【2017年版】amazonランキング大賞から釣具売り上げベスト10を紹介

 

2017年版のamazonランキング大賞が発表されました。

ここから「釣り」に関係するスポーツ&アウトドア部門を参照し、「2017年にネットでバカ売れ(多分)した釣具」を紹介します。

 

去年とあまり代わり映えしてないんだよなぁ……。

スポンサーリンク

2017年 amazonで売れまくったらしい釣具ランキングTOP10

ちなみに2016年版はこちら。

【2016年】Amazonでめちゃ売れした人気の釣具とは?
2016年のAmazonランキング大賞が発表されました。 釣具のみならず各カテゴリー別で見れるので、「どのような物がネットで注文されているのか?」をリサーチするにもいい材料です。 マーケテ...

 

上位陣はもう殿堂入りさせてもいいんじゃねぇかな……。

なお、このランキングを参考にしたところで、釣果やらトレンドには何一つ触れることができない。

──みんな本当に買っているのか?(疑惑)

[1位]シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

去年も1位だった「アリビオ」くんが連覇。おいおい、カイザースピンも忘れちゃいけないぜ。

この価格帯のリールは、釣具屋だとカゴ入りの使い捨てレベルの品が多い。

アリビオくんはその中でも、シマノが丹精こめた入門リールとして最低限以上の役割を果たしてくれる

 

2000番台は管釣り用に、4000番台をソルトルアーへ。

単価が安いので、ステラ1個買ってスプール使い分けよりも、複数個のリールを使うほうがメンテも楽だし気も楽です。

(値段が)ハイエンドなリールを「アリビオ◯個分」換算しだすと、病気かもしれません。

[2位]第一精工 高速リサイクラー2.0

釣具店では在庫切れもあるけど、「そんなに使っている人おるん?」と疑問もある。

ルアーメンのみならず、糸巻き代行が多いショップでも使えるからって理由もありそう。

まあ構造自体難しいものじゃないし「自作」できますけど、ここまでコンパクトに収めるのは至難の技。

 

PEをメインラインにしつつ、ロングキャストが大好きな人は、定期的に巻きを逆転させているかと思います。

その時に作業時間を短縮してくれるのが、こういう糸巻きマスィーンですね。

[3位]メジャークラフト ルアー ジグパラ ショート JPS

Amazonでもっとも売れたルアーなら、世界でもっとも売れたルアーなのでは?(誇大)

2017年もジグパラが、ルアーカテゴリでトップに輝いた。種類がめちゃ多く総合で計上すれば、あながち世界一位も嘘じゃないかもしれない。

コーナーに存在しない店が珍しいレベルだし、単価が安いのも魅力でしょう。

淡水・海水問わず、ちょっと飛距離が欲しいなんて時に使いたい。ケースの隅でもいいから居て欲しい系

 

とうとう14cmまで育ち隙がますます無くなった「ジグパラブレード」
メタルジグではおそらく業界随一の種類と廉価を誇るMajorCraftのジグパラシリーズ。 「もうこれだけで海の釣りは成立するんじゃねぇかな……」 そう思わせるラインナップとして、小型の35...

[4位]Zitrades フィッシングプライヤー 釣り具 ツール ステンレス 多機能 専用ケースと安全ロープ付き 迷彩柄

十得ナイフは古くからあるが、近年ではそのデザインも洗練されている。

この得々プライヤーは釣りに特化しており、ガン玉外しからスプリットリングオープナー、血抜きのナイフにウロコ取りなど、ルアーメンには特にバッチリのプライヤー。て安ゥイ!

でもまあサビたらどうしようもないので、大事にメンテしながら使ってあげてください。

 

KUREの5-56とシリコンスプレーは釣り具メンテナンスの神器
KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらも分類は潤滑油。 釣具のみならず、メカメカしい製品のメンテナンスには欠かせない物。石油製品なので用途を間違えると、塗装が剥げたりなんだり...

[5位]メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100

ルアーケースでベストセラー。ミノーやエギなど、単体が大きいルアーをまとめるのに向いている。

大雑把に入れるだけなら100均でも探せるけど、両面で仕切りが多いこういうタイプは存在しない。おまけに両面収納で、通常のケースに仕切りをするよりも多く入る。

フックを外したメタルジグを大量収納するのにもいいけど、量が入るとめちゃ重くなるのでほどほどに。

[6位]TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122

折りたたみタイプのタモも増えてきたけど、こいつは伸びます。安価ながらコンパクトで、おまけに伸びる。

つっても堤防では短すぎるので、使うなら淡水の管釣りか、もしものために車内放置かな。

ウェーダー履いてチャリでウェーディングする人にとっては、こういうコンパクトな網はマストかと。

[7位]第一精工 ノットアシスト 2.0

メインラインとリーダーの結束にはノットで結合する必要があるけど、初心者にその場でってのは難しい。慣れればぶっちゃけ要りません

ただし、現地でラインブレイクしたあと、短時間でなるべく強固なノットを組みたい──なんて時はあると便利です。風が強い時は欲しいですね。

それほど大きくはないし、プラ製だからD管にでも結んでおきつつ、存在も忘れましょう。

[8位]Zitrades フィッシュグリップ キャッチャー フィッシュグリップメジャー 魚掴み器 釣り具 計量器機能 ステンレス制 ストラップ付き 黑色

ありそうでなかったメジャー付きフィッシュグリップ。正直いえばやっつけ仕事にしか見えない件。

魚を掴みながらメジャーをあてれるので、これならサイズ警察に言及されて嫌な思いをすることも少なくなるかも?

でもまあなるべく物を少なくしたい、そんなニーズに合う商品かもしれない。

[9位]プロックス タモジョイント

タモは網と如意棒がドッキングしてる物が多い。そこへコイツをさらに合体すれば、網部分を折りたためるのでコンパクトにはなります。

最近では初期セットされているのもあるので、それを選ぶのも賢い(値段的にも)。

プロックスのコレより安いのは構造としてもチャチになるので、すぐサビたりもげたりする可能性が高まるので注意。

[10位]TAKAMIYA(タカミヤ) ステンレスアングラーズプライヤー ベントノーズタイプ ブルー

釣り人にとってプライヤーは需要があるんやね……と感じる。

これは挟むプライヤーとしてより、ラインシステムに関わる作業を1本でこなすのに向いている品。リングオープナーはあるし、カッターもある。締め込みで挟めるし、魚もいちおう掴める。

あれ? わりと無敵じゃね?

来年もランキングは代わり映えしそうもないので今回で終わります

実のところ、10位以下のほうが面白いかもしれません

 

リンク amazonランキング大賞2017 「釣り」

 

似た系統しかないですけど、エサとルアーはいったいどちらがプレイ人口が潜在しているのだろう……そんな商品たちが連なる。

ロッドスタンドが売れているみたいだけど、あれを増設している人を見たことがないんだが……。

保存できるエサ系は、まとめ買いしたほうがお得にはなります。フカセメンは1年に使う分を大人買いするのもアリじゃないですかね。

 

ランキングが特に代わり映えしないってことは、新しい風なアイテムが登場してないってことだよなと。

特集記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生