釣竿をゴミとして捨てる?それともお得に捨てる?

不要な釣竿をゴミとして捨てる?それともお得に捨てる?

折れて使えなくなった釣竿は、どう捨てたものかと悩みます。いつのまにか7本くらい貯まっていたことも……。古すぎる製品だから修理するのもアレだし、フリマに出そうにも送料がアレすぎるし……。

なるべく簡単に安く済ませる方法はないかと考えた結果、2通りの処分方法に行き着きました。当記事では、不要な釣竿を「捨てる」「売る」の2通りで処分する方法をまとめています。

スポンサーリンク

釣竿を捨てる方法は2通りある

使わなくなった(使えなくなった)釣竿は、だいたい2通りの方法で処分できます。

  • ゴミとして出す
  • ゴミだけど売る

──どちらが生産的かは明白でしょう。でも”面倒さ”に違いはありません。

まずは「ゴミとして出す」方法から。……実はもっとも簡単な処分方法かもしれません。

釣竿をゴミとして集積所に出すには?

不要な釣竿はゴミ収集のルールを守ることで、燃えるゴミの日に回収してもらうことが可能。金属製品が一部に使われていますが、ルールを守れば出すことできます(行政の分別区分次第)。

釣竿はカーボン素材のブランクス部と、ガイドやリールシートの金属部に分けることができます。それぞれに分解して「燃える・燃えない」に分けて捨てるのが望ましいですが、その手間を惜しみたい方は、以下の方法を参考にしてください。

  • 分別せず捨てたいなら”短く”するように!

浜松市のルールだと、60cm以下なら釣竿は燃えるゴミで出すことができます。なので1mあろうが10ft(約3m)の1ピースロッドだろうが、”60cm以下にカットする”一手間があれば燃えるゴミに出すことができます。

ちなみにカーボン部は糸ノコ(歯が細かいタイプ)がカットしやすい。パワーでへし折って繊維をハサミで切るのもアリです。

ちなみに横浜市を参照したら、”50cm以下で燃えるゴミ”でした。行政区間ごとにルールは違うため、Google検索するなり電話するなりで、必ず確認しましょう。

横浜市で釣竿を捨てたい場合は、50cm未満にして燃えるゴミか、粗大ゴミ。
分別検索ができるので製品タイプで探せるから便利
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/
  • 分別が面倒なら回収依頼を

浜松市では”60cm以上の釣竿は連絡ごみ”になります。1回300円(2019年10月から310円)の費用がかかりますが、1度に5本まで出せるのが強み。壊れた釣竿を多く抱えている人にとっては良コスパです。

浜松市で釣竿を捨てたい場合は、60cm以下なら燃えるゴミ、それ以上は連絡ゴミ(粗大ゴミ)になります。
分別区分ページに飛んで「Ctrl+F」でページ内検索すると楽
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shori/gomi/dashikata/dashikata/index.html

おそらくほとんどの区域で、一辺50cm以上は粗大ゴミ扱いになると思います。その際は数本まとめて有料で出すほうが賢いかと。自分でカットする手間も省けるし、時間をお金で買う感覚も大切です。

スポンサーリンク

ゴミのような釣竿でも一手間で宝物に?

釣竿がゴミになる瞬間は、折れてしまった場合が多いでしょう。でも 「折れてないブランクス」「ロッドガイド」「リールシート」など、まだまだ使える部品はありますよね?

たとえ一部の部品でも、”同じ釣竿か同じ規格の製品”に流用することができます

なので部品単位なら売り手が見つかる可能性は高い。特に古い型のロッドガイドとリールシートは、ビルダーや修理業者が血眼で探している可能性もあります。

燃えるゴミに出す前に、価値を見出してはどうでしょう。

使わない釣竿のパーツを売る時のコツ

釣竿を部品で売るなら「ヤフオク」がおすすめ。その理由は、部品名だけでもGoogleなどの検索エンジンで表示される可能性が最も高いため。キーワードを意識するとより効果的です。

必要なキーワードを入力するコツは、”釣竿を言葉で説明する”ことを意識するだけ。

例えば振り出し竿なら、「製品名」「ガイドセット」「無事な継本数」「パーツの名称」などがキーワードになります。それを商品名と紹介文に入力しましょう。すると……ヤフオク以外の人たちからも、検索エンジンで見つけてもらいやすくなります。

フリマアプリで売ることもできますが、商品を探すために同アプリで検索しないといけないため、見込み顧客はどうしても少なくなるデメリットがあります。この方法を取るなら「メルカリ」など、登録ユーザー数が多いアプリを選択すること。

釣具の買取業者に依頼してみる

釣具を取り扱うリサイクル店も多いですし、釣具販売店でも買取を行っている所もあります。

実店舗に行く必要がありますが、処分するまで短時間で済むのがメリット。二束三文でも手元に現金がくるなら、分別してゴミ収集に出したりオクに出すより効率はいいでしょう。ここまで提案された方法より”楽”を選ぶなら、ネットで買取依頼をするのもいいでしょう。

釣り用品の宅配買取【リサイクルネット】

リサイクルネットでは、全国どこでもダンボールに詰めて送るだけで、1点からでも買取査定をしてくれます。釣具全般を買い取ってくれるため、不必要な物をチョイスして、まとめて出すといいと思います。

ゴミを売るのはやっぱり手間がかかる

釣竿は一辺が長いため”定形外”になりやすく、輸送費用がけっこうかかります。個人売買で送る際は送料をちゃんと確認しておくこと。一辺90cmの定形外小包で、だいたい3000円近くかかります。なので2ピースロッドはへし折りたくなるレベル。

売値に送料を足す考えだと、「破損して使えないのがどうして3000円もするんだ!」ってなるわけだし、相手が送料負担でも定形外の罠を知らなければ、低評価になりかねません。

なので本当に要らない釣竿なら──

  • 分解してガイドセットとして売る
  • リサイクル店に売る
  • ゴミとして出す
  • リールの糸巻き用に残しておく

などの方法が無難かな。──ガイドはリングよりも金属が先にヘタるので、いくつか手元に残しておくのもいい。固定タイプは交換が面倒ですが、振り出しの移動型なら交換は簡単ですしね。

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ
ヤフオク!は、お店にないものも見つかる買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん!
ごみの出し方/浜松市
ごみ・リサイクル
Tips ライフハック 特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました