助成金で遠征釣行を計画するなら7月上旬までがチャンス

梅雨も明けそうだし、助成金で遠征釣行を予定するなら7月中がチャンス

県跨ぎの自粛も解除され、観光業の休業も明けはじめ、梅雨明けも間近な現在。──そう、(集客イベントが軒並み中止なク○)熱い夏がやってくる……。

今年の夏は「旅行」に助成金が充当されるので、遠征がお得かもしれません。本来ならオリンピックで「メダル! メダル! ヴォー!!」ってなっていたはずだしね。まあその分、できることからやりましょう。

スポンサーリンク

「GoToキャンペーン」がはじまるのは一応8月から

国内旅行に助成金を使える「GoToキャンペーン」は、国土交通省の発表ですと「8月」になっています。が、予約自体はすでに始まっています。

何故始まっているかは、キャンペーンが7月・8月の宿泊に適用されるため

今から夏の予約をすれば、勝手に適用してくれる旅行代理店、もしくは宿泊施設が多いわけです。キャンペーン自体は主に旅行代理店を介する予約が該当。そこに予算が割当されているため、概算分だけクーポンを配り、後で国から回収する感じでしょう。

代理店を介さないなら、自ら予約することが条件。この場合は宿泊料金に(助成金分の)割引が適用されているケースが大半でしょう。”どこでも必ず”ではないため、確認したほうがいいです。

Go Toキャンペーン最新情報はこちら!旅行実質最大半額、飲食代金補助など
◯「GoToトラベル」発売開始:ヤフー・JTB・るるぶ・ゆこゆこ・近ツー・日本旅行・HISなど⇒ご予約はこちら ◯30日:GoToトラベル(楽天トラベル・JTBなど) ◯29日:GoToトラベル(JA

楽天トラベル・ヤフートラベル・じゃらん、など……。クーポン配布している予約サイトは既に完売御礼状態。でもキャンセルの可能性は残されているし、カネを出すのは何も「国」だけじゃありません。

地方自治体が独自の助成金を出しているケースもある

私が住む静岡県では、県民が県内で宿泊すると最大5,000円──てのがあります。

1泊最大5000円助成発表 県民対象、16日からクーポン配布|静岡新聞アットエス
川勝知事は静岡県内宿泊施設を利用する県民を対象に、1泊当たり最大5千円を割引助成する観光促進キャンペーンを6月中旬から順次実施すると正式に発表した。インターネッ…

記事ではじゃらんが対象になっていますが、助成金は静岡県の予算から出されているため、宿泊施設が独自に申請しているところもあるわけです。その場合はこちらから探す必要があるため、「探すのが面倒くさい」といえます。

隣の愛知県も”予定”には組み込まれていますね。

県内旅行に上限1万円負担へ 観光関連産業に支援策 愛知県
 愛知県は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で観光産業に深刻な影響が出ていることを受けて、新たな支援策を発表しました。 愛知県が明らかにしたのは、ホテル

もともと「移動自粛中」でも観光業を回すための施策だし、まずは自分の住む県から探してみるのが定石。

壱岐島へのヒラスズキ釣行がお得に

離島への移動宿泊費にも助成金が割当られ、県内を移動するよりも(若干)手厚い感じがします。例えば「壱岐島への観光キャンペーン」はネットプレリリースもあって、早い時期から知ることができました。

こちらのキャンペーンは終了しました
壱岐島の楽しみ方・過ごし方の特集。”withコロナ時代”の旅行は、混雑を避けて、離島でゆったり過ごしませんか? 壱岐市では、市内の宿泊が5,000円もお得になる割引クーポンと、往復船利用・宿泊・食事がセットになったお得なプランを販売します。 福岡からたった1時間!エメラルドグリーンの海と極上...

宿泊プランには8,000円の補助分が割引されており、最大3泊までが対象となっています。それ以外もかなり手厚い補助があり……

気軽に壱岐での旅行を満喫できるセットプランが6月15日(月)から販売開始!
往復船利用代(博多・唐津東港 ⇔ 壱岐間)、宿代(1泊2食)、各種体験メニューを揃えた選べる着地型旅行商品付き。
民宿からミシュラン認定の高級ホテルまで、28軒のお宿から選べます!
さらに、おひとり様あたり1泊2,000円分の電子マネー「しまとく通貨」をプレゼント!
壱岐での滞在がもっと楽しくなります!

https://www.ikikankou.com/feature/stay_coupon

寝床から食事にお小遣い(島マネー)などなど、かなりVIPな待遇で離島宿泊が可能になっています。

今年の梅雨明けは7月10日頃。それからしばらく快晴が続くし、台風シーズンも少し先なので、遠征釣行をキメるなら、ここが絶好のタイミングといえるでしょう。

いっぽう新島・伊豆諸島方面の旅行には「待った」がかかる

新島と伊豆諸島は一応「東京」です。未だに新規感染者も現れているし、都民だからといって移動が自由になっているわけでもありません。国が許しても、世論が許さない──みたいな状況。

これらへの移動はできるものの、まだ助成金で観光業を助ける段階には至っていない模様。

☆東京都大島支庁ホームページ☆
スポンサーリンク

新生活様式を忘れずに!旅行先に迷惑をかけないようにしましょう

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました

世間は既に”終わった”ムードが漂っていますが、世界を見渡せば最高潮と思われた4月期よりも、新規感染者が増えている状況。終わったムードが流れているのは東アジア圏くらいですね。

夏場にマスクはきついですけど、他人を安心させるためにわかりやすい道具だと思っています。あとは未だに咳マナーができないバカから自衛するため、の意味もある。いくら自分が完璧な対策をしても、不慮の事故は悪意がない流れ弾みたいに訪れるものです。

助成金で観光業を助けるつもりでも、再度の感染拡大に繋がってトドメになる可能性も捨てきれない。そのためにも、感染症対策は常に忘れず行動するようにしましょう。

Yahoo!トラベルで国内旅行を探してみる?

タイトルとURLをコピーしました