《今後の予告》記事ネタの備忘録

2017628tp191

この先で遂行しようとしているネタ集です。

次回予告みたいなものだゾ。

スポンサーリンク

ここはどこへ向かっていくのか…

1.「ギマ」の超効率的な捌き方を追求する

湾内の三脚」と呼ばれていそうなギマくんは、ぬるぬるしていてトゲトゲしく、捌くのが面倒くさい。

個人的な食味の感想として、”カワハギの肝”と”トラフグの身”を併せ持つハイブリッドフィッシュと思っている。釣りやすく、おまけに美味い。

”美味”と聞けばケモノになるアングラー達は多い。だがギマくんは、「インスタ映え」する魚として、画像検索では猛威を奮っている。

捌くのが面倒すぎるのは認める。けれど「ギマ? 美味しいよね。俺は食べたことないけど、捌くのは面倒らしいよ」って語り部がネット上に多い。

そんな量子力学みたいな感想を占めているので、「捌くのが面倒なら、それを簡略化できたら衆知されるのではないか?」と考え、思いつく限りの方法を試してみようと思った。

この試行、誰が得をするのかといえば、それを釣りまくる友人だけである。

2.文明が効率に負けたとあるロッドのネタインプレ

語るとオチてしまうので察してください案件。

はじめる前から結果はわかっているものの、やらなければわからないこともある。

それを試しに行きます(今週末)。

3.How to ウェーディング(数編)

これから秋にかけては日中の潮汐差が大きく、デイゲームとしてのウェーディングが成立しやすい。

散りばめて記事は書いているものの、なーんか物足りないよなぁと感じたし、他はそれほど指摘していない「家でも探せるウェーディングポイントの探し方」を重点にするつもり。

ある意味自分への戒めともいえる。

4.How to サーフルアー(まとめ)

これは別ブログでやろうと思っています。

今は記事数が多すぎて、”そこだけ”に誘導するのが難しく、何より自身が読みにくいと感じたため。

流行はすぎているので、業界の熱が冷めて、ここをマーケットにするのがあと2年と思っている。

5.ルアータックルの万能性をしらしめる浜名湖釣り歩き

ルアー用のロッドって、主観で語れば”万能”と思っている。

デカイ魚から指サイズまで釣りあげれるのは振り出し竿と大差ないが、繰り返すキャストをサポートするための”軽さ”が武器になる。

10ftで投げキス釣りしたり、サビキをしたり今までも好き勝手やっているけれど、とっつきやすい「チョイ投げ」にこそ可能性を見出させたい。

ごく一般的なシーバス向け装備で、どれだけの魚種を狙えるかに挑戦してみるつもり。

ウキ釣りに向いていないPEラインをあえて使う仕掛けを追求する。

止まるんじゃねぇぞ…

魚釣りって、釣れれば面白いですけど、私は試行錯誤する過程が好きなんですよね。

無難に釣れるしこれが最善」ってのは確かに存在する。けれど、それ一辺倒だと学んでいくことが少なすぎる。

なんらかの工程があって、それを数年続けて”最善手”として周りは認めているけれど、本当にそれだけなのか? って考えが常にあります。ようは”ひねくれている”わけです。

魚釣りは数十から数百年の系譜があり、その蓄積が基礎となって、現代まで続いています。

今も現れる”新しい”ことは、その基礎があったからこそのアレンジみたいなもの。なので過去を顧みれば同じようなことをやっていたりするし、それとチョット違うだけのメソッドって多い。

センスは才能というより、基礎と経験(知識)からの取捨選択で現れるものです。

でもまぁ……釣りでそれを実現するとなると、道具がめっちゃ欲しくなるんですけどね。

「あっ、こんなことやりたい!」てなっても、「これも欲しいあれも欲しくなるな…(白目)」で、手につくまでのハードルが高い件。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

《今後の予告》記事ネタの備忘録
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク