「 ライフログ 」一覧

釣行記など記録

最後の一投は、せつない。in焼津【カマシング】

最後の一投は、せつない。in焼津【カマシング】

今日の見どころはなんといっても「駿河湾に風を呼び込めるか?」だったりする。 「(駿河湾は)ベタ凪だったよ!」「それ俺が居ないおかげネ」という会話が抜錨前に交わされていた。 これで10mくらい吹けば本物やろなぁと。それはそれでいい条件なのでドントコイ(強がり) 劇...

アングラー直送!釣った魚を買取してくれる回転寿司「武蔵丸」で鮮魚三昧!

アングラー直送!釣った魚を買取してくれる回転寿司「武蔵丸」で鮮魚三昧!

とある下見のついで──ですけど、前から気になっていた店に行ってきました。 釣った魚を買い取るサービスをしている、回転寿司の「武蔵丸」さん。 隣の県だし、売ることも食べに行くのもタイミングがなかった(20分あれば県境越えるけど) 豊橋にあることは知っていたけれど、...

迷惑なほうの風神認定を頂いたようですin焼津【穴釣り】

迷惑なほうの風神認定を頂いたようですin焼津【穴釣り】

前日の風予報では終日ほぼ無風予報。 駿河湾を展望した時には、潮目も綺麗に見えて、明らかに凪の状態。 「あれ? これ珍しくベタ凪でいけちゃう?」などと2人して思っていたのだが……、それはフラグだったようだ。 私の中にいた『神』が目覚めてしまった。 ──気がついた...

ショウジンガニとムラソイがコラボした欧風煮込みを作ったよ!

ショウジンガニとムラソイがコラボした欧風煮込みを作ったよ!

私の料理は、「適当」でできている。 毎回のように脊髄反射で作っているので、同じ料理を再現するためのレシピが存在しないだけ。 でも、だいたい行き着く先が決まっているのも、教養の少なさが垣間見える。 今回はショウジンガニをベースにしたブイヤベースを作ろう! ……と思...

煮汁の黄金比と煮魚料理を失敗しないため押さえるべき3つのコツ

煮汁の黄金比と煮魚料理を失敗しないため押さえるべき3つのコツ

煮汁の基本としての「黄金比」は、『水5:酒5:みりん2:砂糖2:醤油2』とされている。 これは味が淡白な白身魚に適している比率。なので、種類によっては適時変える必要性がある。 ただ煮るだけなら簡単だけど、煮魚料理として仕上げるのは意外と難しい。 自ら試行錯誤して...

釣果シェアリングで擬似大漁in赤羽根

釣果シェアリングで擬似大漁in赤羽根

釣り日和だった前日はどこへやら──。私が行くと告げた後、「強風・波浪」へと天気図が変化する。 そんなわけで、根魚調査に赤羽根のとある堤防へと向かう友人に便乗。 しかし今日のメインはショウジンガニ。 ……のつもり、だった。 予想以上に根魚達が出迎えてくれたのでし...

サンマの塩焼きパターンにも飽きたのでおフランス流にしてみた

サンマの塩焼きパターンにも飽きたのでおフランス流にしてみた

秋の味覚であるサンマ。この時期当たり前のように、鮮魚コーナーに鎮座する魚である。 安くなってきているし、調理もしやすいため、なんとなく買ってしまうのだが……。塩焼きというのも、いい加減飽きてきた。 蒲焼きなど和食アプローチは子供の頃から散々味わっている。 「じゃ...

見どころさんが行方不明な釣行記in焼津

見どころさんが行方不明な釣行記in焼津

道中でみた気温表示では11度。夜釣りであれば、ぼちぼち保冷剤も要らない時期にもなってきた。 一応保険として凍らせたボトルを買おうと、コンビニの冷凍ケースで──「これ買ったとしても、もう飲むタイミングがないよな」と気付く。 じゃあ食べ物を選ぼうと、うどんを買ってみたところ、...

当たり障りのない「クセのない白身」というコメントを解き明かす

当たり障りのない「クセのない白身」というコメントを解き明かす

”クセのない白身”ってなんだろう……。それって「味がない」ことじゃないのか? よくいわれる「クセがなく美味しい!」というコメントは、「特に褒めることがないけど体裁として褒めたい」時に使われる感じ。 「えーあー、うん、美味しかったよ(泳ぎ目)」となる、”印象に残らない味”が...

スポンサーリンク