とうとう14cmまで育ち隙がますます無くなった「ジグパラブレード」

2017329tp191

メタルジグではおそらく業界随一の種類と廉価を誇るMajorCraftのジグパラシリーズ

その多さは、入社試験として「当社のジグパラシリーズを全て答えてください」と問われれば、8割はキレるかもしれない(ちなみに15種類ほど)

後発となったメタルバイブの「ジグパラブレード」も、コスパに優れた釣果を叩き出しつつユーザーに親しまれ、性懲りなく種類を増やしてきた。

「もうこれだけで海の釣りは成立するんじゃねぇかな……」

そう思わせるラインナップとして、小型の35mmと大型の140mmを追加。

狙って小型と大型を捕れるルアーとなりました。

スポンサーリンク

サイズが7種類になったジグパラブレードに隙がない

メジャークラフト|Major Craft Web

えーとなになに?

サイズが7種類でカラーも7種。そして重さは10パターンと……。

覚えるのが面倒くせぇ(直球)

というわけで、ジグパラブレードだけを棚に並べると、全種なら最低70個のスペースが必要になるので、店舗泣かせでもある。

他のジグパラシリーズも含めれば、コンビニの棚が全部ジグパラになるくらい、ジグパラシリーズの総量は計り知れない。……パラダイスだろ!

「そんな多さからどう選べってんだ!」という声も聞こえなくもないし、その通りだと思う。

ジグパラブレードだけに的を絞れば、迷うほどじゃない。

ジグパラシリーズの中でも、場所と魚種に融通が効きやすいのがこれだと思う。

メタルバイブだけど廉価で種類が多いのがポイント

カラーは置いといて、種類と重さのバリエーションが非常に豊富。

140mm 50g

130mm 42g

100mm 27・35g

75mm 23・18g

55mm 14g

44mm 7・5g

35mm 3g

……多すぎじゃないかな?

追加されたのは130・140mmの特大サイズと、44・35mmの小型サイズ。

既存だけでも十分いろいろ狙えることができたけど、追加サイズではより遠くのポイントと大型魚を、そして足元にいるような小型の魚に特化したサイズになる。

これからの時期、サビキで釣れるアジやらサバをちょろっと狙うには、35mmのような小さく軽いサイズは向いている。

130mmともなれば、キャスティングで遠くのボイルも逃さないし、深い場所でも難なく使えることができる。

ショアだけでなく、ボートでも使えるから、こちらの方が場所の選ばなさでは上かと思う。

ただし、このサイズはメタルバイブの難点が一気に露呈する

もう見た目でボディにフックが掛かるとかわかるから

まず「塗装が糞」って意見は、「素材の宿命と廉価のためだからゴメンネ☆」で済む話。

ジグパラブレードで最もバランスがいいのは「75mm」と「55mm」。100mmを超えると中央のフックがどうしても本体に絡みやすくなってしまう。

それを防ぐにはフックを小さくすりゃいい話。それか中央のフックを外せば済む。

バイブレーションを使う場合──というか、ルアー全般にいえることだけど、「どのように動かしている時に魚が喰ってきやすいか?」を考えると、ルアーに3本フックが付いている物は、中央が一番無駄

巻いている時は追ってくるため、後ろに掛かりやすい。仮に下から襲って中央に噛み付いたとしても、「バイトだ!」とあわせれば後ろのフックが掛かる。

一時的に止めた時は中央に噛みつきやすいが、この時は前傾姿勢で落ちるため、前のフックが中央寄りになるから、これに当たることが多い。

ようするに中央をなくしても、バイトから反応してあわせれば前か後ろがサポートしてくれるってわけです。

メタルバイブはなぜバレやすい?

120mmを超えると3本フックになりやすいですが、ぶっちゃけ2本で十分。「フックは多いほど釣れやすい」と思っているのは見当違い

正直いって邪魔だし、フックの擦れる音は魚に警戒を与えます。

”釣ること”に変わりはありませんが、それは”引っかかりやすい”といいます。

ジグパラブレード100mm以上のサイズを含む、フックが3本ついているメタルバイブで魚がバレやすいのは、フック位置のバランスが悪いため

前後のフックに掛かった場合は、スナップを支点とした天秤、もしくはシーソーみたいなもの。

ガッチャガッチャ動くし、スナップに負荷がかかりやすい。そのため色々な所が変形しやすく、それがバレやすい要因ともなっています。

簡潔にいえば、強くあわせてもルアー本体が力を吸収するため、フックが貫通するほど力がかからない状態になりやすいわけ

ラインから接続するアイの直下にフックがあって、それに喰ってきた場合は力も伝わりやすく、鋭い歯も貫通できます。

ミノープラグは前方にアイがついているため、後ろだけのフックに喰ってきてもバレにくいのは、力が伝達しやすいから。

そのバランスまで考慮されたメタルバイブの代表作は、邪道の冷音ですかね。この形が理想と覚えてくれてもいいと思います。

70mmサイズのメタルバイブはほとんどバランスに隙がなく、どれも大差なかったりします。

大型で3本フックがついている物は、「同時に2本喰わせないとほぼバレる」と思ってくれていいです。

全種揃えれば海から河川のルアーゲームもおまかせ!

そんなわけで100mm以上のモデルは、宿命からの難点があるジグパラブレード。

メバルからシーバスとヒラメはもちろんのこと、外洋でブリをはじめとする大型キャスティングゲームまで対応できるバリエーションが魅力。

ちなみにフロント部の塗装がすぐハゲるって人は、底をズリすぎです。もう少し早くリールを巻きましょう。

余談ですが、仮にシグパラブレードの全種全カラーを一度に持った場合。約1.6kgになります。

ヒューッ! 足腰が鍛えれるね!

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とうとう14cmまで育ち隙がますます無くなった「ジグパラブレード」
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク