冬季のインナーに釣りメーカーを選ぶ選択肢はいらない

冬季の防寒で「インナーシャツ」の素材は重要です。

釣具メーカーから販売されているのは、「うちの広告塔になってね☆」代が含まれており、専門ブランドよりも割高だし、優れているわけでもない。

 

ということで、値段に見合うパフォーマンスを優先するなら登山用がオススメ。

スポンサーリンク

インナーは「ヒートテック」の時代も終わった

ヒートテックはオワコン気味。そうなったのも、各メーカーが類似品を出して価格競争になったからです。すると特別に良い物を探すのが面倒になります。

値段に関係なく、作りはどれも平均値で”使えないわけじゃない”。

でも生地が薄すぎるのは「保温? なにそれ?」になるので、値段は質の指標として重要です。

厳寒期だからこそインナーに通気性も必要な理由

厳寒期の釣りは、だ突っ立っているだけで熱が奪われメチャ寒い。

だから心理的に「とにかく厚めの服を……」と、保温を優先する服選びをしやすい。

それは冬季においてあまり正解といえません。

 

インナーシャツに通気性が問われるのは、発汗を外に逃がす必要があるからです。

動かなくても暖かい格好であることは、多少でも動くと暑くなる格好でもあります。

それで発汗すると、冬は命取りになる恐れもあるんです。

 

 

私は「暖かいし、ヒートテックだから大丈夫」と言い訳をした。しかし経験豊富な先輩曰く「ヒートテックを使用する場合向いていない条件がある」と言った。その条件は「気温が低い条件下で、発汗する場合」だ。それらの条件下では、非常に不向きなインナーウェアであるということだった。

 

極寒の地では発汗からの体温低下が命取り。

ヒートテック系のインナーは保温に優れるけれど、撥水性はあまり期待できません。なのでアウトドアには向いていなかったりする。

間抜けなチョイスはゴアテックス+ヒートテック。

汗を乾きにくい肌着で吸収して、せっかく蒸気を逃がす素材なのにどうやって外に逃がすのだろう……。

 

ようするに「地肌に着るなら普段着にしよ?」というわけ。

でも発汗からの揮発で体温低下を防ぐ、そんなインナーシャツが存在するのか?

──あるんだよなぁ。

アウトドアにオススメできるインナーシャツ

モンベルのシャツは、同タイプのシマノ製インナーの半額です。

速乾性と保温でジオラインは高評価。主にバイクや登山など、スポーツ方面で使われています。

ならば釣りで使えないわけがない。これはオールシーズン使えるのも強み。

 

登山やトレッキングを主戦場とするモンベルは、そのノウハウをもとにしたアパレルを産み出し、防寒・耐久・値段のコスパは世界でもトップクラス。

釣りメーカーはこういう所に委託して作ってもらうから、どうしても高くなってしまいます。

シマノのインナーは誰もが宣伝こそするが、良いという話は聞かないんだよなぁ……。

 

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました