釣具屋の息子がこの夏、何度も恋をする。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

 

PVの1シーンに日本で最も有名な釣具メーカー2社の看板が登場しており、これはイチアングラーとして見てみようと思っていた。

それから時は過ぎ、すっかり忘れていた頃……。

打ち上げ花火──」の公開を知り、続けて酷評が群れとなっておしよせてきた。

 

観ずに叩くか? 観てから叩くか?」の選択となり、それならとカードの更新ついでにいってきました。

なお本編では「釣具屋の息子」要素は空気だった模様。

スポンサーリンク

文学作品として見れば秀作

 

酷評が多い本作ですが、「アレと比べてダメ」とかそんな感想が大半。

 

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

 

批評をするにあたり、基準を設けるのは必要なことである。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、原作となった実写ドラマ・映画があり、今作はアニメ版としてのリメイク。

現代エッセンスとSF要素、それらを武器に映像作品として見どころさんを無理やり作ろうと頑張りました! が伝わってくる。

企画からの無茶ブリだろうなぁと。

 

実写のほうがマシ」といわれるのは、作品を見ればよくわかる

ある程度の作品に触れている人であれば、「アニメである必要があったのか?」と感じることも仕方ないといえる。

 

原作はSFテイストじゃなく、もう1つのありえた世界(if-もしも)の話。

時を遡るわけでもなく、主人公が考えた顛末の一部が主軸。

それだけじゃあ映像として淡々すぎるからってことで、アニメーションとして「人の想像する現実を超える」ことを加味したのが今作かと。

それが現実の人間を配役しない、最大のメリットだと思っている。

 

つまらないほどじゃないけど、特別面白いわけでもない。

「タイムリープが主軸の物語」に、はじめて触れるのなら、楽しめるかもしれない。

 

 

ようするに、題材としてはウケやすいってこと。

読書感想文の題材に困っている少年少女に見たり読んだりしてもらいたいですね。

「アレが良かったからコレも気になった」の先入観だと、凡作で終わってしまう悲しい作品かと思います。

 

タイトルにあるよう、主人公は釣具屋の息子ですが、釣り人が「おっ」と思うだろうシーンは特にないです

見に行くキッカケをくれた批評

 

リンク 話題の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』ヒットメーカー・川村元気が語る制作秘話「実写でリメイクしろと言われたら僕はやらなかった」

 

プロデューサーと総監督のチグハグなインタビューが、今作がそうなってしまった一反だろうなぁと察してしまう。

まあでも実写なら水中のシーンや花火のシーンを映像化は難しいだろうし、アニメならではの落とし所はあった。

ちょっと違う世界を演出するためならば成功していると思う。

 

リンク 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が『君の名は。』を超える10の理由

 

半ばヤケクソ気味に書いてありますけど、だいたい合ってるので笑える。

文学は好きだけどアニメは見たことがない」、そんなジュブナイルにはハマる作品と思う。

若干ネタバレ込みの感想

ゾクッときたのは1回目のもしも玉を投げるシーンくらい。

「if」のフィラメントはらしい演出だったなと。

映像は「いつものシャフトだな」と。

内容は特別難解ってわけでもないと思います。

 

大抵の人はなずなと典道が二学期を迎えてハッピーエンドを期待しているだろうので、あの終わり方は賛否があるでしょう。

平日朝にしてはカップル多めだったので、「あぁなんかそういう風に誘導されちゃったんやな」と生暖かく見守りました。

花火は丸なのか平面なのか

今作で一番面白い要素だと思ったのがコレ

打ち上げ花火自体は球体状に火薬が炸裂するので、360度どこから見ても円形に見えます。

それは作中でも理系ボーイが説明していますけど、登場人物誰もが明確な答えを持っていません。

まずい! ここにはバカしかいないぞ!

 

意図的に平面になるよう火薬を配置すれば、花火は平面に見えるわけで──。

でもそれが平面だと証明するには、1方向からの視点では説明できない。

咲いた花火を自分の目で見れば平面にある丸に見えるし、立体だろうけど平面にしか見えない。

目に入る情報を平面と捉えるか、立体と捉えるかの違いです。

 

万物万象、人それぞれに解釈はあるし、目線が違う。

個人的にはここがふしぎテイストだなと。

アニメ版を見てから実写を見るとちょうどいい

──という感想が多かったので実写版(原作)も見ました。

だいぶ古い作品ですけど、名作は色あせないことを教えてくれる。

2作品それぞれ良いところがあるので、酷評をものともせず、逆に怖いもの見たさで観るのもアリじゃないかな。

 

 

アニメ版は原作になぞらえすぎて、新旧の境界が曖昧すぎる感じがする。

リメイクっていうより、SFとのマッシュアップて感じ。新旧が融合しているような時代感が、なんともいえない奇妙さを醸している。

電車で突然歌うシーンで、なずなから“松田聖子”という単語が出た時点で、「この時代設定はいったいどこなのだろう」と不思議ゾーンに突入してしまった。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生