ナチュラムオリジナルPEがコスパ最強の件

 

300m巻でも2500円。お財布にとっても優しいナチュラムオリジナルのPEラインが人気を集めている。

アジやロックな現在の季節に合わせて巻き巻きしてもいいのよ?

 

スポンサーリンク

安いから粗悪品という先入観は間違い

 

純国産を謳うのはどうでもいいのだが、4本撚りでこの価格帯は「他社のPEは何故高いのか?」と頭を捻りたくなるレベル。

パッケージを簡素化し、ラインスプールのみという全てをさらけ出していくスタイル。

 

ナチュラムオリジナルPEの”ライトゲーム”は0.3~0.5号(即納)。300m巻はジギングまで対応する0.6~4号まで対応(一部取り寄せ)。

サーフで不意にブリが来ても多分大丈夫ですね。

 

カタログスペック上では、耐力強度が他より若干落ちるものの、「他の安物ラインより使える!」という声が多い。

安いけど使える”という感想は非常に心強いもので、言ってしまえば『より高価な物と遜色がない』から、そういう感想が出るということに繋がる。

使いやすいというのはラインの質だと思う。

ゴワゴワせずしなやかな性質が、軽いリグを要するアジ・メバルに対して有効なのでしょう。

 

ナチュラムのオリジナルPE インプレその2
昨夜もナチュラムオリジナルのPEラインをあれこれ試してきました。 まずはアジから。 ジグヘッド単体...

インプレとしてはこちらが一番参考になるかと。

 

ライン
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生