アロマ代わりになると思って電子タバコを買ってみた

 

ここ最近は「外でタバコを吸うな!」て風潮になっている。

「法令により飲食店全面禁煙」とか、更なる値上げなど、喫煙者の未来は絶望的。

非喫煙者からすれば、「ここまでされて何で吸うの?」と珍しい生物に見えるかもしれない。

 

……私は喫煙者なので代弁すると、「どうしても吸いたくなる時もある──」かな?

ヤニ臭い部屋を脱するついでに、電子タバコに手を出してみた。

スポンサーリンク

人気のある電子タバコはタバコ風味が強い物だったりする

タバコを吸っている人なら、禁煙を考えたことは何度でもあるでしょう。

そのステップになる電子タバコの選択肢は、現在よりどりみどり。

安くなったし、携帯しやすい小型も増え、オサレ感あふれるのも多くなってきた。

 

電子タバコは、本来の葉っぱか、綿に染み込ませた液体を加熱するタイプが主流。

それぞれ加熱することで出る水蒸気を吸い、擬似的なタバコを楽しめる感じ。

もともと香りを楽しむのがタバコですし、それに倣った製品になったといえる。

電子タバコのメリットとデメリット

最大のメリットが、煙が臭くないところ。

味も色々選べたりするので、非喫煙者でもアロマ感覚で楽しめるメリットもある。

 

難点は、ニコ厨を救済するアイテムとはなりえないところ。

電子部品だから、加熱したバッタリーが「ポーン!」となる可能性もある。

使用方法を間違えれば危険なのは同様ですが、ただ火を点ければいいより使い方がややこしいのが損な部分。

 

電子タバコ(VAPE)の使い方や吸い方 | 電子タバコ(ベイプ)専門ページ | ピントル

 

使い方うんぬんを説明するとクッソ長くなるので、他サイトを参考されたし。

電子タバコで一番人気なのは「IQOS(アイコス)」で、本来のタバコに限りなく近い味が楽しめる点が強い。

 

 

煙も出ないため、非常にクリーンですが、「禁止されている区域での使用は控えてください」は変わりない。

火を使わず煙が発生しないから、現在の路上喫煙条例では罰則が(一応)発生しない。

しかしながらマナーの観点もあるので、今後条例が変化していくのも明白。

 

電子タバコにせよ、喫煙所を確保しなければならないことには変わりがないでしょう。

アロマ代わりにしたかったのでリキッドタイプ&小型の電子タバコを選んでみた

IQOSを買う選択肢もあったけれど、「タバコを辞めたいのにタバコ味はどうなの?」と思ったし、どうせなら良い匂いがするのがいいと思ったので、こちらの製品を買ってみた。

 

 

検索してもメーカーサイトすら出ないけど大丈夫だ、問題ない。

まとめて発送を選んだのに、ショップが違う注文だったため、リキッドだけデカイ箱で先に送られてきて、なんともいえない感じになった。

配達員さんアリシャス!

実際に使ってみた

リキッドは「アップルミント」「ラムコーク」をチョイス。

普通のタバコみたいに吸えるし、水蒸気も想像以上に出る。

タバコを吸っている気分になるためか、自然と本物を吸いたくなる衝動も減った気がした

 

ニコチンやタールが含まれない水蒸気とはいえ、肺に入れる抵抗感はある(本末転倒)。

使ってみた感じ、禁煙よりも節煙に向いているんじゃないかなと。

 

密室の車内で吸っても、アロマチックな香りが充満してくれるだけ。

電子タバコの弱点というか、1本がそれなりに重いから、くわえタバコが疲れる点がある。

私がタバコを吸う時は、PC前で作業をしている時のながら吸いだから、その代用は難しいですね。

 

初期投資さえすれば、巻タバコを買うより金銭的に節約できるところがメリット。

本体さえあれば、リキッドを入れる「アトマイザー」を交換すればいいだけ。

でも気軽に手に入れる環境があるならば──の話ですね。

都市部なら電子タバコを専門に扱うVAPEショップもあったりするし、最近はタバコを専門に取り扱っている小型店でも普通にあります。

 

というかこれ、使えなくなったアトマイザーのポイ捨てが、また社会問題に発展しそうだなと感じます。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生