台風21号の行方とラニャーニャ現象の前兆

20171020tp122

出典:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

強い勢力の台風21号が、今週末日本に最接近もしくは上陸の恐れ。

多くの釣り人は「おこパターン」です。同時に衆議院選挙の投票日に重なる可能性も高いので、投票率が下がり候補者もゲンナリパターンです。

なので「TVのL字が台風と選挙で稀に見るカオス状態?」が注目されています。

それとは別に、「ラニャーニャ現象」の予兆が見られており、その影響も懸念されています。

今回はちょろーんとこれらについてまとめ。

台風21号さんの行方

気象庁の予報では、勢力を「非常に強い」までのばしつつ、関東寄りに上陸する予報。米軍予報でも似たようなもの。

餌食となるのは伊豆半島か、それとも房総半島か……。

20171020tp121

※参考(10/19時点):http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp2517.gif

月曜朝の通勤時間帯の関東を襲うのは、ただでさえ憂鬱な日に列車遅延でホームが祭状態になると、暴動通りこして悟りを開く人が多そう。

日本列島を避ける要素として、大陸からの寒気と偏西風が頑張りつつ、太平洋高気圧が弱めなことが前提。現在秋雨前線が通っている所が風の通り道なので、沖縄辺りから進路は右方へ逸れていく、はず。

海面温度は例年に比べ若干低めなので、勢力は極端に大きくなる可能性は低いかもしれない。

どのみち太平洋沿岸は時化になるので、面した釣り場の週末は絶望的。

週明けは東日本がそうなるでしょうね。

投票に行くのも日曜を避けて、金・土のうちに期日前投票しておくのが無難。

昔と違い、期日前投票する理由も「遊びに行きたいんスけど」で十分だし、チェック欄を適当に選べばいいので、行ける時に行くほうが賢いです。

私はもう済ませてます。

ラニャーニャ現象の波動を感じる…

エルニーニョ」は良く聞くでしょうけど、「ラニャーニャ」はあまり聞かないでしょうね。

どちらも数年周期で繰り返されるため、平常値であることが珍しいほどです。

発生確率は現在で「50%」ほど。発生こそすれ、長期にはならないらしい。すなわち、言っても言わなくてもいいこと──であるか。

エルニーニョ監視速報|気象庁

「冬期にラニャーニャ現象が発生したら、日本への影響はどうなるのか?」

簡単にいえば、……気温が低くなりやすくなります。「西高東低」の気圧配置になりやすいってのが真意です。

とはいえ、これに関して”わかりやすく説明された”資料はほとんど無く、結構曖昧。

東太平洋の海水温度が下がることがラニャーニャ現象になります。逆に上昇しすぎるとエルニーニョ現象です。

ラニャーニャ現象が日本の天候へ影響を及ぼすメカニズム|気象庁

なんで西高東低になりやすいのかっていうと──。

西太平洋で積乱雲が発生しやすく、それが千切れて日本を通過するってパターンが多くなるため。なので日本海側で雪が降りやすい気圧配置になります。

ようは「台風に至らない低気圧が定期的に訪れやすくなる」と考えればいいです。

ラニャーニャは水産業を活発化させる?

洋上では東風が強まり、深海からの栄養分を含んだ海水が上昇してきます。

西太平洋での循環も促進されるため、その対流に沿う黒潮が運んでくる栄養分が、飛躍的に増えるってわけです。

なのでその近辺では豊漁が期待されますが、本年度は静岡を避けるように大蛇行してるおかげで、この辺への恩恵は少ないと思われます。

三重県沖に出稼ぎするほうがいいかもしれない。

来年度は西日本での釣りが、結構アツイことになるかもしれないですね。

早めの寒い冬が到来されることが予想されるので、スタッドレスやチェーンなどの対策は早めにしておきましょう。

降り出してから「特需」になるので、安めに買える今の内に準備しておくのが賢いと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!