出張でキャリーバッグに忍ばせておきたい振り出しのルアーロッド

20151202tp11

継ぎ竿は準備と仕舞うのに大して時間がかからないにせよ、持ち運びが面倒くさい。

薙刀や剣道の試合で遠征する時にこっそり仕込むことはできる、けど仕事でこっそりは難しい……。

振り出しのコンパクトなロッドは、DAIWAのわかってる感がしゅごい。

スポンサーリンク

『魚釣り』という趣味は、アウトドアの中でも自由度は高い

「…今更何いってるの?大丈夫?」

と思われそうだが、魚釣りは道具を最小限にすると”身ひとつ”で釣り場に行ける利点がある。

ハンドバッグを携えただけで堤防にきた人を見かけたガチメン。「観光かな?」と思っていたら、バッグから出てくる釣具の数々。颯爽ときて速攻釣り上げ、「あのー写真、いっすか?」と撮影して帰っていく。

そんな”旋風の釣り人”を支えるのが「コンパクトロッド」です。

コンパクトな振り出し竿のメリット

・仕掛けを付けたままでも仕舞える

・小型化しやすい

これらが最大の利点で、継竿にはできない芸当。

磯竿のような長く弾力を必要とする物は振り出し竿のほうが向いていて、曲がりの美しさでも継竿に勝ります。

デメリットはルアーフィッシングにとって深刻

キャスト回数が圧倒的に多くなるルアーフィッシングでは、ガイドが固定しにくくライントラブルに繋がるデメリットがある。ルアーロッドに継ぎ竿が多いのも、その対処をするに楽という点もある。

また『バット』を肉厚にしにくいため、大型魚に対する絶対的な耐久値が低い。

仮にブリが掛かったとすれば根本からえぐられるビジョンしか見えない。

振り出しのルアーロッドを持っていましたけど、ウツボにバットからへし折られた経験があるので、やっぱり大物には継ぎ竿がいいという経験がある。

でもライトな相手なら振り出しで十分

サーフや河川など、”大型が出やすい”箇所には向いていません。強度としては堤防でやるライトなルアーには向いている。

「シーバスロッド」のカテゴリでも、”シーバスのみ”にしか使えないと勘違いしている人が意外といる。

あくまでも向いているというだけで、やろうと思えばウキフカセでメジナもできるし、ブッコミでキビレだってできる。

港湾の食物連鎖の頂点に位置するシーバス設計だからこそ、他の魚では余裕であしらうことが出来るのも事実。

仕舞寸法はなんと52cm!

2本を紐で結んでいれば「これヌンチャクなんすよwww」で通せないこともない。

もっと短くていいのであれば、仕舞寸法30cmとかもザラにあるので、「遠出先に海(水)がある…、ひらめいた!」とせっかくなので釣りを楽しむことも簡単にできたりする。

長さが1mくらいでいいのであれば、20cmくらいの物もあったりします。

「モバイルロッド」で検索してみるといろいろありますよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク