未来に進む力となる「興味」を探す方法

 

魚釣りをするだけなら簡単だけど、続けるのは難しいと思う。

 

別れの後に出会いがある”おセンチ”な季節。年度の移り変わりに新人を迎える社員はピリピリ。

そんなタイミングで「入社一年目ビジネスマナーの教科書」なる本を見かけたので、なんとなく書きたくなった内容です。(毎年出してんだろなぁ…)

 

 

スポンサーリンク

大切なのは「興味」を持つこと

 

何事も始めたキッカケは、「興味があったから」が根っこにあるはず。

長々と「御社の──」からはじまる文学ぽい志望動機を読まされるより、「興味があるからor好きだから」だけの、短くても伝わる動機が許されてもいいと思う。

 

進路を決めるには、やりたいことに「出会う」必要がある。

将来成りたいことがない、見つからない人は、まだ出会ってないだけと思う。

自分の行動していた範囲に、たまたまなかった──。ただそれだけ。

 

俗にいう「成功した人」の体験談には、そうなれたキッカケを産んだ”興味”が大抵存在する。

それに出会うのは遅かれ早かれ、人それぞれ。過ぎてしまえば、「あれは運命だった」と笑うでしょう。

でも意識しないと気づかないし、出会えないのが運命だと思う。

 

興味を見つけやすいのは雑誌などの書籍

 

今はネットがあるから、情報を集めるのは簡単になりました。

でもそれは、「すでに興味があるモノなら」の話。

 

──知っての通り、検索エンジンには「検索ワード」を入力する必要がある。

ここのブログなら、「浜松 釣りブログ」で検索すると1ページ目に表示される。「静岡 釣りブログ」だと3ページ送っても出てきません。(浜松は静岡じゃなかった!?)

浜松で釣り情報を探す人は、たまたま訪れるかもしれない。でも駿河湾沿岸の地域では、ほぼ無名ってわけです。

 

 

ネットでは、こちらから求めないと、知りたい情報は得られにくい。

しかも”知りたい”が確定しないと、それもできません。

試しに「聞きたいことが分からない」で検索してみたら、「質問が下手な人はこうすると直るかもよ?」に関連したサイトが表示されました。なんだよお前……賢いじゃねぇか……。

 

 

ネットは広いといわれているけれど、それは「全体でいえば」の話。まあグローバリゼーションなテクノロジーですからね。

でも”何が知りたいかが分からない”時こそ、雑誌や漫画は有能なんですよ。それこそコンビニにあるフリーペーパーもね。

 

書店で興味のある棚から周りを見てみよう

 

書店の良いところは、興味のあるなしに関わらず、目から情報が入ること。

サーチエンジンは、目隠しで書店の棚を指定して、「どんな本置いてますか?」と聞くようなもの。「これが欲しい!」と決まっているなら、それを伝えればいいだけです。

 

いきなり「何が欲しいのか分からないのですが」と店員に聞くと、「なんだコイツ…」と思われかねません。

そんな時は「普段はどういった──」とか、「興味」や「趣味」を聞かれるかと。それだけ聞けば該当する棚に案内できます。

そこからおすすめを紹介するのがサービスでしょうね。

 

例えば「アウトドア・レジャー」の棚にいってみたとします。

そこには魚釣りだけでなくキャンプやマリンスポーツの本もあるかも。反対側を見れば料理本があるかもしれないし、投資だってあるかもしれない。アニメや写真だって……。(体験談)

ペラペラめくって、何か「おっ?」と目にとまる記事があれば、それが興味を探せたってことです。

 

普段は読まないジャンルでも、読んでみると意外な発見がある。

車雑誌にある車中泊特集とか、釣りの遠征で使えるでしょ? 魚の写真をもっと上手に撮りたいな~、の答えはカメラ雑誌にあったりする。インスタもあってスマホカメラ特集は多い。

グルメや旅雑誌なら、そこに行くついでに釣行を挟むとかね。

 

 

子供が親に似るのは同じ世界を見ているから

 

SNSが普及してから、「これって当たり前じゃないの?」的な話題がちょくちょく挙がる。

それは地域ネタだったり、家庭のことだったり。ブラックサンダーが東海のご当地菓子と知ったり。キノコとタケノコが投票をはじめたり。私は家ならシチューはご飯にかける派だったり。

賛否を呼んでバズりやすい話題です。

 

住む地域で見ている物が全国でも当たり前──と思い込んでいることは多い。

それは家庭でも同じことがいえる。

 

私は親に連れられて釣りをはじめたわけだけど、もし趣味が釣り以外だったのなら、今やっているかはわからない。

同年代から下はともかく、親戚や近所付き合いも多くなかったので、社会にでるまで年上との付き合い方に苦戦したりした。

今思うと、義務教育段階で出会う人達は、少なからず人格形成に影響はあるなぁと。なのでコミュ能力を鍛えるなら、好きでも嫌いでも多くの人と会話すればいいと思う。

 

私の話なら、自分が移動できる、見ることのできる範囲が狭かったのもある。

いつからか目標として、「寝たきりになっても金が生まれるようにしたい」と設定しており、その道筋が見えはじめたのは最近の話。

あと10年遅く産まれていればいいタイミングだったのに……と、わりと本気で思っている。

 

上はPC何それお前やれが多い世代に、下はマクロおいしいれすのデジタルネイティブ世代。

その間に揉まれ、上が新しいことしたくない理由と、下がより効率を求めたい理由がわかる。忖度メンになった。

同じ氷河期世代は、上と下に挟まれつつ中間管理で胃をブレイクしながら地道な改革をし、終えた頃に意識がなくなる──。こう書くと、「名脇役の世代」と刻まれるかもしれない。

 

……とにかく世の親御さん達には、ただ勉強を強いるのではなく、まずは興味があることを一緒に探してあげて欲しい。

高校の進路で迷わない人って、決めろといわれる前に、やりたいことに気づいているんだよね。

それに出会えるかどうかは、個人の意識もあるけれど、両親がどれだけ視野を広げさせれるかだと思う。

 

釣ってみたい魚が決まったら目標をたてよう

 

興味があることを見つければ、それを続けるためにどんな勉強をしたらいいか──。見つけることができたなら、最短の進路を決めれる特権があります。

どんな職業にもいえることですが、成りたい自分を支えるのは複数の目標

大谷選手の「目標達成シート」が有名ですね。

 

例えば「90↑のシーバスを釣りたい!」という目標をたてたとしましょう。

 

それが釣れたことのあるポイントに通えるかが第一目標。

釣りあげることのできるタックルを準備するのが第二。

かけたら逃がさないテクニックを磨くのが第三。

釣れやすい時合などタイミングを知るのが第四……。

 

てな具合に、1匹のために行動しなきゃいけないことって、意外と多いでしょう?

これを達成したところで、他の魚全てに当てはまるわけじゃないから、魚釣りを極めるためには「生涯勉強」しかないわけです。

 

新卒で良い企業に入るため、基礎学力は確かに必要。

日々の努力はどうあれ、パッと見てわかりやすい物差しは「成績」ですから。

けれど、それより上を目指すためには、死ぬまで勉強するしかありません。魚釣りだろうが何だろうが同じこと。勉強し続けるための意義が欠かせません。

学ぶための原動力には、深く知りたくなる「興味」が不可欠ですし、それを自由に求めることのできる環境が欲しいところです。

釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生