今週の水属性ニュース(2017/7.8~7.15)

2017715tp191

しってるかえる。

静岡県より沖縄県のほうが最高気温は低いんだぜ。

名古屋県が大雨に見舞われましたが、気になることがひとつある。

なぜこのちほーだけ、「名古屋 雨 ヤバイ」と語彙力が足りないトレンドで取り上げられるのか。

名古屋で大雨が降っている時に、JRセントラルタワーの展望レストランで食事キメてみたい。

7月の3週目(一応)の水属性ニュースまとめ

はっきり言う、築地市場「食のテーマパーク」に将来性はない|現代ビジネス

ニュースとは違うけど、まあ大抵の人がコケると思っている築地の再開発について。

世界有数の生鮮市場として長い時を経てきましたが、再開発の狙いはネームバリューに乗っかった集客効果でしょうね。どのみち場外は残すわけだし、豊洲は業者専用にして、こっちを一般市場として開放すりゃいいんじゃねかなと。

「食の学習」がどの程度になるかはわからないが、修学旅行の1コースとして確立できれば、それで成功じゃないかな。

疑問に思っていることがあるが、「マグロの解体ショー」を”食育”と呼べるものかなーと。

マグロ漁船に放り込めば、誰でもありがたみを痛感できると思う。

釧路でサンマ初水揚げ|共同通信

去年の初競りは、ある意味ネタとしてのご祝儀価格だったから、一般には売れない値段になったよね。

高額で競り落とし、一般は見向きもしないような値段で売るくらいだったら、市場のみんなで味を共有しあって、消費者に伝えるのが合理的ではないでしょうか。

サンマの漁獲枠制限を決める会議は、想像していたより日本がバカげた数値を出してきたので、これからどうなることやら。

海女らアワビ採り競う 豊漁願いしろんご祭 三重県鳥羽市|伊勢新聞

ゲスな顔でこの祭を眺めるオッサン達がいそう(ブーメラン)

エロスを感じてしまうのは、心が汚れているせいか……。

海開きに向け作業中の職員 沖に流され死亡|NHK

日本海の海水浴場って意外と珍しい。堤防で囲んで潮流を抑えて、人工的な砂浜で行っているところは少しある。

写真にある浜で泳ぐのは、いささか自殺行為に思える。

1.3メートルのオオウナギ保護 白浜町|YAHOOニュース

沖縄の話かと思ったら和歌山だった。

珍しいと思ったら、河川も含めて天然記念物になっているのね。

”無人ですし配達”開発中の自動運転車を公開|NHK

歩道を走ることを想定して、時速6kmとやや遅いが、スマホを使い注文して、それが届くのは技術も進んだなと実感する。

ニュース内でも言及されているけど、こういった小型車が歩道を走るのは法律ではグレーなため、公道で実装するには法改正が必要ですね。

むしろ大型ホテルなど、旅客業で宴会で大量に料理を運ぶ際、もっとも活躍しそうな気がしないでもない。

群馬に海の家出現!?川場村に「山の海の家」爆誕 7トンの砂でビーチも再現!|おたくま経済新聞

群馬県「海が来い

気象台のアメダスで最高気温の日本一を競っている館林市がある群馬県では、暑さを利用したおもしろい試みかと。

台風で雨の被害はあるが、風の被害はそうないので、砂が全部飛ぶとかギャグじみたオチはなさそうかな。

解禁初日ウニ漁 漁中に男性死亡|NHK(岩手NEWS WEB)

酸素ボンベを使わず、チューブで呼吸をしていた時に起きた事故。

何らかの原因」って、いわずもがな誰でも理由はわかるでしょう。

ニンジャの真似はやはり危険だね。

今週の選り抜きニュース

世界遺産に認定された宗像の「沖ノ島」。

金を出せば受賞できる「モン◯セレクション」並にありがたみが薄れてきた”世界遺産”ですけど、沖ノ島はひと味もふた味も違う。

この島だけは、「誰が入れるの?」と質問したいくらい、入島制限が厳しく、国内でも”秘境”と呼ぶにはふさわしい。

──のだが、

宗像・沖ノ島 8資産全て世界遺産登録決定|日テレNEWS24

観光への集客として、行政がとる、手っ取り早く頭の悪い方法が「世界遺産登録」ではないかと。学者は逆に、”保護と保存”をするために認定をもらいたいのであるが……。

もともと女人禁制であり、一般人も年に1回200人までと決められているため、報道するにしても、日本で認定された世界遺産の中でもかなりミステリーさがあると思う。

この先しばらくは、その辺で数々の揉め事が起きそうな予感。

沖ノ島、一般の上陸全面禁止へ 現地大祭を中止|朝日新聞

まあそうなるよな。

宗像は船釣りも盛んなため、沖ノ島周辺にも制限がかけられて近寄るのも難しくなるでしょうね。

国内の世界遺産では、もっとも行けない部類になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!