マイナー路線と新鮮さで選ぶフィッシングショー2017の歩き方

 

今週末(1/20~22)はジャパンフィッシングショー2017が、みなとみらい・パシフィコ横浜で開催されます。

このイベントは新商品のお披露目がメイン。

来場者は全国の誰よりも、新しい情報を仕入れることができます。

 

とはいえ、大手の情報は(ネットで)真っ先に出回る。

露店巡りのようなこのイベントは、ちょっと隠れた「今まで自分に関係しないカテゴリを覗いてみては?」という歩き方を提案をします。

スポンサーリンク

脳の活性化には新しい情報を入れるのは手っ取り早い

日々進化していく技術は、釣り業界も当てはまります。

こだわりを持つことは悪いことじゃないけれど、時代に乗り遅れやすいし、新技術を受け入れ難い体質にもなってしまう。

 

仕事でも魚釣りでも、恒久的に長く続けると、考えることが薄れていきます。

ようするに慣れてしまうわけ。

この状態になると脳は働かなくなるため、筋力のように考える力(思考)も衰えていきます。

 

──それを防ぐためにはどうしたらいいか? それは簡単です。

今までやったことのないことをやればいいだけです。

自分の好きな釣り以外を知る

地域によって対象魚はどうしても固定されやすい。

けれど、釣り方はいくらでも変えようがあるじゃないですか。

餌でしか釣ったことがないのなら、ルアーでやってみるとか。

きっかけはそんなものでいいんです。

 

フィッシングショーは各企業がブース(露店)で広報をしているので、新しいことに触れる機会が圧倒的に多い。

お気に入りのメーカーは誰にでもあるでしょう。

けれど、それ以外にも目を向けてみては? が今記事のコンセプトです。

マイナー路線で攻めるフィッシングショーの歩き方

『◯マノ』『ダイ◯』なんて、釣具屋とブログがこぞって取り上げるしつまんねぇ……。

ということで、ちょっと違った視点でフィッシングショーを歩いてみましょう。

そんな有名メーカーの製品なんて、ウェブ上でも触れますから(誇大)

釣り専用のフィッシングデモカーを展示する『E&A』

ハイエースなどのドレスアップを手がける『E&A』は、釣り専用にカスタムしたハイエースのデモカーを展示します。

この他にも1社は同じような釣り専用フィッシングカーの展示を行っています。

 

http://www.eanda.co.jp/index.shtml

 

たとえばこんなハイエースはどうでしょう。

ハイエースの居住性とスペースは、釣りだけではなく、自転車やバイクだって積むことができるし、車中泊もはかどります。

なんといってもパーツの多さが魅力的。

ロッドを何本も積んで、にわかアングラーを威嚇したい方は展示ブースへ足を運んでみては?

リールシートがないけどガイドがある超感度のロッド『㈱EMT』

「へら竿かな?」と思ったけど違う、ユーザーが自由にリールを付けれるカスタマイズロッドを販売する『EMT』

中身は空洞でチューブ状のロッドという、いってしまえばどれでもそうだけど、あえてそれを前面に出してくる姿勢は好き。

 

Vertical Pro
”超軽量”と”超高感度”を極限まで追求したらこのスタイルとになりました。いま、全国的に話題の”ヌードグリップ”の超高感度をお試し下さい。

 

ソルトではアジングロッドとして活躍できそう。

ライトな釣法に満遍なく対応できるロッドといえる。

自分でリールを付ける必要がある敷居はあるが、「感度」や「軽さ」に究極を求めるのなら、一考してみては?

古き良きモデルもある『釣り具のTRY-ANGEL』

萌え萌えな仕掛けっ★娘シリーズが一部で有名ですが、タックルも取り扱っています。

 

釣り具のTRY-ANGLE
TRY-ANGLE(トライアングル)はトラウトをメインにした様々な釣用具やキャラクターグッズを発売している釣具メーカーです。

 

その中でも目をひくのが、現代では見なくなったフルカバーリールのTU-01

ソルトだけの人は「なんやこれ?」と思うリールでしょう。

フレッシュを古くからやっている人にとっては親しみのあるリールかと。

レバーブレーキもついている、現代に適合した面白いリール。

管釣りで使うと楽しそうだなぁ。

美しいカラー魚拓の『美術魚拓 竜の子会』

デジタル魚拓も当たり前になった今日このごろ。

魚拓はメモリアルフィッシュを記録する手法として当たり前になりますが、墨だけではなくカラーの魚拓は珍しい。

 

竜の子会

 

竜の子会ブースでは、魚拓の展示と体験ができるみたい。

次のメモリアルフィッシュはここに依頼してみては?

へらぶな釣り具専門店『孫昭倶楽部』

 

へらぶな釣り具専門店 孫昭倶楽部のホームページ
和竿匠工「孫昭」手作りのへらぶな用品の販売、そして各講師陣による釣道具作りの製作教室を開催します。 また、本格的な木工機械を多数導入し、幅広く木工製品作りのお手伝いをいたします。

 

へらぶな釣りは今でも根強い人気がある、日本古来の魚釣りだと思っている。

やったことはありませんが、釣具よりも工芸品としての美しさと機能美が映える。

いわば伝統芸能と感じます。

日本刀を居間に展示して威厳を醸すより、和竿を展示して同族を炙り出すのも悪くない。

合成素材では実現できない本来の釣り竿に触れてみるいい機会になるかと思います。

メジャー路線なんてどこでも触れるから行く必要なくない?

フィッシングショーなど各団体がこぞって展示する会場では、知名度の高いメーカーが混雑するのは目に見えている。

 

でもそれって、全国どこでも触れれるものだよね? ──をいいたかった。

 

ただ新鮮な情報を手に入れたいのであれば、適当にぶらぶらするのがいいです。

知らない釣りに触れるいい機会になりますよ。

 

リンク ジャパンフィッシングショー2017

 

お得に釣具が買える場所でもある

限定物やアウトレットなど、安く釣具を手に入るかもしれないイベントでもあります。

そういう一期一会を逃さないためにも、お財布とバッグには余裕を持たせておきましょう。

 

あとサインを貰いたいのであれば、小物とマジックを持参しておこう!

地域ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生