日本が水産資源を乱獲?──いやいやんなアホな

 

日本は水産資源を守っている!」と思っている人は多いかもしれない。でもそれは間違いで、先進国の中では最も自然に対しては無頓着だったりする。

クロマグロの法的な漁獲規制”が全国ニュースで流れたとき、「トップがこれじゃしょうがねぇな」とは感じたが──それでいいのだろうか。

 

スポンサーリンク

海に囲まれているからこそ魚はいくらでもいると思っている日本

 

思いやりとおもてなしの心を美徳としている私達は、意外と些細なことで喧嘩をする。それは「生き物と食べ物」の境界線はどこにあるかという話、『生命とはなんであるか』について。

牛や豚を殺すのはかわいそう」というが、ランチに含まれているベーコン指差して、「今食べているそれはいいの?」といわれて「違うもん!」みたいな話はよく耳にする。

この問題に関して世界でも統一的な意見はない

 

水産資源の減少は獲り過ぎではなく獲れ過ぎが原因?

 

日本の乱獲が原因で減ってしまった魚たち――水産資源を守るために必要なこと | 日刊SPA!
漁獲量が激減しているの日本の漁業。水産庁はサンマやスケトウダラなど7種目に漁獲可能量の上限を設定しているが、実質的な意味はないも同然。水産資源を守るために必要なこととは?◆日本の乱獲が原因で減ってし…

 

今現在、鮮魚売り場で当たり前のように見える魚たちは、どれも獲り過ぎてから居なくなる可能性に気付いた。そんなわけで、自然と共に歩んできた歴史を持ちながら、我が国の水産資源管理はかなりザルなのである。

獲れるだけ獲っておいて翌年不漁で嘆くとか、いやそれ当たり前だろうと。

そしてそれを、何かと”自然のせい”にする日本は、ミスを部下になすりつける様をよく見かけるドラマのような実態が当たり前になっている。

 

日本は、なぜ乱獲を放置し続けるのか?水産庁の言い分を検証|勝川俊雄公式サイト

 

日本の漁業は個人事業主としての営業が多数を占め、申告こそはするものの、全てを管理するには難しい状況下にある。

今まで漁獲制限と謳っていたものは、各個人事業主の裁量に基いて行われていたと、今回のマグロ規制で水産庁がようやくゲロった。ようするに、「するとはいったけど、国の機関だけじゃ無理だよぅ」と言い訳をしたわけ。

数値なんかいくらでも弄りようがあるし、「純粋に数が減っている、ならば捕るのをやめよう!」と先に大間の漁師が気付いて、自ら操業を止めたという話もある。

ホント、水産庁って何してんすかねぇ……。

 

 

水産庁「法規制を検討するが、するとはまだいっていない」

 

マグロ規制にゴネまくっているのは、もはや中国と日本のみ

食文化を守るため」ともっともらしい言い分が存在するが、獲らず・食べずに我慢することが出来ない国だったりする。中国は輸出先がなくなるから、とにかく”制限”だけは回避したいのだろう。それは日本も同じだが……。

人の手で手厚く保護されている水族館でさえも、個体数の維持と増やすことには手を焼いていると気付いて欲しいものである。

 

20年ほど前に漁業で革新があって、少ない人数でも大量に獲れるようになり、水産資源は激減する。イワシ・アジ・サバ・サンマなど、無限かと思われたこれらの魚も居なくなると気付いたのが10年くらい前。

現在は少ない魚を求めて、最新鋭の機器で立ち向かい、それでも採算が合わず続ける理由がないのに無くなって欲しくない……。そんなジレンマを抱えるのが、日本の漁業である。

 

スポーツフィッシングと称して、大型魚のランディングに容赦なくモリをぶっ刺すのも、日本ならでは。「ロウニンアジ(GT)には使ってないじゃん!」──それはなぜかというと、シガテラがあって食用に向いてないから

マグロや大型カンパチ・ヒラマサ・ブリなどは、船上にあげられる前に容赦なく締められているのが現状。

捕獲した魚に対するリリースのジャパンスピリッツ(笑)は、食えない魚は丁重に扱うが、食える魚には容赦しない

 

厳密には”食えない魚”のほうが絶対数が少ないけどね……。

「臭い」だの「まずい」だのでブラックバスとシーバスは、”食べれない”と思われリリース精神がどこか神格化されてしまっている気がする。

全然そんなことないのにね。

 

まあちゃんとリリースまで放送するシーンがあるのが、これらとGTくらいなものだから、釣り番組も乱獲を教唆してるようなものです。

水産ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生