媚びない商品紹介Part2 ~サイレントクイックスナップ~

またC社かよぉ!?」と書いていて気づきましたが、狙っていません偶然です。

今回はルアーメンで”拘り論争”が繰り広げられる、ルアーのスナップ……そのとある商品について。

20171111tp121

魚に警戒心を与えるといわれる金属の擦れる音。アイに金属スナップを繋げば、そりゃカチャカチャキリキリと音を出しているわけで……。

なんと! それを無くしたすばらアイテムの「サイレントクイックスナップ」なるものが、あるじゃ~ありませんか。

気にしない人は関せずだろうけど、そのせいで魚が釣れないと思う人だって居たりする。

スナップ形状でスイムが変わる論争

スレ防止に「1投ごとにルアーを変えたい」時などに、スナップはとても便利。

それとは別に、「スイムアクションを抑えたいor派手にしたい」なんて時にも使えます。

大抵のルアーはブルブル震えたり”自然とアクション”します。スナップの”広さ”によって、それが増減するのは事実。

もちろん細結びで直接アイに結んでもアクションします。──が設計本来の動きとなれば別です。

その接続部に遊びを持たせることで、想定通りの動きをしつつ、ルアー交換も楽になるアイテムが「スナップ」の役割です。

20171111tp122

「こ↑こ↓」の部分が幅広だったり狭かったり。メーカーや種類によって違いがあります。

私が好きな「ダイレクトスナップ」は接触部が狭めで、バタバタ動くパリピルアーは(若干)大人しく泳ぐようになります。

「じゃあウォブリング系使うとヤバくね?」とライムしそうですけど……サーフの曳き波とか、流れが一時的に強くなるライブ感に限れば、大人しいほうが巻くのに楽です。

逆に川など一定な横の流れでは、巻かないドリフトでもぱたぱた動いてもらいたいので、幅広のほうが向いていますね。

とまぁ、「スナップがスイムアクションに与える影響」についてはこんなところ。

個人の意見としては、気にしても分からない人には分からないし、知ったところで釣果が増えるわけじゃないので、「(使いやすい)好きなの選べば?」としています。

それでは主題となる、「サイレントクイックスナップ」について語るとしましょう。

ルアーでサイレントするべき場所は他にあるだろう論

サイレントクイックスナップ|OWNER

紹介文はこんな感じで、いっそ清々しく思えます。

20171111tp123

これは主なメリットの一部。

ルアーが接触する部分に緩衝材を塗布することで、金属の擦れる音を消し、「音でスレるのを防ぎます!」ってのがサイレントくんの役割。

魚は自然音以外に対しては警戒するので、原理としては効果を期待できるでしょう。

……でもそれをいうなら、フックのほうがうるさくね?

音が警戒心を煽りスレが進行する(釣れなくなる)ってのは、多くの釣り人が知っているだろうし、気になっている点でしょう。

でもルアーには、あえて音を出す”ラトル入り”も存在しますし、フックがあるとどうしても本体と擦れるので、その音は出てしまいます。

それが無ければより自然の小魚に近づきますが、フックが無ければ魚を釣りあげるのは難しい。

まあ実際のところ、魚から見えない、音が聞こえないフックがあれば、馬鹿みたいに釣れるだろうとする人だっています(技術的に難しいわけでありますが)。

だったら高くてもそういうルアーの人気が出て当然でしょう?

そこまでするメリットが(製造側に)ない」てわけです。

──フックの音がしないルアーとなれば、本体に固定されているタイプやワームですかね。

音が関係しているかは定かではないですが、より自然に近いほうが”釣れやすい”のは事実です。

スナップとしては使いやすく、ランダムに動くルアーにしたいならアリかと

アイとの接触部にすべり止め(緩衝材)がしてあるので、泳ぎは固定されやすい。

ただし結ぶよりは”遊び”があるから、そういうズレがトゥイッチなど、テンポをずらすアクションに合うんじゃないかな。

キビキビ動いて欲しいジャークベイトに向いてそうですね(小並)。

スナップの使いやすさは、開閉部の構造もさることながら、”大きい”ことが大事。

小型になると金属疲労で、数回開けただけで噛み合わなくなったりする。それは金属の性質にもよるから、小型で持ちがいいほど高価になると覚えましょう。

アジングに使う小型ワームなどには、知恵の輪みたいにくぐらせるタイプがオススメでありますね。

管理のトラウトスプーンに使うのもアリです。

魚のスレは慣れと学習

魚は音に敏感とよくいわれます。

けど人が聴き取る音とは違い、振動を感知する「側線」で音を判別します。これが発達している(多い)魚ほど警戒心が強く、釣りにくいとされています。

嗅覚も機能だけでいえば犬並ですが、水中でどのように臭いが拡散され、それをどう嗅ぐのかは種類によってまちまち。

ようは「水中において魚は人間よりも感覚が鋭い」わけ。

今色々いわれているのは、経験やらで統計されたデータによる憶測にすぎません。

魚と言葉を交わせない以上、真に解明されるには空想だけの喋る魚が現実に降り立つ必要があります。

魚のスレと学習を体感するには、リリースのみの管理釣り場と、実際に飼うのが手っ取り早い。

水槽をノックしたあとにエサをあげることを繰り返せば、ノックだけでエサを食べようと浮上する程度には慣れます。

長い間、人間を見させてそれが害を及ぼす存在でないと学習させれば、触れ合うこともできます。それは水族館のショーでも実感できるでしょう。

リリースのみの場所が上級者向けとされるのは、釣られた経験を学習していくので、”同じこと”をするほど釣りにくくなるため。

……これらの学習した記憶は、長い間放っておけば忘れますけど、それは人間も同じこと。身の危険を感じた記憶も残りやすいのも同様です。

魚の記憶や学習能力の研究は、web論文でも多くあるので、グーグル先生に聞いて閲覧すると新しい扉が開けるかも。

スレの進行したポイントで釣るに手っ取り早いのは、勧められるメソッドと違うことをすること。

それを加味すれば、音のしないスナップだったり、色のついたフックも、攻めの一手となるかもしれません。

木製のルアーはプラスチック製より金属音が鈍くなるので、静音対策としても使えます。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!