ビーチウォーカーフリッパーの損している部分

発売された「ビーチウォーカーフリッパー」をみて、「あれ?」と思ったことがあった。

形状が想像の範囲外だったので豆鉄砲を打たれた気分でした。

スポンサーリンク

ルアー自体が損しているわけじゃないです

サイトの紹介」でも「ヒラメハンターの紹介」でも──、「どうせスピンビームの焼きましだろ?」と思ってはいました。

真横から撮った写真ばかりなので、形がもうソレに見えてしまっていたから。なので買いたい欲は低かった。

 

でも現物を見て考えが変わる。

アレと違う使い方ができるのでこれは面白そう、と(手のひらローリング)。

なんだかんだでルアーは「形状」が大事

 

 

縦から見ると、横から見ただけとは違う。これだけでどう泳ぐかがわかりやすい。

メタルジグだと、角ばらせると「ヒラヒラ」落ちてフラッシング重視になるし、丸みを帯びさせると「ユラユラ」と落ちて小魚っぽくみえる。

「スピンビームに似ている」の先入観があると、前者になる。

なのでBWフリッパーに対する初見イメージは、世に在るメタルジグと大して変わらない……そう思っていたわけです。

 

そこを裏切ってくれたのが、この形状でした。

「これはテンションフォールが効きそうやな」と。

欲をいえば20gちょいのモデルがよかったんですが、それならバイブレーションでもいいしなぁと自己完結。

「損をしている部分」とは?

これは他のメーカーもそうなんですけど……ネット通販が主流となった現在、広告として商品の一部だけしか表示しないから、実物を見ないと肝心のアクションが何も見えないのです。

メーカーの紹介文より、実物(3Dモデル)と重さがあれば、だいたいのレンジとアクションはわかるので、「釣れる!」とか「飛ぶ!」はどうでもいいんですよね。

同じ悩みを持っている人は、いるんじゃないかなと。

 

食品なら「味の感想」だけでいいんですよ。

ビジュアルから想像しにくい”モノ”は、サイト情報だけでは購入しづらいです。

 

例えば無印良品の「磁器歯ブラシスタンド」は、1枚目の写真だけ見ると、「うわなにでかくね?」と錯覚してしまう。

けれど、歯ブラシスタンドとして使っている2枚目の写真で、多きさも何もかも想像できてしまう。

この明確さが釣具の通販に欠けていると感じています。

「距離の死角を埋める」とは?

アレよりフロントアイを下部にすることで、リトリーブ時の浮き上がりが早くなります。

ペンシル系ではよくありますが、メタルジグでは珍しい。

これがどんな効果をもたらすのかというと、他のメタルジグより上のレンジを、それより遅く巻けること。

 

知っての通り、メタルジグは鉛の塊。むしろ沈みすぎるルアーです。

ヒラメは底から1m以内を引くのが効率的。でも沈みすぎる(重すぎる)ルアーでは、そこを通すのに動きが速くなってしまう。

 

ベイトを追ってジャンプしている高活性なら、速かろうが遅かろうが問題ない。

ただ低活性時だと、「フォールが遅い系」が有効です。それはメタルジグが不得意なアクションでもあります。

”距離の死角を埋める”とは、「今までのメタルジグではできないことをできる!」ということ。

簡単にいうと、スピンビームのスローピッチチューンみたいな感じですかね。

ストップ&ゴーに遅いフォールとバックスライドを取り入れる

久保田氏が提案するとってもわかりやすい「369メソッド」を例にすると──

 

 

これは「45HEAD」の特徴を活かしたメソッドでもありますが、浮き上がりがいいフリッパーにもマッチします。

フリッパーはラインを張った状態でフォールさせると、ヒラヒラとカーブフォールをします。

ラインを張らないフリーフォールだと、後ろに「スッ」とスライドします。

後方重心の特徴でもありますが、活性にあわせてこの切替をしてみるのも面白いかもしれません。

やる気があれば追ってくるので、ただ巻きでも釣れやすい。

けれど、追っていた獲物が姿勢を崩して自分に迫る──というのも、なんだか釣れそうな気がしません?

ルアー
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生