結婚するなら釣り人が最強ってマジ?

スポンサーリンク

 

「料理ができる男はモテる!!」

それは、古代より伝わりし言葉。

 

「釣り人と結婚すると、こんな特典が付いてくるよ!」をまとめたツイートを見てみた。

それをあらゆる視点から穿って読み解くことに長けている私が、真意を探ってみる。

スポンサーリンク

釣り人と結婚すると本当に幸せになるのだろうか?

toggetterにこんなまとめがある。

 

結婚するなら釣り人が一番!という意見に賛否両論のTL「釣り人と結婚したい」「ガチな釣り人はまさに魚が恋人状態」
うむむ…嗜む程度の釣り人なら…?

 

畳み掛けの「溺死で保険金」が最大のメリットかもしれない。

それをもらうための処世術も教えて欲しいところですが、他の事例をひとつひとつ解いてみよう。

【前フリ】料理ができる男性は本当にモテるのか?

言葉のウラを取れば──

「料理ができる→家事もできそう→家事を分担できる→アタシ楽!」

……じゃないかなーと。

 

かといって料理がプロ並にウマイ男だと、「比べられるのがイヤ」なんていわれる。

ガールはいつでもワガママだ。

 

料理ができる男性はモテる?女性はどう思っているのか調べてみた

 

家事をしたことがない人は、その大変さと段取りが分からない。

だから日々ギリギリで頑張っている専業にも軽口に「なんでできないの?」といえる。

料理をしたことがない人には、その味がどう作られているのかわからない。

だから「ウマイorマズイ」だけで判断し、作った人を傷つけやすい。

 

やったことのない事ほど、憶測で物をいい、突っ込まれて口ごもるのはよくあること。

 

「料理ができる男性はモテる」の真意は、そうおだてたほうが、料理や家事を積極的にやってくれるのではないか? じゃないかなーと。

男性はすべからく、モテたい。

上記の参考サイトを見れば、「できないよりできるほうが結婚を視野に入れた場合にモテる」とわかるでしょう。

「大抵の人が魚を捌ける」

これは男女問わず、現在は魚を捌く必要性がほぼ無い。

だから捌ける人のほうが珍しい

魚を釣れば食べるために捌く必要があるので、「どうしても捌く必要があるため」に取得したスキルといえる。

 

魚を釣って新鮮な魚を食べれるといっても、天敵は臭いです。

台所に臭いを充満させては、気遣いのカケラもないと思われ幻滅されるでしょう。

台所に臭いを残さないコツとしては──

 

  • 換気扇ガン回し。気温が高ければ窓を開けて通気性を良く
  • シンクも洗剤でキチンと洗う。飛び散ったウロコや血もチェック
  • 魚を捌く時は専用の布巾を用意するかキッチンペーパーを活用し、それを日常のゴミに混ぜないこと
  • 水を多量に使い排水口に汚れた水を残さない
  • 排水口とそこに残るあるゴミは必ず掃除する
  • アラなど生ゴミは冷蔵庫ではなく冷凍して燃えるゴミに凍ったまま出す

 

このくらいしなければ臭いが残りやすく、翌日台所に立つ人がキレかねないので注意。

魚や肉を取り扱うには、専用として切り離す考えが必要。

それが気遣いってものです。

「ゴルフ、車と比較して金がかからない」

これは、それぞれの趣味のガチ度による。

ゴルフも「月にあるかないかの接待だけ…」ならレンタルしても大した金額にもならないし、ドライブが趣味程度なら燃料代が普通よりちょっと多いくらい。

 

週一で釣りに出かける人なら、その度に交通費やら釣るための必要経費が計上される。

道具の値段もピンキリで、デカイ魚を狙うほど高額になりやすいのは確か。

釣り竿も高額品となれば、1本でゴルフクラブのセットが余裕に買える値段になるので、パートナーは要チェックしておこう。

「相手が喜ぶことを考えるのが得意」

 

気遣いできる男はモテるのだが、それを考えずにできる人がモテるのが真理。

釣りは寡黙な遊びなので、対人のマナーには一際うるさい。

ということは、相手を喜ばせることに関しては、当てはまることは少ないのではないか? と考える。

 

「魚を釣らせてあげる」みたいに、楽しさを共有する考えを持つ人が、気遣いができるタイプ。

「釣れるだけ釣るタイプ」は自然への配慮すらないので論外。

根っこにある性格が出やすいのが、趣味でする遊びだと感じている。

パートナーと考えているなら、一度同行してみて、人となりを確認するのもいいかも。

【まとめ】結婚するなら釣り人の熱中度から要チェックすること

それが何のジャンルであれ、入れ込む程に金がかかるのが趣味の世界。

お互いが同じ趣味を共有しているなら、それはそれで「ヘブン状態!」かもしれない。

けれど、そればかりに目を向けられるのもウザいのでは?

 

鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい : あの時の2ちゃんねる
2~3の部分がコピペでよく見ますね。1 :おさかなくわえた名無しさん :06/03/14(火) 14:23:18 ID:037mXr68元は【ストレス】家族が「物を捨てられない病」3【ジレンマ】より2 :おさかなくわえた名無しさん :06/03

 

趣味の世界は相互理解が難しい。

コレクターは勝手に物を捨てられるケースが多く、それで人格崩壊してしまった話もチラホラ聞く。

釣りも道具の精巧さや工芸品として集める・眺めるだけって人も中にはいる。

それを邪魔と思うパートナーは多いかもしれない。

 

でもそんな時こそ、製品の価値を正しく知っておいて、「あれは資産だ…あれは資産だ…」と、切り札として認識しておくほうが賢い。

 

 

「ヤフオク」がスマフォアプリでも使いやすくなっているし、フリマとしての機能も充実してきている。

パートナーがコレクトしている物の市場価値を、こっそり計上しておいて、貯金として見守る術も……悪くないんじゃないかな?(震え声)

 

釣りの雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生