くっさいウェーダーをなんとかする方法

20151127top19

汗やら何かで蒸れたウェーダーって、くっさいですよね。

それをなんとかするために、8×4や香水をかましてフローラルな香りにしたことがある。

それはそれで脱いだ後によりキモイ香りになったことがあったとかなんとか。

スポンサーリンク

ウェーダーの悪臭をなんとかする方法

悪臭の原因とは?

体表から出る汗が湿気となり、カビやバクテリアなどの微生物がヤンチャした結果が”悪臭”です。

つまり雑菌が原因──ということは、それらを死滅させればいいことになる。

ちなみにファブリーズ系は焼け石に水です。「Ag+」1缶使えば一応なんとかなる。

雑菌を倒すには塩素系漂白剤or熱湯

※ゴアテックス等の透湿素材では、目詰まりや変形を起こすので専用の洗剤を使用してください(後述)

熱湯はどの素材でも変形する恐れがあるためおすすめできません。これは殺菌に90度近く必要とするためです(何故書いた!)。

もし熱湯を扱うなら、ソックスタイプのナイロンがギリギリ耐えれる範囲……とはいえ、ウェーダー浸からせるくらいの熱湯を用意しつつ、熱に耐えれる容器を準備するとなると、ドラム缶で五右衛門風呂体験をしたくなるレベル。

ドライヤーやアイロンでも殺菌出来無いことはないが、死滅させるのには効率が悪すぎる。

そこで活躍するのが漂白剤である。

雑菌を倒すための注意点と手順

・注意点

脱水しようが内部は乾きにくいため、翌日に使う予定がある時はやめておいた方が無難。

日が出ている時を選び、屋外乾燥には最低1日ほど欲しい。陰干しや部屋干しなら、3日近くは余裕を取りたい。

塩素系の漂白剤を使用するので、着色した生地を使っている物は相性が悪い。

ついでと、軽い気持ちでFジャケット等を浸けた場合には、色落ちで気持ちも白くなる恐れがあるので、事前に確認すること。

あと塩素ガスでポックリしないために、風通しが良い場所でやってください。

・以上を守ってジャブジャブしましょう

100均なら粉末や液体もあるけれど、錠剤の方が目分量としてはわかりやすい。

大きなクリアBOXに3錠くらい入れて漬け込むのもいいけれど、表面には撥水処理をかけたいので、私はハンガーで吊るして水を溜める方。

ジーンズハンガー★税抜5000円以上で送料無料★激安祭

こういう口をがっぽり開けれるハンガーが乾かすのにも使えてオススメ。

全部水を入れて吊るすとなると、クリップが耐えられないのであくまでこれはサポートとして使うこと。ウェーダーは立たせるように紐か何かで物干し竿など丁度いい高さの物に繋げます。

臭いが「まだ大丈夫?」くらいなら片足1錠ずつ。すっぱ臭いワキガ的強烈タイプなら2錠入れる。

1時間くらい浸け置いて、洗い流さず脱水(内部だけなのでタオルで余分を拭き取る)。

裏返しにして外干し乾燥。ブーツ部分は乾きにくいので、新聞紙詰めたり後でドライヤーを使ったり。

生乾きは臭いが再発するので厳禁ですよ!

透湿素材の洗い方

撥水洗剤のNIKWAXを使う方法を推奨します。

洗濯機用の粉末洗剤を使うと、透湿素材の蒸気だけ逃がす穴が詰まり、ただのカカシになる恐れがあるので、専用の洗剤を使うことを強く薦めます。

こっちの方が消臭も兼ねて全種対応出来るし、浸け置きも可能なので楽な方法でもある。

何より撥水効果が付くのがイイ。

ウェアなど身に付ける製品も一緒にジャブジャブすると捗ります。

洗うのはオフシーズンやしばらく行けない時に

ウェーダーを使う釣りのオフシーズンって何時なんだろう……。短パンでいける夏なのか、それとも釣りにくい冬なのだろうか。

風が強く日差しも弱い乾燥している今の時期は、ウェーダーのメンテナンスに向いている時期でもあります。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

くっさいウェーダーをなんとかする方法
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク