日本アルプス越えが叶わなかった台風5号の説明を自由研究風に

20170808tp191

迷走台風”の二つ名がよく似合った台風5号。

今年も偏西風が弱く、それが日本から離れていることがわかりやすいルートだったと思います。

台風5号の進行ルートを振り返るのは、自由研究の対象にするのも面白いかと。

気象学や物理学に興味を持つキッカケにもなるかと思います。

スポンサーリンク

迷走台風5号さんを追従する旅

台風の進路を自ら予測する」に関しては、こちらでも触れているので参考に。

台風3号が発生し、予想進路が日本列島を縦断することで、ちょっと話題になっています。 この程度の勢力なら、飛行機と新幹線は止まるだろうけど、在来線と会社は運行し続ける気がします。 ただ都心に近い方たちは終電がアウトなタイミングで近...

発生地点でぐるぐる回ったのは、自転と気流による進行方向に高気圧が存在していて、それに押されたり囲まれたりしていたため。

この時点では”小型”に値する規模で、自然消滅ワンチャンだったが、高水温の上昇気流が延命処置を施す。

太平洋高気圧を避けつつ、赤道付近まで進行したところ、地球の自転による「沖縄へ向けた王道ルート」がほぼ確定される。

日本海上には、こっちとユーラシア大陸との寒暖差から「こっちくんなウィンド」が発せられており、これが直接向こうへ抜けない要因でもある。

偏西風は九州から北海道へ抜けるように流れ、対馬海流と似たルートを辿っている。これは地球の自転による気流の影響(コリオリの力)。

その影響を受けて、台風は沖縄付近から進行速度を上げはじめる。

──だがそれが微弱だったため、気流と気圧がアレコレアッハンして輪に入れず、屋久島直前でも停滞し、コミュ症を患いだした。

偏西風に乗って速度は上げはじめたものの、人の歩く速度から自動車の徐行になった程度。

この違いは三本足で歩く老人と、通勤ラッシュで先頭を歩ける速度くらいの差。

発生時から上陸にかけて長い期間を経たが、黒潮の恵みをたっぷり吸いつつ、コリオリパワーも手伝って息を吹き返した台風5号は、この時点で大型にまで発達していた。

停滞型の厄介なところは長時間の風雨が続くところ

屋久島付近で停滞したことにより、付近は記録的な大雨となった。

被害こそは少なく感じるけれど、それは毎年当たり前のように通過する地域でもあるため。

というか小さな島が水没するということは、海面自体が数m上昇する必要がある。

発生初期の時点では”関東上陸もありえた”が、仮にそうなっていた場合、渋谷のスクランブル交差点が湖になる可能性もあったかもしれない。

高気圧の張り出し具合から、「どうせこのパティーンは静岡直だろう」と思っていたので、ある意味セーフだった。

なぜ台風が停滞型になるのか」には、ざっくり2つの要因が絡む場合が多い。

ひとつは上空の気流が弱いこと。もうひとつは高気圧が進路を邪魔すること。簡単にいえば「流れ」と「」が存在するかどうか。

気流が弱くなる要因としては、大陸間での温度差が狭くなっていることが挙げられる。有り体にいえば「温暖化の影響」でもある。

大地震やらラノベのボスクラスなら地球の自転を遅らせることはできるが、太陽の衛星としての公転運動もあるため、雀の涙程度のことだったりする。

知っての通り九州よりも北海道のほうが気温は低くなりやすい。

この”温度差”が風の流れを起こしつつ、自転の影響を受けて発生する気流が偏西風でもある。

#005海流|社団法人日本埋立浚渫協会

気流についての説明はこちらのサイトが参考になるかと。

(こんな社団法人あったのか……)

速度が遅すぎて山越えが叶わなかった台風

台風の影響する空域は上空15,000メートルに及ぶ。

飛行機ではこれを越えるのは無理ではないけど困難レベル。「なら迂回しようぜ!」になるのが発生時の空路でもある。

台風は所詮”雲”ですし、いわば回り続けるハンドスピナーのようなもので、地上の建造物なども障害物に成りえます。

今回のルートでは、四国の山脈をガリガリこすって、紀伊山地にぶつかりそうだから「おおっと」と迂回しつつ、行き着いた先は日本アルプス。

標高3000m級が連なる山脈vs台風の戦いは、イメージ的にはこんな感じ。

なお勝ったのはアルプスでした。

アルプスを越えることを諦めた5号くんは、じりじりと北上を続け、とばっちりを受けたのが、福井県や石川県などの北陸地方。

こちらも停滞気味になったせいで、断続的な大雨に見舞われました。

進行ルートとしては「室戸台風」と似ていましたが、勢力の規模的に向こうは桁違いです(震度5と7くらいの差)。

ちょうど夏の甲子園開幕日だったので、台風くんはそれを見たかったために近寄った──。まるでアンデルセンの童話がはじまりそう。

……こうして日本海へ抜けたものの、今度は日本海側に沿って進行する予報。

日本をじっくり観光でもしているのかな?

台風から学ぶ物理学と人工知能

坂道でボールを転がすと、坂を転がって行くことは誰でもわかるでしょう。”それは自然なことなんだと”。

でもそれに重力やら慣性力など、坂を転がる毎秒の加速力を計算式として説明することが出来る人は、少なくなると思います。

地球上で起こる様々な現象はある程度物理で説明できるし、それには数学が必要です。

台風の進路もまあ似たようなもので、「均一に流れるプールに何故か高速回転しているボールを流すとどうなるか?」みたいに、不条理そうな数学問題に解を求めるようなもの。

実際に試した映像を出せば「……というわけなんですよw」で済むけれど、それに意味を見出したり、数式で説明しろとなれば教養が必要となる

進行先には凹凸があったり、別方向から水流があったりするので、不条理さは倍々していきます。

証明問題のように、解くルートは数あれど、”解”はひとつだけって問題は世の中に多い。

どれも行き着く先は同じだが、どれがより効率がいいのか──。それは進化の証明でもあります。

今回の迷走台風を、発生時から現在まで完璧に進路予測しているところはなかった。

それだけ”稀有な例”だったといえる。

台風5号の進路 日本アルプスの影響で再び意見分かれる|YAHOOニュース

アルプスにぶつかるまでは予想したが、ここから上に行くのか下に行くのか。はたまた越えるのか砕けるのか……

これらの進路予測をひとつひとつ導くのが物理学であり気象学。流体力学もないこたないですね。

多岐になる進行ルートにひとつの”最善であろう”答えを導くのが、人工知能の将来的な役目となります。

コンピューターが未だ人間に勝てないのは、自ら考えて新しいことを生み出すこと。

枠組みを外れることはプログラムとして欠陥ですが、外れたからこそ発展したのが人類史でもあるってエジソンさんもいってた(多分)。

人工知能はあくまでヒトの代理として、肉体・精神労働を苦としない普遍的な人材として期待されている。

それはどうしてもプログラムの集合体である必要があるし、事例を逐一教えなければならない。正しいことはこうであるよと。

人工知能の特許モデルができるとすれば、それはごくごく一般の中庸的な人間がモデルとなるでしょうね。

もしその道へ進むのであれば、世界の言語や人類史、心理や社会に経済など、満遍なく学ぶ必要があるかと。

論理を築くならそれで十分ですが、プログラムとなると関数など数学を学ぶべきです。

プログラム自体は各国の言語としての”命令文”が根幹なので、外国語を学ぶのが手っ取り早いですね。

日本語の命令文はデータ量が嵩んでしまうので……。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク