ギマを捌いたら指紋認証に弾かれるようになった話

2017719tp191

ギマさんの皮は、とてもざらざらしている(小並感)。

皮を剥ぐ時に、ぬめりをなんとかするため、水で洗い流しつつビリリッとやるわけですが……

ふやけた右親指の指紋がごっそりイカれたらしい。

スマフォの指紋認証に弾かれるようになって、地味に不便なのですが(半ギレ)。

ギマを捌く時は気をつけよう。

あれから2週間は経ったものの──

三河湾や浜名湖ではポピュラーな存在である「ギマ」。 食味はいいのだが、いかんせん捌くのが面倒な要素がてんこもりで、漁師にすら嫌われる存在。市場に出回っても「えぇ…(困惑)」となる魚ですが、だからこそ日を当ててやりたい。 ──...

なんだか「病状報告」みたいですけど、経過としてまとめると以下の通り。

使っているのは「Galaxy S7 edge」ですが、どのスマフォの指紋認証でも同じでしょう。

(顔認証もないこたないけど精度が悪いらしいから使ってない)

・1週間目

ロック解除とIDパス入力に指紋認証を使っているけど、それが弾かれるようになって不思議に思いはじめる。

そういやギマを捌いたあと、手の皮がボロボロになってしまったので、そのせいかと悔やむ。

次からは手袋をして皮を剥ぎ取ろう(次があるとはいってない)

・2週間目

”3回に1回は認められるようになった”。これはわずかでも「改善」だろう。

その文言だけを見れば、「幼女に声を掛けて逃げられなかった回数」のよう。

または「電車で横にJKが座ってきた時の認められた感」に近しいものがある(壮大)。

両手親指で登録しているので、捌く時に使っていない左親指は難なく認証されている。

左手で持ち、ロックを解除する動作が少ないので、1週間目でも気づくのが遅かったっていう。

解除するだけなら、ホーム押して解除パターン入力すればいいしね。

指紋認証に頼りすぎるのもダメやね

仮に「出社時に指紋認証が必要」で、サイバーパンクな企業に勤めている場合には、由々しき事態となります。

「ギマを捌いたら──」と説明するには、まず”ギマ”という魚から説明しなくてはいけません。

愛知県の海沿いではそこそこ知名度があるぞ!

生体認証が生活の要となるならば、顔認証と眼球がメインになるでしょうね。

業種によっては指紋がツルツルになることもあるし、やっぱアナログの鍵が最強なんだよなぁ。

ギマを捌く時は手袋をしましょう

ギマだけに限らずどの魚でも、水を使いながら捌くことになる。

なので、手のふやけなり臭いがつくのを防ぐため、手袋をするのは有効。

ただし、ビニール手袋だとヒレやら包丁で穴が開いたり切れっ端が生まれてしまったりする。

なんだかんだで、魚を捌く時は「軍手」が最強だと思う。「トゲトゲしい魚に負けたくない!」という意気込みがあるのなら、革手袋かな。

革臭くなるし、即効カビ生えそうだけど。

突然の草刈り呼び出しに車の整備。冬には手袋代わりにと──

軍手は有用だってわかるんだね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!