手間なしで魚料理を激ウマにする3種の調味アイテム

「魚を捌いたあとどうしよう……刺身? 焼く? 煮る?」

毎回迷う……だからこそ、楽して美味しく仕上げたい。

そんな時に使っている、マスト神器の調味料を紹介。

スポンサーリンク

「おぼろ昆布」でコスパ抜群で手早い昆布締めを

昆布締めをするに乾燥昆布は欠かせません。日持ちはするけど、地味に高いのが気になる。

そこで代用できるのが「おぼろ昆布」

安いしそのままで食べれるし、刺身にかけておけばそれだけで済むので、お手軽さも抜群!

 

「乾燥昆布を使う昆布締めとは何が違うの?」と、疑問に持つ人もいるでしょう。

乾燥昆布は余分な水分を吸ってくれるので、昆布締めにおいては、熟成を極めたい際に使うのがむいています。

おぼろ昆布は簡易的なもので、本気の熟成に比べれば劣りはします。塩こんぶも有りやで。

煮物の最終兵器!「濃縮タイプのめんつゆ」

めんつゆは素晴らしい(唐突)。

職人の魂がこもった「出汁」を、気軽に家庭で楽しめるのが強み。

 

煮物料理に使うなら、3倍濃縮タイプがおすすめです。

濃縮タイプは薄める割合次第で、素麺など麺類に使えるし、肉じゃがやおでんなど、醤油ベースすべてに使える万能性があります。

あまりにも放っておくとカビるから要注意。

出汁は製品によって、「昆布」と「カツオ」があります。

コトコト煮て染み込ませるなら昆布。出汁の香りも頂く椀物はカツオが向いています。

パスタに少し入れて、和風ペペロンチーノもいけますよ。

まぶすだけで美味しいムニエルができる「からあげ粉」

ムニエルは下味が弱いと、まぶす粉に味がないため、寂しい味になりやすい。

「からあげ粉」はすでに味がついている粉なので、魚の下味が弱くても、サラダ油で炒めるだけで香ばしく仕上げられます。

まぶすだけで簡単だしね!

 

バターも高くなりましたし、サラダ油でもオリーブオイルでも、十分旨味を出せるのでオススメ。

ハゼにからあげ粉をまぶして揚げるとメチャうま。

素材の味を活かし……てはないです

これらの方法は、大衆魚に向いている方法。

なぜかというと、クセとクサミがないほうが万人に受けるので、大衆魚に認定されやすいからです。

身の旨味が弱い白身魚に使うのがおすすめ。「あれ? 味なくね?」と感じた時に使うと丁度いいでしょう。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生