【規制と再生】気になる水属性ニュース(2017.10月第1週)

2017108tp121

日・月の天気は観光日和。今朝は浜辺でヒラメを手に入れた人も多いのでは?

ここ数年は秋を感じることも少なかったですが、今年は”暦のうえで”の季節がよく感じられる気がします。

長期予報では「熱盛!」だったけど、台風が少ないのが意外。まあそのシーズンもこれからですが──。

報道が選挙に喰われすぎてて、それ以外のニュースが適当になってんよ~(指摘)。

サボった反動で過去も扱う10月1週の水属性ニュース

天然水産物、輸入の3割が不正な漁獲|産経ニュース

輸入の3割が密漁された物であるとわかったが、そのうち大半を占めるのが「ウナギ(約7割)」。

”シラスと成魚を合わせて”だろうけど、報じるのも今更感はあるよね。

今年の土用も多くのおうな様が売り出されていたが、「お前はウナギか?」と感じる商品があったり、愛知県産に比べ一回り小さい商品を出す浜名湖漁協に嫌悪を覚えたり。

まあそれだけ、資源は減っても需要はあるのがわかりやすいですね。

つっても数年前に比べて値は下がっていますが……。

連続48時間労働も…台湾で外国人漁師が「海の奴隷労働」|AFP

農業より漁業のほうが価値を低くみられやすいのは、「勝手に育ち、勝手に増える」という認識が強いのではないだろうか。

日本はようやく”資源保護”を念頭にした漁業に取り組んだところだけど、他のアジア圏内は未だ古い体制。値段が低いのは商品管理の杜撰さもあるだろうけど、そもそものはじまりが”魚の美味さ”を伝えた日本にもあるかもしれない。

漁業のブラック化が進んでいるのは、日本もアジア全体でも同じってことですな。

太平洋クロマグロ 定置網漁、自粛を 水産庁が要請|毎日新聞

沿岸付近の定置網には、まだ若いメジが入りやすいせいでしょうね。

水揚げ量制限がはじまったのは去年辺りからですが、今年はスタートから元々制限値を超えているようなものなので、この判断は”数字だけ見れば”妥当

とはいっても、マグロを狙っていない定置網も規制されると、たまったもんじゃないでしょうね。

春頃に「よくわかんねぇけどメジが爆釣すんだけどwww」って地域があったので、そこの反動だとしたらギルティしていいと思います。

豪ビーチに埋めた巨大クジラ死骸、重機で掘り起こす サメ呼ぶと苦情|AFP

オリンピックの開催サイクルくらいで、愛知県の遠州灘沿岸もクジラが打ち揚げられていることがある。

浜辺に動物的死骸があると、それだけで撒き餌になるんだなぁと。くさそう(小並)

おうな様の保護と再生に本気を出すJAPAN

ウナギ稚魚の不正取引 業者の規制や罰則明記 静岡県が方針改正|静岡新聞

ウナギがレッドリスト入りしたのは2014年のこと。あれから3年が経過し、”ようやく”てところですかね。

これにより産卵期の禁漁期間が制定されたので、漁協管轄の河川でのウナギ釣りにも、規制が入ることになるでしょう。まあ今まで入ってなかったことが不可解なのだが……。

絶滅危惧種を釣ってはいけない決まりはないが、だからといって”その釣りが流行る”のがおかしいんだよなぁ。

一昔前は暴力団がシラス漁場を牛耳っているだとか、そんな利権的な話も聞きました。

今回の改正では、シラスウナギ漁自体が届け出制となり、あらかじめ獲る量も申請しないといけないってことで──、まあ端的にいうと「行政が数字を管理しやすくなった」てだけかもしれない。そもそも密漁はそんなこと気にしないしね。

私のような第三者からすれば「良い傾向」に思えるが、生業としている方たちからすれば「死活問題」でしょうね。

……一方でウナギの養殖にも新たな光明が。

民間でウナギ人工ふ化 鹿児島鰻と兵庫の業者 完全養殖目指す|南日本新聞(373news)

ウナギの受精卵からの人工孵化は、国の研究機関が既に成功している。

稚魚(シラスウナギ)からの生育も成功しているのだが、エサの問題で”掬う”より莫大なコストがかかるため、安定供給には程遠い。

これは「民間初」となる成功例で、完全養殖に近づくのは国か民間かの話となる。

貯蓄額は多い日本では、確実にリターンのある投資話への反応はすこぶる良い。

なのでクラウドファンディングだと予想より上回る投資を得られやすいから、ベンチャーの民間企業でも、将来設計が盤石であれば資金を集めやすいんでしょうね。大学など研究機関はスポンサーありきだし、研究職が軽視されているのも国柄だから、”あと一歩”が遅くなりやすい。

ウナギの完全養殖は、稚魚のエサのコストが改善されれば、量産も秒読みでしょうかね。

豊田通商、近代の養殖マグロを海外に輸出、20年に年2000匹|日本経済新聞

一方で養殖マグロは商業化への道が拓けはじめた。

天然物が重用される日本より、日本食ブームの海外への足がかりにする感じですかね。中国インド辺りでバカ売れしそう。

外洋が繋がる内湾が多い日本が養殖に向いていることはわかるが、資源保護を謳うなら、海外に養殖技術を売り込んで共同でやりゃいいのに──とは思う。

適当につぶやくスペース

日本の貯蓄額が多い背景には、自然災害があるだろうと感じます。

そうなったら国の援助や保険やらがあるわけですが、スピードとなれば手持ちの現金に勝るものは無い。詐欺も横行するので、「領収書という証拠があれば払うよ?」ってなるのも予測できる。

今年も水害が多かったですし、それで「保険が払われなかった」というケースだけを取り上げて、国民の預金意識が高まるのでしょうね。

ステータスとしては「年収>預金>資産」だし。

不動産資産も被害にあえばどうしようもないし、証券も紛失すればアウトだし。金庫に預けている現金が、たとえ数字だけでも”信用”を得るに値する対価だろうなと思います。

それはさておき、来週からぼちぼち魚釣りに行くつもり。

岐阜に行きたい用事があるので、ついでに管釣りしてこようかなーと。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!