維持していた貝類が同時期に全国で減少しつつ、それらが生息しにくい状況が重なったことで、環境悪化が促進されていくこととなる。

それの前兆は全国的にいうと1950年代後半から。浜名湖でアサリの減少が顕著になりはじめたのが、1990年代となる。

汽水湖に真水が流れこまなければただの海になるやろ?

導流堤により、浜名湖の海水化を進行させる一手が起きたものの、それを更に促したのが流入河川の治水工事「都市開発の一環」である。

1971年、湖内に流入する最大河川である都田川のダム建設がはじまる。このダムは1986年に完成した。

これにより湖内に流れ込む真水は減少していき、塩水化が加速。現在でも潮干狩り場として最も有名な弁天島の干潟まで汽水だったものが、今では河川に近い湖奥の一部だけとなってしまった。

浜名湖はほぼ全域”ただの海”となんら変わりない水質となり、現在では奥浜名湖でも「幼ブリのナブラがやべえ」「デカアジが釣れる」なんて状況になっている。

結果として、汽水の浜名湖に戻ってくるはずのシラスウナギも減少。成魚にとっても生息しにくい環境となり、「浜名湖のウナギ」ブランドは衰退していく。

現在でも”河川に”ウナギは居るのだが、”浜名湖に居る”ウナギは、過去に比べれば壊滅と呼んで過言ではないほど見られなくなっている。

だからといって、これらが「無ければよかったのか」というわけでもない。

それらが整備されていなければ、台風のたびに舞坂や新居の沿岸が波浪に悩まされるし、堆砂で湖内の航路が機能しにくくなり、漁業も難航する。

ダムが無ければ山間部をはじめ地域は水不足に陥り農作物の成長もままならないし、下流側は洪水に悩まされ、金額的にも無駄に高い堤防を造ることになる。

”防災の予防線”を張るのは、今も昔も上手であったわけだが……

そもそもアサリが減った最もたる要因は、「増えにくい状況で調子こいて獲りすぎた結果」である。

水産資源の減少は「乱獲」に「水質汚染」が重なってしまったため

これはアサリだけではなく、どの水産資源にもいえること

1970年代を走りとして、年々国内で水揚げされる水産物は、現在でも減少傾向に陥っている。

水産資源保護のパイオニアである米国と欧州は、その時期を同じくして自らの過ちを認め、厳格な管理の元、今では”稼げる漁業”を掲げるほどになったのだが……

日本は、環境変化による減少を今だ旗に掲げ、「おかしい、おかしい」と思いつつも獲り続けた結果──。

それが現在のありさまとなる。

水質汚染が進んだのは高度経済成長期である1950年代頃から。

河川や海が工業・生活排水などによって汚染され、人体にも影響を及ぼし、水中生物が死滅していく中、悪魔のタイミングで漁業の効率化が進む。

「生まれる数≒採取する数」だったのが、「生まれる数<<<採取する数」となってしまう。

それが1970年代からはじまったのだが、「広大な海から生物が居なくなるはずがない──」そう信じつつ、21世紀を過ぎた今でも呪いとなって、自ら減らしている自然を恨み続ける。

”死の海”とも揶揄された東京湾も、現在はハマグリやシジミが普通に採れるように回復している。

まあそれだけ取り上げれば”美談”であるし、「人が協力する力ってすごーい!」となるわけですが……浜名湖の漁業って、傍から見れば、過去に囚われ未だに迷走し続けているだけなんですよ。

それは全国的にもいえることですが、回復を遂げている漁場って、おどろくほど認知されていません。

潮干狩りで捕られるアサリの量を知っているかい?

少し前に放映されたNHKの「新日本風土記」で浜松市が取り上げられ、ウナギ養殖についてちょっと紹介されました。

「浜名湖といえばウナギ」も既に幻想となっており、放送内では、減少の原因のひとつとして明確に「乱獲」と言及していました。

メディアでそう一言いっただけだが、これは”進歩”だな、と。

公害による水質汚染も、元を辿れば人的です。

政府や水産業はそれを「自然だからしょうがない」と逃げ道にし続けており、乱獲を含めた人的被害は、口止めでもされてんのかと疑うくらい言及されません。

浜名湖の潮干狩りは観光財源として重用されています。

しかし、それを行うにあたり、どれだけのアサリが採られているのかは、明確にされていなかったりする。

よろしい、ならば考えてみよう。

5万人が1人あたり2kgのアサリを持って帰るとどうなる?

ニュースのソースを見る限り、近年の浜名湖では「年間約5万人が潮干狩りを楽しんでいる」らしい。

潮干狩りだけで5万人を集客すると考えれば、観光財産として保護したくなる気持ちもわかる。

浜名湖でのアサリ採捕は制限がありますが、それは”1人当たり2kgまで”

単純計算でバカ正直に”どれだけ採られたか”を考えると、年間100トンに及びます。

まあ現実的に、全員がそれほどこんもり採れるわけないので、「5万人のうち3割が2kgを持って帰る」として……それでも30トンになります。

しかしこれは”管理された潮干狩り場だけ”の話

沿岸レジャーなど、潮干狩りではない採捕を含めれば、管理外で倍以上採られている可能性は捨てきれない。

ウナギやマグロも同様に、管理外での密漁が横行するおかげで、明確な資源量と消費量が算出できず、資源管理が難しい状況となっています。

水辺で昔から続く「捕れるだけ捕る!」精神

私は釣り人に関して、「資源管理意識の縮図」みたいに感じています。

”ゲームフィッシング”と聞こえはいいですが、「無料で新鮮な魚が食べれる!」という意識のほうが実際には強い。

マズイといわれる魚はリリースされ、高級魚やウマイと評判の魚は問答無用で胃袋にブチ込まれる。

──それでよく「自然に感謝!」といえるな~と感心する。

釣り人の中には、「釣り辛くなったのは俺たちのせいかもしれない」と考える人もいるし、「漁師が獲りすぎたせいで魚がいない」と考える人もいる。

釣りに関するゴミを拾う人が居る一方で、そのゴミが落ちているということは捨てる人もいる。

「たくさん釣れたけど家族分だけにしよう」と釣りすぎない人もいれば、「入れ食いでたのしー! こんなに釣れちゃいました!」と魚を絨毯敷きにして公開する人もいる。

まあ「どちらの考えがより正しいのか?」は導き出されると思いますが、”その人にとっての正義”を変えるのは、勇者がレベルをあげて魔王を倒すより難しいのですよ。

漁業は1970年代を皮切りに、機材の発達によって全国で乱獲による個体数の減少が相次いだ。

実際には水質汚染が進行していないままならば、「まだちょっと減った程度だから(震え声)」で済んでいたのだが……。誰でも解るほど獲れなくなり、「(手遅れだけど)このままじゃヤバイ」今更な漁獲制限を設けたりして対策を開始する。

──その背景を今だに続ける日本を含むアジア圏の管理は、世界トップクラスで遅れている。

すると「前年より採れない、おかしい。そうだ自然が悪いことにしよう」など、乱獲をはじめとする人的被害を頑なに認めようとせず、少し前に開催されたクロマグロを筆頭とするマグロの漁獲制限国際会議では、ザルな資源管理設定を披露して、世界からブーイングを頂いている

この構図を簡潔にいうと、「今後は管理します(捕らないとはいってない)」なんて口上で、それは20年以上も現実から逃げ続けていることになる。

辛辣にいえば、「少なくなりすぎた魚を誰よりも多く釣る(獲る)!」ことに関しては、世界でトップクラスに進歩しているわけです。

国内で獲れなくなったからって輸入して、結果的に他国のウナギを壊滅させた過去もある。

マグロは買い取ることで太平洋だけでなく、世界の海から資源を消し去った国は、”見える自然だけ”を風光明媚と賞し続け、見えない自然に潜む危機は埋め立てて隠し続けている。

一度は絶滅の危機に瀕した有明海のアサリ漁が復活する

生鮮食品でよく見るアサリは、浜松市では現在のところ「九州産」がメインになっている。

人ひとり輸送するにおいくら万円かかる九州から運ばれるアサリが、地元浜松で採れるアサリより「安い」のはなかなかどうして、市場価値というのは不思議である。

有明海は既に「アサリの絶滅危機」を経験しており、数十年をかけた努力のうえ、アサリ漁の復活を成し遂げ、今回の記録的豊漁を成し遂げている。

浜名湖と時を同じくして明確化された有明海のアサリ不漁は、原因として諫早湾干拓事業が原因と考えられていた。しかし、資源量はそれ以前から減少傾向だったことが判明する。

それは記事中でも言及されている「乱獲」で、合わせて水質悪化による成長阻害の「環境変化」である。

親貝が減りつつ、稚貝が成長できない海が生み出されれば、個体数の減少は当然の結果だろう。

今でも全国的にアサリの水揚げ量は減少傾向にある。

有明海では20年以上前から養殖や漁場改善など、全国でも先端を征くアサリ保護に取り組んでいた。

それが実を結んだのは、去年のことである。

前回で紹介した通り、”九州地方”での「アサリ保護研究」の事例はいくらでも出てくるものの、浜名湖は、その原因は未だに「ワカラナイ」という。「アサリがタケノコみたいに毎日生えなくなった」ハッピーな考えをお持ちではないかと疑ってしまう。

最も多かった時期では、1平方km内に存在したアサリは、有明海など有名漁場を遥かに凌駕していた。

その過去を追い続けるより、いい加減、現在は違うことに気づいてほしいものだ。

浜名湖内の漁獲総額においてアサリなど採貝は、全体の50%以上を占めており、採れなくなれば浜名湖の漁業は壊滅するに違いない。

「潮干狩りをすれば無料でアサリが食べれる!」なんて考えは、今の浜名湖だけでなく、漁師すら食いつぶす考えに他ならない。

むしろ”無料で獲れる”考えこそ、資源を食いつぶす原因だと、いい加減気づいて欲しい。

「アサリ確保の目途がつかないから潮干狩り止めます」

アサリの生態について、どれだけの人がちゃんと理解しているのでしょうか。

詳細となれば長くなるので簡潔にいうと……「水中に産卵され孵化した幼生が、数週間を経て着底し、それが成長した結果がアサリ」です。そして汽水域を好みます

ほぼ海水と化している浜名湖は、過去に比べて漁場としては劣化しているわけです。

アサリは稚貝から成貝に成長してもほぼ動かない生態。ホタテみたいにアグレッシヴに飛んで移動する貝じゃありません。

”ほぼ移動しない”となれば、「なぜ潮干狩りが毎日のように成立するのか?」という疑問も生まれます。

ポコポコ砂からタケノコみたいに生えてくるわけではありません。

地元民のほとんどは「潮干狩りがどのように運営されているのか」の実態を知っているでしょうけど、ようやく公の場でゲロッたので、堂々と書くことができます。

一部を抜粋すると──

潮干狩り場のアサリは1日でその大半が取りつくされてしまいます。4000人が1人1kg取ったとしても1日で4トンがなくなる計算になります。浜名湖の漁師が湖の別の場所で取ったアサリを多い日で4トン漁協で買い上げて、潮干狩り場にそのアサリをまいて補充するということを毎日やっていました。

ようするに、「湖内で採れたアサリを組合が買い取り、それを直前に撒く」ことで、潮干狩りを楽しめているわけ。

なので管理された潮干狩り以外で採貝されることは、漁業のみならず、浜名湖にとっても損でしかない

現在は採貝者も年々厳しい制限をかけられており、管理されている中でアサリの水揚げ量は約1400トン(H25年)とされている。

たった10年前はその倍以上の約3700トンが水揚げされており、昭和57年から平成21年まで、水揚げ量だけで見ればほぼ横ばいだった。それが急激に減ったのは、平成24年からのこと。

それは自然による被害が大きく、親貝は死に、稚貝がほぼ育たなかった環境もあった。一時的とはいえ、浜名湖のアサリはほぼ絶滅したかのように映る。

同年、戦後初の潮干狩り中止を迎え、浜名湖はアサリの漁獲制限に本腰を入れる

その転換点となった年は過去最低値の水揚げ量。翌14・15年は再開したが、16年には更に最低値を更新してしまい、17年度はそれを更に割り込む可能性が危惧されている。

漁獲制限後の水揚げ量は、”資源管理を伴う漁獲制限”になる公表値なので、閾値を超えない限りは、水揚げ量は横ばいとなる可能性は高いはずだが、現実としては減少を辿っている。

そうなる原因はどこにあるのだろうか?

他の生物による食害によるもの。気候変化を含む自然環境によるもの。漁獲制限をかけてもなお獲りすぎているもの。

それら全ての要因が重なった悪夢──としている。

「アサリを保護したい」人がいれば、「今のままでもいい」人もいる。

「採れなくなったのなら買って支援しよう」と考える人がいれば、「高いから買うより獲るほうがいい」と考える人もいる。

”十人十色”があるように、人の思想はそれぞれ違う。

それをある程度主導するのが政府の役割なのだが、農業はTPPによってある程度方向性が定まったものの、漁業は未だに革新を遂げるほど、上が乗り気じゃあない。

採られたアサリはどれだけ回復する見込みがあるのか

水揚げ量の一部に「潮干狩り場のため」の採貝が含まれており、ざっくり計算した「潮干狩り場で消費するアサリ」から考えると、観光客のために湖内のアサリ約1割が消費されていることがわかる。

管理されていない場所での採貝は行われているし、”密漁”とされる数値は未知数。

漁業関係者がパトロールを年々強化するのも納得であるし、それにかかるコストや気苦労を考えると頭が下がる。

前編で紹介した論文の中では、こんな一例もある。

干潟全体の成貝資源量は、7月から10月にかけて約1,100万個体から2,500万個体に倍増した。2007年は、4月から7月にかけて主に潮干狩りによる持ち出しで約2,000万個体から1,100万個体に減少し、その後、9月にかけては2006年と同様に、約1,600万個体に回復している

アサリ資源の保全のための効率的なアオサ回収方法の検証

1ヶ月で300万個も減るとか、潮干狩りの威力マジパナイ。

ここで注目すべきは、個体数約2,000万から1,100万に減少してから、約500万個体が過去と同じように回復している

裏を返せば、1,100万個あっても、その約半数しか回復能力がないことにもなる。

浜名湖が愛知県から購入したアサリを潮干狩りで消費していた事実からすれば、各地の潮干狩り場のため、足りない地域が他(全国)からアサリを融通しあった結果、全体的な資源量が目減りしているのではないか、とも考えられる。

年々高水温が続き、河川は治水によって水量が減り、現在の干潟は過去とは違い、アサリだけではなく、「生物が生息しにくいただの浅瀬」となっている。

全国的に潮干狩りは、ここ数年特に低迷を続けており、季語としての”汐干狩”も、やがて認められない可能性も捨てきれない。

【密漁=使途不明金】総資産で考えるザルな資源管理

水産物の資源管理は”積立貯金”みたいなものとして考えられている。

それを説明するにあたり、仮定で浜名湖に生息するアサリの資産(貯金)が約3,000万個あるとする。

先の例を基に、現存個数の約半数が産卵期を経て回復するとして、ある年に1,400万個水揚げされた場合、残る資産は1,600万個。それが生み出してくれるアサリは800万個となる。

すると翌年の資源量は計2,400万個となり、容易に前年割れを引き起こしてしまう

密漁という横領が重なれば、資産はより減ることになる。

──だが、そこから前年同様の水揚げ量を記録すれば、1000万個しか残らない

回復する見込みは”1500万個”となり、一昨年の半数しか水揚げされない事実が残る。翌年も1400万個水揚げすれば、残りは100万個。……たった3年で9割の資源を食いつぶしたことになる。

そこから元通りの3,000万個に回復させるには、一切獲らない施策をしても、8年以上かかる

それは極端な例とも受け取れるが、すでに世界の漁業が通過した事実であり、日本が直面している問題でもある。

自然の回復力は人智を超えるが、決して即効性がないことは、有明海が20年かかった例でもわかると思う。

国の資源管理は「予想される資源量」から、建前上「回復目安」を考慮して漁獲量を制限している。

ようするに管理側としては、「管理されている範囲内で操業されている限り、著しい減少を引き起こす可能性はありえない」信じているわけ。これが不漁の原因を”ワカラナイ”といわざるをえない状況を作り出しているともいえる。

こと日本においては、遊漁としての自由すぎる魚釣りや採取、金銭目的の密漁が横行して、管理外の消費がブラックボックスとなっている。

そこを暴くのが管理側のトップである行政機関がするべきだが、マグロの資源管理など、文化としての側面を持つ経済効果の高い物は、のらりくらりと躱しつつ数十年が経っている。

どこの地域も、改善へと動いたのは地元の漁師達

浜名湖も数年前のアサリ不漁から、漁師達は稚貝の養殖や放流によって保護に動き出しはじめている。

その努力が実るのは数年後か、有明海と同じく数十年後か。

それを手助けし、期間を短くできるのは、漁業に携わらない人たちの小さな努力からだろう。

消費しない勇気、我慢も時には必要である。

※参考

<アサリ減少>にじむ危機感 潮干狩り復活へ「できることから」|静岡新聞アットエス

有明海の不漁 道半ばの検証|YOMIURI ONINE

浜名湖の水環境1(水温、塩分、酸素)|静岡県公式ホームページ

都田川ダム|静岡県公式ホームページ

はまな No.545 平成26年2月|静岡県水産技術研究所浜名湖分場

ツメタガイを駆除しよう!|静岡県水産技術研究所浜名湖分場

アサリ|wikipedia

二枚貝漁場における問題点と環境改善技術

有明海の環境異変-有明海のアサリ漁獲量激減の原因について-

緑川河口域で見られたツメタガイによるアサリの食害

アサリ資源の保全のための効率的なアオサ回収方法の検証

魚類によるアサリ食害-野外標本に基づく食害魚種リスト-

多くのサイト、論文を参考にさせていただきました。

この場を借りて感謝申し上げます。

記事をまとめるには6時間ほど費やしていますが、情報を探して精査するだけなら、1時間ちょっとしかかかりません。

釣りブログにあるまじき「残業時間の見直し」の記事でもいってますが、見出しや記事内容だけで全貌を解った気でいる人達が多いのが現状です。

情報が多く錯誤する社会において、自ら真意を求めていく姿勢が、解決への糸口として最短ではないかなと考えています。

前編【自然被害編】はこちら

アサリの深刻な不漁により、今年も浜名湖の潮干狩りは中止となりました。 そういうニュースは地方新聞が真っ先に取り上げるわけで、私の耳にも入ってきたのですが──アオサの異常繁殖からの腐敗、クロダイが食べちゃう云々……散々聞いてきた内容...

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!