GW期間に浜松市へ釣りに来るなら【車で来る人向け】

2017428tp191

http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/

「GWの連休中に浜名湖で釣りをしてみたい」、て人もいるでしょう。

でもこの時期は、年間で最も浜松市に人が集まる日ですので、移動するのもままならない。

てことで、なるたけスムーズな釣行ができるようアドバイスを。

スポンサーリンク

「車」でまったり向かうか、「徒歩」で頑張るか、機動力の「自転車」かの選択

5月3~5日は「浜松まつり」が開催され、市内ほとんどの町が参加します。

全国的な知名度では”凧揚げ”でしょう。しかしながら、遠州灘に近い中田島公園でやるだけなので、これはそれほど渋滞の起因にはなりません。

渋滞の核となるのは、夜の部を担う”御殿屋台”です。

これは各町内から浜松駅前に向けて出発し、市内を真っ昼間から練り歩きつつ移動します。簡単にいえば、市内の隅々から1車線を使う大型トレーラーが一斉に中心部に向け、常に徐行しながら進むようなものです。

これにより市内全域、予想しにくい交通規制が多発するため、車での移動は「忍耐」の一言です。

……とまぁ「車」で来るのはオススメしません。が、釣りをするのであれば、車で来ざるをえない交通機関状況でもあります。

というわけで釣りができる海辺に、「車」「徒歩」「自転車」の3パターンで行く方法をちょっと書き出してみましょう。

今記事では「車」で来る人向けの内容となっております。

車で釣りに行く場合に避けるといい要所

浜松まつり期間に交通渋滞が起きやすいポイントはこんな感じ。

2017428tp192

①市中引き回しゾーン

浜松駅に近づくのは、日中であれば15時までなら、なんとかなるレベル。

どのみち夕刻の17時以降には、駅前大通りをはじめとする付近の規制がはじまるし、屋台も集中するので、市内を車で移動するなら日中にしましょう

祭りが終了する21時以降──。今度は練りながら屋台が地元に戻るので、見物客のラッシュも重なり阿鼻叫喚です。

つまり、3~5日に車で市内をスムーズに移動したいのなら0~8時くらいしかありません。

そこ以外では普段の倍以上は移動時間を見積もらないと、待ち合わせに車で向かうのも至難の技です。

高速道路の出口(特に浜松西)もそれなりに渋滞しやすいです。

三方原にスマートICができたのもあり、他にも三ヶ日・浜松の出口も利用できるため分散し、”昔よりはマシ”になっています。

②凧揚げゾーン

国道1号線の通行は最優先されているので、ここはそれほどひどい渋滞は起きません。

凧揚げゾーン付近は、……まあR1は普段から自然渋滞をしているので、想像しているよりはスムーズに移動できます。普段よりちょっと多い程度

抜け道が多いてのも理由のひとつかも。主要道だから多少はね?

問題は天竜川を渡る2つの橋。

海沿いを渡る橋はどちらもR150なのですが、一般道の「掛塚橋」と、有料の「新掛塚橋」が存在します。

凧揚げ会場から最も近いのがこの2つで、これより北には8kmほど進まないと橋がありません。なので一般道の「掛塚橋」は渋滞の名所となっています(接続部に交差点があるせいもあるが…)

有料の「新掛塚橋」はそれほど混みません。料金も普通車まで100円ですから、気軽に利用してください。

※参考:遠州大橋料金表|静岡県道路公社

ちなみにR1から凧揚げをみようとしても、意外と見えなかったりします。

遠望で眺めるなら、アクトタワーの展望台を利用するほうがおもしろいと思います。──でも、浜松まつり期間は雨が降りやすいので、”遠望”にあまり期待するのは避けたほうがいいかと。

アクトタワーまで来るのなら、シャトルバスを利用して会場へ行くほうがいいんじゃないかな。

※参考:会場までのアクセス|浜松まつり公式

シャトルバスの利用はこちらを参考に。

③レジャーゾーン

この辺りで渋滞する起因は「潮干狩り」ですが、今年は中止となっております。

浜名湖の南端である弁天島付近は幹線道路が少なく、全国的にも珍しい片側一車線の国道1号線があり、交通の集中によって自然渋滞が度々起きます。

春から夏にかけて、海のレジャーが盛んになる時期は、週末は毎度渋滞しています。

2017428tp193

「弁天島ー村櫛ー雄踏」を結ぶ浜名湖大橋にある交差点が特に◯ソです。

ここにある中之島が潮干狩りへの渡船場やら、気軽にできる潮干狩り(無料的な意味で)のおかげで、駐車場のキャパが溢れやすい(もともと狭い)。ガーデンパークも無料で利用できる巨大な公園なので人気が高く、交通集中が免れない地域になります。

愛知方面から志都呂イオンに向かう最短ルートでもあるため、弁天島方面からここを渡るのであれば、イオンに着く前に車内が険悪ムード必死です。

連休期間中にここを通過したいのであれば、もれなく1時間近くはかかるので要注意

愛知方面から志都呂イオンに行くのであれば、R1バイパスの「坪井IC」を降りて、そのまま北上するほうが断然早いです。

ガーデンパークに行くのも同様で、浜名湖の西側をぐるりと風景を楽しみながら進むか、先と同様坪井で降りて、有料のはまゆう大橋を利用するルートを通るほうが断然早いです。

※参考:はまゆう大橋料金表|静岡県道路公社

短い橋なのに普通車で200円取られるので高く感じるかもしれませんが、時間を200円で買うとなれば安いもんです。

④直虎ゾーン

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」でフィバっている地区になります。

井伊直虎が眠る龍潭寺をはじめ、井伊家ゆかりの地である北区引佐町(いなさ)は、大河ドラマ効果(?)で地価も上昇したレベルです。

大河ドラマ館は予想を上回る入場者を記録し、地域経済もほくほくかもしれません(展望)

とはいえ、おもっくそ混む恐れがあるのは「龍潭寺」くらい

ここは連日観光バスがどんどこ来ているし、駐車場も拡張したくらい。ツアーも組まれているので来訪者は圧倒的に多いです。

浜松まつりの”ついで”として訪れる人も多いかもしれません。

でもまぁ正月の三嶋大社とか、そういう局地的イベントでもなく年間通して来訪することができるし、渋滞が起きることが稀なくらいです。

おんな城主直虎 大河ドラマ館

ちなみに車で来るよりも、いいね!直虎1Dayパスを利用して、浜松駅やら天浜線から向かうほうが得です。

これを使う場合、1日限りで市内の交通機関乗り放題となりますが、市内バスが渋滞にハマりやすいので、浜松駅からなら遠鉄電車で天浜線西鹿島駅へ行き、そこから──てルートのほうがいいです。

天浜線は運行数が少ないので、乗り過ごすとハマりますけど、”単線ローカルの旅”と割り切って車窓を楽しむのが吉でしょう。

あ、Suicaをはじめとする交通系電子マネーは、JR線でしか使えないので注意

【まとめ】GW中、車で浜松市に来るなら時間を覚悟したほうがいい

もともと車社会な地域のうえ、無駄に交差点が多く、自然渋滞する要素がてんこもりなのが浜松市です。

ある程度渋滞を回避するためにはまず、「浜名湖全周の”どこで釣りをするか”?」を考えてください。

例えば今切口の舞阪or新居に行くとします。

ここに行きたいとなれば、R1の浜名バイパスを利用し、「舞阪」か「新居」で降りればいいのですが、ちょっと厄介なのが、浜松市側からだと「舞阪」の出口では降りれません。「新居」は上下線どちらでも昇り降りできます。

なので東側から舞阪港に行きたいとなれば、手前の坪井で降りる必要があります。

浜名湖の全周で混みやすい地域は、南端と右岸ですかね。弁天島を”通過”しようとすれば、もれなくハマります。

左岸は潮干狩りに向かないし、海水浴シーズンでないとそれほど混みません。クロダイ・キビレを狙うならこっちですけどね。

愛知側(西側)からガーデンパークにいきたいとなれば、浜名湖半周して三ヶ日から周ってくるほうが早いレベルです。

遠州サーフの浜松沿岸で釣りをしたい人に注意点

浜松沿岸でのサーフルアーは、出入り口がかなり制限されるので注意。

海岸利用する方へのお知らせ|浜松市沿岸域防潮堤整備事業

遠州灘の砂浜に立ち入れる場所は、上記HPを参照してください(他力本願)

凧揚げ会場ともなる中田島公園が閉鎖されるため、もっとも駐車場の許容量がある今切口舞阪の「表浜駐車場」を利用するのがベスト。

ちなみに今切口から西は「湖西市」です。ここから伊良湖岬まではほぼ制限なく入れるので、無駄に混む浜松沿岸でサーフルアーをする理由もないと思います。

渋滞は……。つっても、夜明け前から夜明けくらいしか釣りをしないのであれば、全然快適です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

GW期間に浜松市へ釣りに来るなら【車で来る人向け】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク