Kindle Unlimitedで読めるオススメの魚釣り教本

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」は、初回登録時から30日の無料期間があります。

この読み放題サービスには、数多くの釣り雑誌も対象に入っています。無料期間中にこれを読みふける手はない! ザッとワンシーズン分を追いかけて、ひとつのジャンルを極めてみてはいかがでしょう?

そんなわけでおすすめの本を紹介します。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedの30日無料期間を活用すべき理由

AmazonのKindle(電子書籍)サービスは、有料会員(プライム)でも読み放題対象の本があります。でも古めだし、人気薄から選ばれるため、マイナージャンルは数が少ない難点もあります。

その点、月額サービスのKindle Unlimitedは、ビジネス書からマンガまで、和書なら12万書が読み放題です。ちなみに浜松市で最大の図書館の蔵書数は約48万冊です(重複もあるけどね)。

……まあどう考えても、無料期間で読める本と時間は限られています。

ここはジャンルを絞り、目的も厳選して選び抜かないと、”オトク”を最大限活かせません。なのである程度、魚釣りに絞ってオススメ本を挙げてみました。

読み放題でオススメの魚釣り関連の本

とりあえず基本をこういう本から学びましょう。「もう完璧だぜ!」って自負する人も、無関係のジャンルを知ることで、得意ジャンルに新たな風が入り込むこともあります。知識とは、一方通行じゃダメなんですよね。

Kindle Unlimitedの強みは、雑誌の最新号も読めるところ。多ジャンルの雑誌を読めるから、書店で立ち読みするか定期購読するよりも、読み放題はオトクになりますね。バックナンバーから1年のシーズンを追いかけることで、「次は何が釣れるか?」を知ることもできます。

増補改訂版 釣り魚のさばき方 (ブティック・ムック)
ブティック社 (2014-04-18)
売り上げランキング: 3,668

読み放題なら料理のレシピ本もカバーできるので、魚料理のレパートリーも増やせますね。魚の捌き方(下処理)は、どの魚にも基本があるので、なんでもいいから1匹は完璧に捌けるようになりましょう。

村越正海さんの著書は個人的に推したい。海から淡水までこなし、エサとルアーどちらもOKなオールジャンルの伝道師であります。古くから指南書を出しているため、図書館でも蔵書に出会うこともあります。「えっこんなの釣れるの?」と感じる魚以外の釣りも紹介してくれます。

レジャーフィッシング 2018年 9月号 [雑誌]
KG情報 (2018-08-06)
売り上げランキング: 79,822

これからはじまる湾内の「タコゲーム」を学ぶにちょうどいいかな。西日本でも四国・九州寄りの情報誌なので根魚に青物、フィールドは磯がメインになります。

特化型リールの理由
特化型リールの理由
posted with amazlet at 19.05.28
竹中由浩 (2019-03-25)
売り上げランキング: 25,339

Kindleには電子書籍オンリーの個人出版本もあります。これは地球丸刊行の「ソルトウォーター」内にあるコラムから抜粋された本。個人出版はさらにディープな世界を見れたりするので、興味のまま開いてみましょう。

スポンサーリンク

本を読む時間をどこで捻出するか問題

一日のうち、もっとも知識が入りやすいのは起床直後です。脳がリセットされているためですね。しかしこの方法は、起きてすぐ出かける準備をしなければならない人には無理です。

電車通勤ならそこを読書にあてれますが、車通勤だとできません。電子書籍は手に収まる小さなスマホに、何万と詰め込めるメリットがありながら、いつでも読めるわけじゃない難しさもありますね。

私はKindleを読む端末に「Fire8」を使っています。iPhoneでも構いませんけど、書籍リーダーアプリはAndroidのほうが充実しているので、読むならAndroid端末がおすすめ。

私の読書タイムは息抜きで読むほう。じっくり読むのはジップロックにFireを入れて、入浴中に読む場合。30分あればビジネス書1冊は流し読みできるし、読み放題のリマインドから気になる本を適当に選べばいいだけだし。

──知識を得るためなら、好きなジャンルは決めないほうがいいです。乱雑に読んで単語を学び、教養を蓄積するほど、読むスピードは自然とあがっていきます。ベストセラーになる速読の本は多いですが、共通するのは「基礎知識があること」なんです。最低限の読解力がないと、文字を瞬時にみて理解なんてできませんしね。

Kindle Unlimitedを体験してみる

月に1冊以上本を読むと年収があがるらしい

2009年の日経新聞データで、年収400-800万クラスの人は、月に2557円を書籍に使っているらしい。これはビジネス書換算すれば、1冊以上になります。

本を読むと賢くなります。なぜかといえば、著者と対話できるから。

本は著者の思想と知識を語ることで完成するもの。偉人伝ならば、その人の一生とノウハウを一気に知ることができます。「トライ&エラーの疑似体験」とでもいいますか、著者の学んだ知識を総動員して放出してくれている1冊なので、自分だけで学ぶよりも格段に早く、知識を詰め込むことができます。

本を読むことって、最も簡単な勉強方法だと思うんですけどね。

真似をするなら映像から

単純にモノマネをするだけなら、TVやYouTubeなどの映像から学ぶほうが早い。だからスポーツやストレッチなど、体を動かす動作を教えるには「画」が必要なんです。

一方で文章のみですと、”正しい文法”が自然と学ぶことができます。文法は伝えやすい文のルールみたいなもので、これが基礎教養にあると、資料作成やプレゼンなどの論理立てに役立ちます。

市場特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生