釣具のインプレはIQ低めのほうが釣りやすい

2017322tp191

釣具のインプレション(impression:印象)をするブログは多い。

私もそのうちの1人だけど、1つだけ貫いている流儀がある。それは「デメリットありきで、良さはついでに語る」こと。

結構ボロクソにいっているインプレほど、検索で上位になるのは、ホント未だに謎である。

「”ソレ”を”コウ”使うと釣れすぎてヤバイ──」。ユーザーを釣るためのそんな記事、いくらでも書ける。そういうタイトルや内容のほうが集客できるし、売れやすい。

それはなぜかをブロガー目線で書いてみた。

スポンサーリンク

「時間ねぇ~」からこそ惹き付ける短い言葉

ブログって小説などとは違い、”文章は”流し読みされやすいんですよ。

近年のブログは写真を添えて短文投稿が主流ですが、10年くらい前はこれが逆転して、逆に長文が好かれる傾向がありました(テキストサイトともいう)

それは何故でしょう。

その時はネットに接続できるのは、デスクトップPCがメインでした。腰を据えるから長時間の閲覧も余裕だったし、ネトゲ廃人も多かった背景があります。

今はスマートフォンをはじめとするモバイル端末が主流で、どこでもネットに接続できる便利さが魅力的。

でもそれを見ている時って、手持ち無沙汰で「隙間時間を埋めたい」時に使ってませんか?

過去より現在では「1サイトに留まる時間が圧倒的に短くなる」ことになりやすい環境があるわけ。

例えば電車を待つ時、ホームで暇だからスマフォ取り出すでしょ? 乗る前から降りる時間なんて、せいぜい数分からが多いでしょう。

そんな時間で1000文字近い記事を読ませるのは、ある意味拷問ですし、内容も覚えきれません。

なので「ブログで稼ぎたい!」とか、「アクセスを増やしたい!」対策には、「記事タイトルと見出しに拘れ!」という答えが大体返ってきます。

本文を読ませるには、目につきやすいタイトルや見出しで、閲覧者を”釣る”必要があります。

それは確かに効果はあるのですが、反作用として「似たようなタイトルしかないやん?」なんて状況に陥りやすく、それが今の状況ですね。

単純な言葉ほど伝わりやすい現代

釣具はですね、要は”釣れれば”いいんですよ。

 ・例1

「あらゆるシーンにアジャストするこのルアーロッドは、まさに現代のアーティファクトである。そのスリムなブランクスからは考えられないほどのパワー。あらゆるフィッシュイーターを逃がさないフレキシビリティ。オールシーズンでベストなパフォーマンスを発揮し、テスターからも絶大なトラストを得たこのロッドは、あなたとビートゥゲザー。ウィッシュでウィンウィンです」

──後半すっごく面倒になって適当になりました。メーカーの紹介なんて、まあだいたいこんなもんです(偏見)

こんなアホっぽく横文字を使うと、かなり読みづらく感じるでしょう。

おまけに何をいいたいのかよくわかりません。ひとつわかることは、「(よくわかんないけど)すごーい!」てことだけです。

一方で先の例を極限まで圧縮し、”集客しやすいブログ向け”に書き直すとこうなります。

 ・例2

ブツ持ち写真ドーン!

「このロッドじゃないとコイツには出会えませんでしたね!(ドヤ顔)」

どうです? 説得力あるでしょう。

たったこれだけの方が「いいね!」の通知が鳴り止まなくなりやすいです。

写真には”それで釣れた証拠”があります。それがデカければデカいほど、そのロッドの耐久力も証明されます。

すると、感想なんて「やったね!」と一言くらい添えるだけで十分になるわけです。

「例1」は読むのにどのくらいの時間を費やしたでしょうか。

「例2」なんて、目に入れた瞬間でわかるのではないでしょうか。

忙しい人しかいない現代においては、製品のウンチクなんて、ただ時間の無駄と思われます。

安いロッドが欲しいと思っているのなら、「これが日本で一番安いし、色々釣れますよ!」が効きます。大物を仕留めるロッドが欲しいと思っているなら、「こんな大物も余裕ですよ!」と写真を見せれば一発なわけです。

なので”とあるアイテムが欲しいフレンズ”には、メリットを単純明快にひとつだけ紹介するほうが効果的です。

信頼を得るためには腹の底を見せること

そんなわけで、アフィリエイトで商品を売るだけのブログなら、多少バカっぽいほうが売れると説きました。

これを学ぶには「キャバクラ嬢の作法」という書籍がオススメです。

接待が要のビジネスにおいて、相手を”持ち上げる”ことを学ぶためには、キャバ嬢トークは勉強になる。

アフィもなんだかんだで”売り込み”をしなきゃいけないし、顧客を持ち上げるような記事を書かなければいけない。

魚を釣りあげた時に「すごいね!」といわれれば悪い気はしないし、それが大げさな喜び方であろうと、こちらにも伝播する何かがあると思う。

「けものフレンズ」というアニメが話題となったのは、一説によると”キャバ嬢語”に近いからとあります。

一時期は「すごーい!」とか「たーのしー!」と、IQが下がりまくったフレンズが増える現象が起きました。

なんというか、小さい子供を褒めているママ達みたいに感じていましたが……。

私なりの考えでいうと、「設定だけで原稿用紙数百枚クラスの壮大なストーリーを30分×10数回を何年も詰め込みまくられた結果、アニメを見ることに疲れすぎて、脳を使わずに見れてたーのしー!」のではないかと。

人間の脳はそのくらいを記憶することは造作もないのですが、同じ内容ばかりだと飽きてしまいます。

だから多くあるアフィサイトは内容も似たりよったりで、つまんないですよね。

なので私の場合は、まずデメリットありきで書きます。ポジしか出さずにネガを消すのは、場合によっては詐称になります。

単純にいうと、「製品についてバカ正直な感想を述べているだけ」が、ここのインプレじゃないかなと思います。

10のうち9が正しくても1の間違いがあれば全体をボロクソに叩く風潮

日本の製品は「ダメな部分」が露出すると、必要以上に毛嫌いするところがあります。

でもそれは本当にダメな部分なのだろうか?

そもそも完璧な製品なんて、この世に存在するのだろうか。

切れない釣り糸!(だから結べません)

折れないロッド!(だから曲がりません)

絶対釣れるルアー!(釣れないとは言っていない)

世にあるヒット商品なんて、デメリットがあろうとも、それを上回るメリットがあるからヒットしている。

なので私は、ただ褒めるだけのインプレとは線を引き、まずダメな点を出してから褒めている。

理屈屋の自分らしく、ただその方が肌に合っていただけなんだけど、世のブログは”褒め過ぎて気持ち悪い”と思う。

ひとつを信じて追い求める「こだわり」って、たしかに楽なんですけど、視野を狭めるだけじゃないかなと。

ロッドやリールのインプレなんてもう、”毎年ネタにされるボージョレー・ヌヴォーの感想”みたいなもんですよ。

「20年に一度ならまだわかるが、100年前の味を知っているのかねチミィ」みたいなね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

釣具のインプレはIQ低めのほうが釣りやすい
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク