【ダメな議論】釣れないから「渋い」って何なの?

2017325tp191

魚が釣れない時、逃げとして言い訳を”どこに”求めるのか。

自分だったり、自然だったり、それとも魚に対してだったり。

言い訳をどこに擦るにしても、それは改善からの成長につながっているのだろうか。

9の解より1の誤を許さない議論は、ただただ時間を浪費するばかり。

「渋い」と逃げるのはやめて、対案を考えて、自ら議論して成長しましょう。

スポンサーリンク

「渋い証明」はどうやったらできるのか?

魚釣りでいう「渋い」とは、魚が居るんだけどエサを食べない(釣れない)状況を指す。

海釣りにおいて、「渋い」を証明することは、考えるだけ無駄といえる。

だってまず、見えることが少ないでしょ?

ツイッターでよく見かけるのが、「誰も釣っていないから=渋い」のパターン。

誰も釣っていないからといって、水中に魚びっしり居るとは限らないし、それを証明するには入水しなきゃいけない。

むしろ「なぜそこに魚が居なかったのか?」と考えるほうが前向きじゃないだろうか。

魚の食いが悪くなるのは人間の体調不良と同じ

人間、疲れで体がだるかったり風邪をひくと、食欲がなくなります。

それと同じで、魚だって体調を崩すし、病気にかかります。

魚は人間と違い「変温動物」なので、気温や水温など、”気候の変化”に敏感です。

人間は恒温動物なので、自身で体温調節ができ、気候変化は魚に比べて柔軟な対応ができる。

例えば、人間が水風呂に入る場合。最初は冷たいけど、自らの体温と慣れで徐々に温まりますよね。

魚の場合はそれが無く、水風呂に入ったらガチガチ震えたまま眠りについてプカーします。

なので釣れない理由を「渋い」に求める場合、前日の気候を付け加えると、納得のいく理由として信憑性が高まります。

「あの人が昨日これで釣れたからって……」という言い訳は、考える事を放棄しすぎです。他人をコピーしているだけでは、その人を超えることはありません。

あるジャンルで飛び抜けた人は、模倣から新たな一手をさせた人達が多いのです。

「こうやったら釣れたかも?」を考える

陸からタチウオを狙う場合、エサかルアーかの選択になります。

人気の魚なので、アングラーが横一列に並んだポイントを想像してみてください。

その中で、自分だけ釣れなかったとしたら、どう考えますか?

「エサが悪い」「ルアーが悪い」「仕掛が悪い」「腕が悪い」「道具が悪い」「場所が悪い」など──

まあいろいろ理由が浮かぶかと思います。

不思議なことに、このパターンに陥った時、誰も「自分の投げた場所だけたまたま魚が居なかった」と考えません。

魚釣りの重要なポイントは、「魚にエサ(ルアー)をどれだけ近づけることができるか」ではないかと。

例えば水面下3mにタチウオが点々と泳いでいると仮定します。

ウキ釣りをしている場合、1mの仕掛けでは、当たりも偶然に近い確率でしょう。1mしか潜らないルアーを使っていれば、魚は反応するかもしれませんが、気づいた時には通り過ぎている可能性が高いです。

サンマの切り身で反応が良いときもあれば、ルアーだけが爆釣するときもあるし、生き餌じゃないと食わないときもある。

──”釣れない”のには必ず何かしらの理由があるわけです。

ただ先日爆釣したからといって、今日も同じように魚が居るわけでもないし、同じ方法が通用するわけでもない。

魚が水中のどこそこに居ると仮定して、全ての方法を試してからはじめて、「渋い」といっていいのではないだろうか。

「失敗は成功のもと」という諺があります。

これはただ失敗すりゃいいわけでなく、失敗した理由をひとつひとつ洗い出して、ひとつずつ潰していき、ようやく成功に繋がっていくわけです。

釣れない失敗をしたけれど、言い訳して自身を慰め慰められ、それで満足しているだけでは、何も成長していきません。

きっと同じことを延々と繰り返すでしょう。

魚釣りの上手い人って何だろう

ただ魚を釣るだけなら、魚が居る場所で釣りをすればいいだけです。

だって「魚釣り」が成立するためには、そこに「魚」が居なければならないでしょう?

個人的に思う「魚釣りの上手い人」って、魚が居る場所と釣る方法の引き出しが多い人ではないかなと。

見た目からのテクニックをそう思う人も多いです。でもそれは魚が居なければ何の役にも立ちません。

いくら釣れるルアーとして有名でも、水深5mの底にいる魚に、水面下1m内を泳ぐルアーを使うのは時間の無駄です。

釣果で実績のあるポイントは全国にいくらでも点在しますが、実績ポイントでも”釣れる箇所”はほんの一部です。

魚が入ってきやすく、居着きやすい2つの条件が重なって「実績ポイント」が生まれます。

そのごく一部に存在する”魚が居る場所”を見つけるには、色々な雑誌から得る情報が役に立つでしょう。

でも「その場所のどこに魚が居るのか」まで考えている人は少ないのではないかと。

雑誌などで紹介されている仕掛け(リグ)は、おおよそ全国平均で当たり障りのない感じで収まっています。

その平均に収まっていれば釣れるわけですが、そうでない場合は自分で探し求める必要があります。

水中を想像して、10cm刻みくらいで棚を変えれるようになれば、納得のいく「釣れない理由」を発することができるようになります。

エサだろうがルアーだろうが、「水面下のどこにエサを置くか?」を考えるだけで、テクニックなんて自然に身につきますよ

海釣りで攻める釣り──ルアーや前打ちとかフカセなど、居る魚にエサを届ける方法は、渓流のテクニックが役に立ちます。

どの魚も習性として流れに頭を向けており、何かの影イコール淀みに潜むことが多い。

その変化を目で見ることが容易な渓流は、流れにあるポイントを見抜くトレーニングにもなります。

ただ水深が極端に浅く、音も通りやすく響きやすい渓流では、野生の魚を引き出すための方法は海とちょっと違います。

警戒心を解く方法を学ぶとしても、こういう本は参考になります。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【ダメな議論】釣れないから「渋い」って何なの?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク