媚びない商品紹介Part1 ~フックバンド~

これいる?」と思った商品を、媚びずに紹介してみる実験的コーナー。

終わったらネタが尽きたか、メーカーに消されたかと勘ぐってください。

20171110tp121

Part1はルアーのフックを纏めることのできる、とある「フックバンド」について。

ルアーケース内でフックが絡まれば「時間のムダ! 時合も逃すぞ!」となるし、それを解決してくれる商品。素晴らしいことしかないじゃないか──

──のはず、ですが。

フック同士の絡みを軽減するしゅごいアイテムがあるらしい

今回の媚びない商品はコチラ。「フック絡み激減!」と謳うC社のフックバンドです。

ハードルアーのフックはシングル・トリプル問わず、むき出しのままケースに入れると互いに絡みやすい。

そのため古くからプラ製のカバーがありますが、これを活用している方はほぼ居ないですね。

1個ずつハメる必要があり面倒なのと、海水ではカバーに塩がたまり、「フックのサビを促進させるぞっ☆」なアイテムと化す可能性もあります。

まあ絡まっていても、ガチャガチャ振れば絡んでるのは意外と外れます。

メディアアングラーが良くしている姿でもあり、それを見せつけることで、「アイツ……出来るぞ!?」と思わせることができるかもしれません。

1本あたり約130円フックバンド vs 1円以下輪ゴム

細かい話は抜きにして、この商品を欲しいと思う方はおそらく──

フックって、まとめれば絡まなかったんだ!

と”はじめて”気付いた方たちかと思います。

ルアーのフックは、前から「輪ゴム」で留めていた私にとっては、「誰が買うんだコレ……あっ(察し)」となったわけです。

20171110tp122

先日予定した釣行のために用意したが出番がなかった悲しい子達

ちなみにこの輪ゴムの山は事務用品店でもあります。けどダイダイソーな100均にもあります。

3年くらい前から使っているはずだけど、無くなる気配が全然ない件。100g入りで1個を1gだと仮定すると、100個は入っていることになりますが、絶対それ以上あるよね(憶測)。

週イチ釣行で、なおかつ1回に30種類使う方でも、使い捨てたとしても1年持つのではないだろうか。

減っている気配がないので、むしろ湧いているようにも感じる。

検索して他の記事を見たら「頑張っていいとこ探している感」がたまらない

他の記事では”褒めちぎっている”のが目立ちます。が、ここでは今のところ媚びる予定がありません。

褒めているところは「シングルでもトリプルでも、フックをまとめやすい!」という点。

うん……輪ゴムでもどっちも対応できるし、”そのため”の商品だからね。

詳しい商品紹介は以下を参考にどうぞ。

オーナー新製品案内vol.39(デカパックフックバンド)|OWNER

まあ良いところがないわけではないんです(急展開)。

私にとっては無用だが「要る!」としたらファッション的に使えばいいんじゃね

コスパを追求すると、どうしても絵が簡素になるんですよ。

私はフックを輪ゴムでまとめているわけですけど、C社のフックカバーの華やかさに比べれば貧民感が否めません。

購入時のルアーも、フックが輪ゴムで留められているタイプが多いです。

それと同じくして、フックや本体にぐるぐる巻きしないと、余分がありすぎて固定できません。

それに比べれば”フックバンド”のほうは、留め具を調整すればいいだけなので、スリムにまとまり見た目が賢そうです。

なので、動画や写真などでワンポイントなアクセントとして「チラッ」と見せる──

女性のスカート下のようなチラリズムを意識して使うのが吉かと。

そういう使い方をするなら、輪ゴムもカラフルなので負けませんよ。

ちなみに20cmを超えるプラグだと、フックバンドのほうが長持ちするはずです。

輪ゴムだとずっと伸びっぱなしになるので、耐用時間としての物持ちでは、ちゃんとしたバンドに負けるでしょうね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!