安全は積み重ねなければ実らない

2017613tp121

今回は東名高速道路の新城エリアで起きた事故を例に「安全とは何か?」を考えていたら、いつのまにかライフジャケットの必要性を語っていた。──ような内容です。

サムネはポルナレフがふさわしかったのですが、過去に使っているので却下しました。

対向車線から吹っ飛んでくる車を記録したドライブレコーダーが話題となり、それが激突した観光バスに死者がでなかったことで、報道や世間の反応では”奇跡的”な扱いを受けています。

しかし奇跡だけで短く締めるよりも、バス会社が積み重ねた安全への投資が実った瞬間かと感じます。

その”安全への投資”をちょっと知っておいてもらいたい。

スポンサーリンク

安全への全力投資が実ったバス乗員乗客の死者ゼロ

とりあえずは、ドライブレコーダーの動画も見れるこちらを見てください。

互いに高速道路を”走行中”に起きたことなので、時速100kmを超えているであろう1トン以上の鉄の塊が衝突したわけになります。

物理に長けていると、数式の羅列で記事が終わりそうですけど、あいにく書き手側がサッパリなので、文字で攻めます。

衝突事故は速力が拮抗せずとも、衝突の瞬間一時的にも互いが停止します。

そのため、バスの乗員達は時速ンkmで前触れもなくシートから射出されるようなものです。

バス対乗用車では、バスのほうが重量はあるので、乗用車にかかる力が大きく、結果として乗用車のほうが原型を留めないくらいひしゃげてしまったわけですが……。

「バスにしてはこれ、異常なほど頑丈じゃない?」、と感じました。

バスは車内を広くし居住性を高めるため、構造からして車体の強度がどうしても弱くなりがち。たびたび原型を留めないような事故も起きていました。

旧来のバスなら、100kmを超える速度で上部に車が突っ込んでくれば、屋根が半分吹き飛んでいてもおかしくないわけです。

「ちょっとこのバス頑丈すぎやしませんかねぇ…」については、こちらのまとめを見るとわかりやすいかと。

近年の自動車は、厳格な安全基準のおかげで強度が飛躍的に向上しており、例えるなら木箱から鉄製のコンテナに変わった感じです。

補強すればするほど車体価格は上がるわけだし、年々基準は更に厳しくなっていく。輸送企業とって必要不可欠な物であるが、数年ごとに買い替えるほど安いものでもない。

なら節約するために、”事故が起こらなければ必要はない”と……考えるでしょう。

その考えが悲劇を生み、杜撰な管理態勢が暴露されるケースが定番なのは、誰もが知るところです。

疑問として「それが悪いことと知られているのに、どうして止められないのか?」があります。

ルールに沿うことは公正であるため、商売として横一列になります。そこから突飛して稼ぎたい、もしくは稼ぎたくないのであれば、ルールから外れればいいだけ。

それが何を犯す可能性があるかといえば、何らかの「危険(リスク)」です。

人の意識が安全に向かわないと意味はない

自動車の強度が向上したのは、事故を防ぐためよりも、車内の安全を守るため。車体が弱くて死亡事故が起きたのなら、車体を強くすることで防げばいい。

まあ有り体にいえば製造する側の保身ですね。

その最終目標が「自動運転」です。

交通ルールというのは、安全に走行するための決まりごとであり、それは危険を回避するための予備知識でもあり、いうなれば教養です。

「止まれの標識」があるのは、そこで止まり、周囲を確認することで危険を防げますよ? だけのこと。

そう教えてくれているのを無視して事故を起こしては、言い訳するのも見苦しいわけです。

極論をいえば、現在でも全てのドライバーがルールを遵守すれば事故はほぼゼロになるし、渋滞も解消されやすくなります。

自動運転はルールをプログラム化し、人が運転する以上考えうるイレギュラーを取り除くことで、理論上”安全にしか”運行できない仕組み

つまりは、強制的に運転手全員に交通ルールを厳守させるだけのこと。

信号が青に変わる瞬間、現在は先頭から順々に進行しますが、全員同じスタートを切れば、衝突せず同一の車間で進み出せます。ちょっとしたよそ見で出遅れエレクトリカルなクラクションをされる──なんてことも減り、ラッシュも幾分か解消されます。

渋滞が起こるシステムとしては、「ラッシュ時に駅の改札に塞がれたらどうなるか?」を想像してもらえばわかるでしょう。

あれを経験すると、もう二度と同じ思いをしたくなくなります。

……というわけで、交通ルールを絶対の規律とし、運転手が全員ロボ化して同一の動きをすれば、事故はほぼ起きません。しかし、運転中になんらかの原因で運転手の意識が無くなればその限りではありません。

その状態は”制御不能”になっているわけだから、はみ出して正面衝突したり、前の車に追突したり、建物に突っ込むことも有りえます。

それを完全に防ぐためプログラムによる自動走行が推奨されるわけですが──実用するに当たって最大の難問が、「カレーを作ってたつもりが肉じゃがになった」みたいな、気紛れや勘違いもある人間との共存です。

身を守るための投資(備え)は必要か不必要か

自動車に乗る時には原則としてシートベルトをする必要があるのに、シートベルトをせずに罰則を受ける人はいるでしょう?

今回のバス事故では、各席に3点式シートベルトが備えられ、”大多数”が装着していたことも、死者ゼロに繋がったとされています。

シートベルトは「バレなきゃいい」の一存で外すことも可能です。けれど、バス会社の指導で「着けてもらうよう運転手を指導していた」とあるから、正直いって”最近の企業では珍しい”とまで感じてしまいます。

将来的には、座席に座ったのを感知して、全員がベルトをしないとエンジンすらかからない。──なんてバスも開発されるかもしれませんね。

今回のバス事故を”奇跡”で片付けるのは、あまりにも貧弱な考えです。

「人の安全を守るため、技術と意識を極限まで高めると、予想される大惨事はここまで被害を減らすことができる」

それを全国に知らせ、意識を変える事例だったと感じます。

ドライバーを守るよう強固に設計された運転席のおかげで、飛んできた1トンはある鉄の塊が激突しても運転手の命が守られた(デミオは970~1070kg)

乗客を守るため、より安全な3点式シートベルトを全席採用しつつ、それを装着してもらうよう促す指導で乗客はシートベルトをしており、車外へ放り出されることもなかった。

ドライブレコーダーの映像をLTE回線で常時会社へ通信しており、それが手抜きができない意識へとつながっているし、現地で解析するより早く知ることで、会社側も迅速な対処ができたこと。

ただひとつ不幸だったのは、なんらかの原因で意識を失ったのか、分離帯を乗り越えてバスに激突し、命を落としたドライバーがいたことだった。

用心棒は対価で雇える

バスを取り巻く安全基準の意識改革としては、「軽井沢スキーバス転落事故」がきっかけかと思う。

更に凄惨だった1985年のバス転落事故もあるが、どちらも原因として挙げられるのが運転手の操作ミスであり、連続勤務からの疲労を指摘されている。

格安ツアーを実行するにあたって、削るべき費用はどこにあるかを考えれば、それを貰う側になるわけです。

「お客様は神様」を盾にして、安い金ででかい顔をするのは結構ですけど、安全というサービスに対価を支払うことで、命が守られることは多々あります。

ただそれは”当たり前”すぎて、報道などで取り上げられることが少ないのが残念です。

保険がいい例ですね。もしもがなければ必要ないが、それが無いとは絶対に言い切れない。こうしてブログ記事をキーボードでぺこぺこ入力している時に、心停止でぽっくり逝く可能性だってゼロじゃありません。

”ありえない”って想像できる時点で、”ありえる”可能性は有るわけですよ。

それを取り入れ続けるとキリがないので、譲歩した案が「安全基準」のようなものです。

平成30年2月からライフジャケットの着用義務が拡大するよ!

船舶免許を持つ人には関わるので、知っている方も多いでしょう。

平成30年2月から、小型船舶上でライフジャケットを着用することが義務化されます。

ライフジャケットの着用義務拡大|国土交通省

現在は”努力義務”であり強制ではありません

これも度重なる企業運営の船舶事故や、プレジャーボート等のレジャー船舶で、落水事故が減らないことに対する措置かと思います。

船が絶対に転覆しない構造でありつつ、人が絶対に落水することがない構造であるならば、ライフジャケットが考えられることもなかったでしょう。

ライフジャケット(救命胴衣)は、「着れば助かるのに…」水に浮くための道具です。

溺れることは何を意味するのか。それは沈んで息ができない状況であるわけで、対処するには”頭だけでも浮けばいい”ってことになります。

人間は肺に空気が入りつつ、体内に脂もあるので基本的には浮きますけど、衣服を着用していると水を吸って重くなり、浮くことが困難になります。

あくまで”浮くための補助”をしてくれる道具です。

釣り人はたびたび、これを着る着ない論争を繰り広げています。けれどそこに基準点はあるのでしょうか。

法律では決まっていないので、どちらの意見も正しいわけですし、明確なルールを設けるまでずっと論争を続けているのではないかと思います。

水辺の事故は釣り人が圧倒的に多いので、それに対して法律が無いってのもおかしな話じゃないかなと感じる人もいるでしょう。

「釣り人が着用する義務があるなら、散歩に来た人がライフジャケットなしに海を覗き込むのはどうか?」ってなるし。

「水辺に近寄る誰もが着用する義務がある」とすれば、「誰がライフジャケットを用意するの? お前(国)が買ってくれんの?」ってなるし。

「わかったもういい、釣りは禁止だし誰も水に近寄るな」ってなれば、観光地と釣具屋は死活になるわけだし、海に囲まれた島国でそれは横暴すぎます。てか無理ゲーです。

まあ”釣り人だけ”に限定した法を整備するのが難しいのでしょうね。

ともなれば、「着ていたら助かった」ケースを提示しつつ、地道に広報していくしかないでしょう。

簡単に意識を変えるためには、実際に危ない目にあってもらうのが早いですが、好き好んで臨死体験したい人もいないでしょう。

釣り用のライフジャケットに対して私の意見は、「もしもの時は水に浮くし、道具も入れれて便利じゃん!」程度に思っているだけです。

考えうるリスクはなるべく排除したい思考なので、「なら釣りをしなくても良くなくない?」ともなっているわけですが──

最もたる理由が、釣らせるために全力すぎて安全対策がオマケになっている業界の態勢ですかね。

なぜわざわざ激流に半身以上立ち込むことを考えているのかが、私は受け入れられません。

”もしも”のための備えをするのなら、それをしなくても釣れるよ! って提示すりゃいいと思いますけどね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

安全は積み重ねなければ実らない
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク