釣り情報はどこまで信じたらいいのか?

2018129tp191

どんな業界も「情報」は武器になるし、武器になるし、金にもなります。

釣り人にとって「◯◯釣れた!」の情報は、釣れない状況がイヤな人であれば、常に知りたいオイシイ話でしょう。

でも、昨日は良くても今日は駄目……なんてこと、自然相手ではよくあること。

今回は「第三者の釣り情報をどこまで信じたらいいのか?」ってお話。

釣れた情報をどこまで信じたらいいのか

私は最低でも週1回、なんらかの形で静岡県の中・西部の釣果情報は耳にしたり、目にしています。

それは新聞であったり、ウェブだったり。主に団体が発表する情報ですね。

そういう発信元だと、週1回とかで定期の公開だから、習慣化しているのもあります。

情報の鮮度としては「一週間のまとめ」みたいなもの。

だから翌週の参考にする──より、釣れた(であろう)魚と水温を照らし合わせて、シーズンの移り変わりの目安にはしています。

「今週はこれが釣れて、あれが釣れなかったようだから、次はアイツが来るかも?」って感じに。

この週間情報を年間でまとめてから、改めて見直すと気づくかと思います。

だいたい釣れる魚って決まっているんじゃね?」と。

もちろん地域によります。気候と水中が類似する地域はほぼ無いですから。

旬があるから次に何が来るかも予測できる

生鮮食品には「」があります。

これは一番美味しい時期とされていますし、消費も進むので、市場でいうと「出回りやすい=収穫が多い」時期です。

魚でいうと”栄養を蓄えるタイミング”が旬にあたり、それは産卵期前とされています(該当しない種もある)。

産卵への移行は間接的に季節、つまり水温がきっかけと論じられています。産卵場所へ集団かつ移動をするタイミングなので、漁もしやすく、漁獲量も比較的安定しやすい。

ようは「習慣化された漁のタイミング」なわけです。

たとえば「ヒラメ」でいうと、産卵期は春~夏にかけてとされており、旬といえば冬ヒラメといわれる「12~3月」ですね。

サーフで狙うとなれば、産卵で沿岸に寄る春先(4月前後)が遠州灘では最もチャンスがあります。でも通年どこかに留まってはいる、けれどそれが”釣り人の手が届く範囲とは限らない”わけ。

なので”ただ釣れた”話なら、季節問わずに月イチの定期くらいで耳にすると思います。

でも投げれば釣れる”爆釣の話”に限ると、年間通して2回程度ではないかと。

それを予測するに、年間通しての釣り情報って、ある程度は頭に入れておくほうが有利です。

乗り遅れないために信頼を置ける情報提供者をみつけること

とまあ……「釣れるであろう情報」は、分析によってある程度は予測できます。「これが釣れたら次はこれが──」て感じに。

なので情報誌を年ごとに読み返すと、ローテーションで似たような記事が目につくはず。

しかしそういう情報があっても、ピンポイントで狙い撃つのは難しい。

その日に行けるとは限らないし、提供されるデータだけでは海況の”中身”が見えないから。

そんな時は”先行者”が発する情報が頼りになります。

ただ「釣れたor釣れない」だけではなく、水中の様子まで知れる人が望ましいですね。

でも「情報を提供する=ポイントが混む」のは必然だから、そんな聖人君子のような提供者なんてほぼいませんし、場を荒らすことで他人から嫌われもします。

とある人がコンスタントに魚を釣っていて、そのポイントを公開するかしないかの話となると──これを「保全」と考えるか、「独占」と考えるかに分かれるでしょう。

多少なりとも「もったいぶりやがって」とか、「私だけが釣りたい」など、”独占”の方向で考える人がいると思われます。

こういう話を頂戴するには、ネットが発達しようがやはり”横の繋がり”が強い。

コンスタントに釣果だけをあげたいのであれば、「釣れた情報」を共有できる友人ネットワークを構築するのが確実。

漁師は漁期で動かざるをえませんが、釣り人は良い言い方をすれば”自由”です。

仲間同士の口コミは、昔から確実で新鮮な情報源であり、友人の多さはチャンスを広げる一手となります。

おいしい話には裏がある?

浜名湖は他所からすれば広大で、魚種も豊富だから「釣りが楽しそうだね」とよくいわれます。

現実を知っていると、広いようで生息する魚種はそれほど多くないし、シーズンごとに釣れる魚はだいたい決まっています。

これを書いている1~2月でいえば、沿岸はメバルやカサゴの根魚がメイン。投げ釣りではカレイ、偶然でキビレ。

3月にさしかかり暖かくなればコウナゴとかサビキで小物狙い、セイゴも狙いやすくなる──て感じ。

釣れる魚種の豊富さでいえば8~11月頃かな。

でも浜名湖で釣りの対象魚になる魚たちは、釣れないといわれる時期以外は、どこにいるのでしょうか?

メバルはともかくカサゴは通年岩礁帯にいます。冬期は産卵期のため、保全を考えれば釣らないほうがいいくらい。

ぶっちゃけこの時期は、「根魚以外を狙うのが難しい」って理由のほうが強いです。

クロダイ・キビレは深場や外洋へ落ちるし、シーバスも親玉は同様に移動している。

それらは全て居なくなるわけじゃないが、盛期に比べれば絶対数は少なくなるし、届かない範囲に居ることが多くなるので、”釣りにくい”わけです。

回遊で入ってくる魚たちは、水温や海流の影響が強く、これは純粋に”自然”が絡みます。

──が、絶対じゃありません。2017年でいうと、黒潮大蛇行の影響か、入ってくる魚達が1ヶ月以上は遅れていた感じ。アブコ(ブリの幼魚)が入ってくるのも例年に比べれば遅かったです。

その代わり、イワシなどの小魚が平和だったから、長く停滞していた感じ。

シーズンで釣れるかもしれない魚種なら決め打ちができる

ある程度釣れる魚が予測できるのなら、情報も「~であろう」とか、希望的観測で出すことも可能だということ。

サーフでよく経験してますが、ズラーッと横一列に並んでいて、誰か1人でも釣れたら「釣れた」ってなるし、誰も釣れなかったら「渋かった」ですますことが多い気がする。

「渋い」ってなんだろう。本当に魚は居たのですか? と。

ようは「釣れるであろう」情報なら、いくらでも憶測で出せるっていうこと。

ルアーがかかった魚を写真にとっても、それが本当に釣れた魚なのか、持ち込みじゃないのか? とも疑えること。

こういう不正も定期で目にしますが、FS前に大手が言及されていて、ちょろっと話題になってましたね。

私は半永久的に残る記事に書いている以上、やましいことはしていないつもりですが、それを絶対だと、どう証明したものかとも考えます。

見えない部分で不正をやっていないと証明するのは、年間通して第三者委員会に釣行時、常にフル動画撮ってもらうしかないですね。

「でもそれを回してないところでは?」ってなるから、これは”信用問題”になります。

まあひとついえることは……悪いことを悪いと思ってやることって、いつかボロが出るものですよ。

悪いと知らずにやっているのなら、誰かが窘めてくれるし、リスタートさせてくれるのが社会のルールでもあります。

騙すほうが圧倒的に悪いが、信じすぎるのもよくないって話

2018129tp192

投機の情報戦では、仮想通貨が話題です。

株など投資の話で、「宣伝されはじめたら末期」とよくいわれる。これを悪く捉えると、儲かった人達がダメ押しで値を吊り上げて、一斉に売り抜ける手法の前触れだから。

これを意図的にやるのは違法ですけど、たまたまそうなったのであれば罪に問うのは難しい。

一時期1BTCが200万を超えたが、最近話題のコインチェックがCMを流してから暴落して、「出川ショック」とも呼ばれました。

ということは、広告などをみて高値で買った人は間違いなく損をしています。

魚釣りでいえば「絶対に釣れるから!」といわれてとりあえず来てみた人だったり、100kgのクロマグロをあげる直前にサメががぷりとしたとかですね。

ある程度用心深い人は、「これが最高値ではないのか?」と感じ、下がるまで購入をためらうはず。

余裕がある人は、下がりきったところで「あとは上がるだけだし放っておけばいいや」と寝かせるタイプ。

釣り情報も似たようなものだけど、学問になっている経済学や心理学ほど論理でねじ伏せれるものでもない。

相手は何を考えているか、科学者すらわかってない魚と自然が相手。

当たるも八卦当たらぬも八卦」といえばそれまでですが、「釣れなくてもいいや」くらいの気楽さで行くのが、趣味の範囲である魚釣りではないでしょうか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!