スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤身の代表格マグロとカツオ、今年もピンチ(知ってた)

 

クロマグロは全国総漁獲漁制限値を超え、6月まで自主休漁。

カツオは不漁のため数が入らない。

今年の水産業界も先行き不安。

スポンサーリンク

クロマグロが食べられなくなる? その前に獲りまくったろ!

制限値を超えたといえ、それを罰する法が今の所存在しません。

そのため「今のうちに獲りまくったろ!」が跋扈するバカげた漁業

海のダイヤを巡る主義主張は、本年度も引き続きクレイジーです。

 

http://www.asahi.com/articles/ASK234RX6K23ULFA015.html

 

ウナギに続いてクロマグロも、案の定というか、監視外での密漁が増えている。

現在の規制範囲だと、漁協など港の管轄に入っていないプレジャーボートでの釣りやら、そこに居るマグロを素手で捕まえたなどは、漁獲量に含まれていない。

ようするに、許可なくクロマグロを持ち帰れば留置所チャンスてわけです。

 

リンク 小型クロマグロの漁獲量 年間の上限超える|NHKニュース

 

「獲れすぎて困ったレベル」だったン十年前の幻想を未だに追い続ける。

漁獲量が減れば、それは自然環境のせいと伝えていくし、獲りすぎと言及する報道なんてほとんど見ない。

タケノコだって獲りすぎれば竹林が消えますよ。

カツオ水揚げ日本一の焼津はカツオを確保するのに困っていた

ふるさと納税の返礼品で、誇る水産物を使い、全国ランキングで上位となった焼津市。

桜も散り、カツオが近海へ遊びに来て、おいしい季節になったのだが……。今年は不漁のスタートを切る。

ということは、時期を見込んで予約を請け負った業者達が青ざめた顔をしている気がする。

 

ふるさと納税の品に地元特産を扱う自治体が多い。

「ふるさと納税やべーって、税収ウハウハwww」と、行政も税金を稼ぐために、煽りに煽ることで高額返礼バトルになりました。

すると「さすがにやりすぎな奴ら」があらわれ、国から見直しを要求されたのが、つい最近の話。

 

税収は数字上で増えますが、高級品を投げ売りするだけなので、販売側にとって旨味はあまりない。

商品は捌けるから売上は増え、納税額は減税やらで減るから、帳簿の数字だと(売れて)そう見えるマジック。

評価を上げて公開株で資金を集めたい、なんて場合には使えるでしょうね。

 

これに水産物を取り扱っていた所は、どこも資源枯渇ワンチャンの状況になっている。

 

ふるさと納税、サイト利用急増 寄付額最高へ 自治体、新たな悩みも
 寄付金のクレジット決済や返礼品選びが簡単にできるふるさと納税制度のポータルサイトの利用者が急増している。2016年末時点の納税額はサイトによっては前年比で4倍を超えたところも出ている。総務省は16年度末の寄付額のとりまとめを6月ごろに発表する見通しだが、15年度に続いて16年度も過去最高を更新するとみられる。ただ、制...

 

日本市場の抜けたところは、「稼げる話があればすぐ食いつき、すぐ食いつぶす」ところ。

デカイ市場は利権が絡むし、(いい意味での)談合してバランスをとるので、携帯3社みたいに長生きしやすい。

どこよりも良いとされるブランドも、投げ売りすれば模造品と変わらない価値です。

希少価値があってこそのブランドでしょう。

 

http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/354258.html

 

ネット取引と運送技術で、商戦経路が地域から全国へ。そして地球規模も視野になった。

過去には地産品を気軽に食べることは難しくなかったが、今は地産品であるほど地元民は口にできない。

「どちらを優先させるか?」を考えれば、そりゃ少しでも高く売れる方を選ぶでしょう。

不漁というなら消費者に何をしてほしいの?

近年は「不漁」のニュースばかりで嫌気がさす。

不漁と認めるのはいいが、それで消費者達にどうして欲しいのか。世論に何を求めているのか。

何をしたくて、未来をどうしたいのか、よくわからない。

 

大手水産業は自費で種苗やら養殖場を造り、生産性の向上を計っている。

それに個の集合体である漁協が立ち向かうなら、集にならざるをえない。今の漁業は閉鎖されそうな金山を見ている感じがする。

ゴールドラッシュで誰もが夢見れる場だったのが、資源が減り、金の匂いを感じれる一握りの職人だけが残り、そこへ到達できない者は兼業するか、撤退していく。

国としては港がひとつの企業として運営されるほうが、管理しやすいだろうけどなぁ。

さすがにクロマグロの休漁は、4月に上限を超えたといえ、年をまたぐ来来月の6月からなら獲っていいのは言葉をかけられない。

過剰分は次年の上限から引かれるとはいえ、それが繰り返されれば、2年後はほとんど獲れなくなるんじゃないの?

 

6月以降は表示法違反が相次いで起きそうですな。

マグロと表示されても、マグロさんにも種類はたくさんあるのですよ。

水産ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生