新時代の電気ウキとは一体…?

私は餌釣りもやるマンです。なにより浜名湖は夜釣りもアツイので、電気ウキの新製品も多少なり興味はあります。

LEDが主流になってから小型化しつつ光度は増したり、ルアーみたいに重心移動で飛ぶ仕様になったりと、この分野もそれなりに進化しています。

てなわけで、大阪FSで見たウキ中で「これ欲しい!」となった物を紹介。

スポンサーリンク

単三乾電池を使う「マダカウキ」てのがあってだな

その現物はこんなの。

「懐かしい」と思う人もいるかもしれない。ひと昔前の浜名湖や大阪湾だと、夜のスズキ釣りでよく使われたウキなんです。

単三電池を使う大型のウキで、自重もあるから遠投可能。煌々な豆電球で視認性も抜群! ……しかし現在は、これを使う理由もなくなりました。

 

それはLEDが安価で便利な物になったおかげです。

小型かつ光度は電球より上、おまけに省電力だから、電気ウキは全てそれに成りかわってきました。

大阪FSで見た中には、「ここが光るの!? すっごーい!」なんてのもあって面白かったですね。

HIROMIの「e-波止シリーズ」

フラペチーノを飲むストローより細いのに、上部の2部分が点灯する電気ウキ、それが「e-波止シリーズ」です。

正直いって”ここまですることないだろう”の気持ちが強かったですが、波止で使う想定だし、足場が高いところから見下ろす形なら、点灯部分が高いほうが見やすいでしょうね。

細身で仕掛けを軽くできるから、小さい魚でも確実にアタリが取れます。

海釣り公園など、護岸整備された場所で遠投の必要がないなら、これは最良の選択になるかと思います。

──ちなみにハピソンには、頭が悪そうな5点発光もあります。

飛ばしウキと集魚灯を両立する「かっ飛びボール」

ライトゲームでネックなのは飛距離です。

仕掛けが軽いので飛びにくく、小型ジグヘッドに最高のタックルでどう頑張っても、30m飛べばいいほう。

それを補助してくれるのが「飛ばしウキ」の存在。

かっ飛びボールは光るため、どこにリグが飛んだかわかりやすいし、タチウオ相手には集魚灯にもなります。

沈降速度は4種類、カラーは3種類、中通しと菅付きで2種類。

こだわり尽くすとキリがないですが、万能なのは「緑色」です。水深が深くなるほど青っぽいのがいいらしいですけどね。

スポンサーリンク

じきに充電タイプとか出てきそうだな〜

Bluetoothヘッドホンは本体にバッテリーを仕込めているので、電気ウキも充電式にできないことはないでしょう。

でも実際やると、充電コネクタが本体より大きくなりそうだし、防水に塩対策はさらに難関だろうなと。

そう考えると作るメリットが全然ないな!

 

Apple pencil(2代目)が本体に磁石でくっつけて給電するから、いずれはそんな電気ウキが出てきてもいいんじゃないかな。

無線充電可能な電気ウキ……エサ箱がモバイルバッテリーで、そこに置いて都度充電してくれるとか? 沈むとセンサーが反応して端末に「きてる! きてるよ!」と知らせてくれるとか……。

そういう発想は簡単にできるけど、「その機能が欲しいか?」と問われると、なくてもいいと思います!(台無し)

ヒロミ産業株式会社|ウキ・電気ウキ・ミライト・LEDライト等
釣用ウキ・LED付リチウム電池等製造メーカーです。
Hapyson
Hapysonの釣用品、電気ウキ、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリー、光る作業台、光るんクリップ、携帯型魚群探知機、ライン結び器、針結び器、エアーポンプなど、釣具商品に関する情報をご紹介するWebサイトです。
インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生