だらしねぇ心理を逆手に絶好の釣りポイントを探す方法

 

週末もそうですが、大型連休中は有名な釣りポイントに人が殺到しやすいです。

「なぜ人が集まるのか?」を、考えたことはありますか?

 

これを逆手にとれば、爆釣ポイントが見つかりやすいのです。

スポンサーリンク

人が集まりやすい釣りポイントの特徴

いくつかありますが、最重要ポイントだけ抑えると……

 

  1. 魚が釣れた
  2. 釣りがしやすい

 

の2点。これだけでもだらしねぇ感じがひしひしと伝わってきます。

 

「有名ポイント」って、この2点が重なった地点のことを指します。

なぜそうなるのでしょうか。

1.「おいヤベーって! ◯で△が釣れたってよ、行こーぜ!」

ネットで偽ニュースに釣られる人が多いように、釣り人もまた「◯が釣れた(お前も釣れるとは言っていない)」って情報に踊らされます

なにぶん自然に棲む物言わぬ生物が相手ですから、昨日は入れパクでも、今日はミジンコすらいない──なんて状況も。

 

「釣果情報」は季節ごとのメインターゲットを取り上げるので、固定ファンも多め。

例えば極寒の季節でも、普段はガラッガラのサーフで座布団ヒラメが釣れたとしたら、翌日は雲霞のごとくアングラーが押し寄せてきます。

まあようするに──釣り人はすべからく、チョロいです

2.「釣座を構えたら動きたくないでござる」

大半の釣りポイントには公共交通機関が通っていません。

「トンネルを抜けたら、車窓に広大な海が映し出された」ような展開は多いです。

しかし釣り脳からすれば、「ポイントから遠ざかっている」と感じるでしょう。

 

「道具も積めるし移動も楽」ってことで、自動車を使う人が多いと思われます。そこでネックとなるのが駐車場。

釣り人はすべからく、車を停めたらなるべくそこから近い所で釣りがしたいという心理が働きます。

釣り人はすべからく、「疲れず簡単に魚を釣りたい」と考えているわけ

有名ポイントの特徴は……?

これは「車から近い場所でたくさん釣れる可能性がある場所」になります。

なんかすっごいダメそうな人に聞こえるでしょうけれど、年配の方が多いから多少はね?

 

……いままで様々な釣りポイントで遊んできました。

どこの場所でもいえることは、車より近い場所から(釣座が)埋まっていくこと。

なので混雑時でも、車を停めたら近くにある隙間を探してねじ込んでくるパターンが多い。

有名ポイントは、「確実に車を停める場所がある」ことと、「魚が釣れた実績がある」ことが合わさった場所が多い。

 

知っての通り、管理された駐車場以外に車を停めれば、違反キップを切られる可能性はあります。

例えば「コンビニでタバコだけ買いたい」と来てみたら、駐車場が埋まっていたとします。

ほんの少しの時間だしいいだろうと、入り口前に車を横付けして買い物したら、店員や他の客に注意されるでしょう。

 

そこで「別に禁止されてはいないだろ?」とゴネる人もいるかと。

でもコンビニ側が、「他のお客様の迷惑となるような行為」にそれが含まれているなら、法廷で不利になります。

そもそも常識外の行動として、世間からバッシングされること請け合い。

 

釣りにおいて駐車違反を取られるケースは、大体これと同じ心理が働いているかと思います。

続いては本題の、「だらしねぇ心理を逆手にとって絶好の釣りポイントを探す方法」を教えましょう。

釣りがしにくい場所ほど魚はいる(真理)

バス釣りを知る人は、これがよくわかっているのではないかなと。

ただ湖のど真ん中で適当に投げるよりも、桟橋の下やルアーが絡まりやすいブッシュなど、障害物がある場所に無理やりルアーを通すほうが魚はいやすい。

どんな魚も回遊はしますが、定着する条件がある場所には留まります。

 

それって魚の習性的に、外敵から身を守るためだったり、身を潜めてエサを待つスタイルであるため、なんらかの影があるほうが効率的だから。

 

 

現代において釣りポイントは、ルールで侵入禁止である場所でない限り、誰でも”行けることができます。

その場所を知ることは、GoogleMAPを使えば、誰でも世界地図を見ることができます。

現在は「地図を見て良さそうな場所があれば検索する」ことで、良ポイントは簡単に見つけることができます

大型連休中に釣り人が少ない水辺こそ絶好のポイントになる

全国に「貴方だけしか行けないポイント」は存在しません。

 

私はサーフでよく経験していますが、駐車場との間──海岸への降り口の中間点って、大抵人が居ないんですよ。

誰だって重い装備で砂浜を長々歩きたくないでしょうし、だからこそ面倒な場所って、意外と空いているものです。

駐車場から1~2km歩く場所とかも、手前は人が多いですが、先端は少ないとかザラですしね。

 

人が少ない場所って、釣り人達が面倒がって来ないだけ──のパターンが多い。

人が居ないだけ探れる範囲は広がるし、ひたすら点にエサを投げて偶然を見守るより、そのほうが可能性は多く感じることでしょう。

……とはいえ、

 

「水(海)があればそこに必ず魚が居る!」って考えている人が多いと感じています。

そうではなく、自分の射程内が水槽のような物として考えてみてください。

 

昨日そこに100匹の魚が居たとして、80匹が釣られたとします。

翌日の潮汐で20匹が入ってきましたが、そうなると総数は40匹となり、前日の半数しか居ないため、釣れる確率としても半分以下となります。

今の釣り場って、自然が放流してくれる魚を毎日奪い合っているように感じます。

有名な釣りポイントって、これを繰り返しているようなもの。だから「早く行って釣ったモン勝ち」なのは否めません。

これは磯のヒラスズキをやっている人は体感しやすいと思います。

ショアの釣り場はペンペン草すら残らない

──近年、「磯」が新たにポイントとして注目されています。

外洋に面しており、潮通しも良く影も多い。

魚が入りやすく居着きやすい条件が整っており、魚にとっては楽園です。しかしながら、人間にとっては危険な場所であることに違いない。

でも人が来にくいからこそ、楽園として存続できているわけです。

 

富士山も車で5合目まで行けますが、そこで富士登山の全てを語るのは如何なものかと。

自分の足で山頂まで行き、苦労をしたからこそ得る絶景。

──それと同じようなものが、釣りポイントでちょっと離れたところへ行くことで、見つかるかもしれません。

現代で「楽して簡単に釣ろう!」ってのは難しいって話。

誰よりも早く釣座を構えるため寝ずにそこで待つ、とか。車から30分くらい歩くけどいかにも釣れそうな所がある、とか。

そういう場所を見極めるには、大型連休の釣りポイント(芋洗ver)でこそ、見極めやすいのです。

テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生