ラインに投資したほうがいい理由

釣具にカネをかけるなら「ロッド」と「ライン」がいいよ! ──のライン編。

ナイロンorフロロを使うハリス(ショックリーダー)での話が主になります。

 

ラインに投資したほうがいい話

 

ラインにも高価に分類される製品はあるけど、ロッドほど差があるわけじゃない。

各メーカーごとにウリも違い、強度やしなやかさ、キャストフィールに耐久力などなど、こちらのほうが選ぶのに困る要素が多いです。

個人の意見がモロに分かれるのがラインでしょうね。

 

しいていえば、メーカーが発表するスペックを信じるのがベターかもしれない。

スポンサーリンク

切れにくいラインはあるが切れないラインはない

現在主流のラインは、「ナイロン」「フロロカーボン(フロロ)」「PE(ポリエチレン)」の3種。

他にもワイヤーにエステルもありますが、それぞれの説明をすると長くなるので、省かせていただきます。

 

──釣りに使うラインの役目は、「魚を掛ける針と繋げないと意味ないやろ?」が主軸です。

となると、魚の重量に耐えなきゃ意味がありません。それに耐えるため太くなったり、繊維の強度を上げたりなど、「質」が値段にリンクしやすい製品です。

 

といっても、高価なほど切れないわけでもない。けれど、切れにくくはなります

質が向上することで得る主なメリットは、1段階細くしても耐えてくれること。

これについて説明します。

ラインは細いほど釣れやすくなるのは本当?

これは本当の話。だけどデメリットが勝ります

 

メリットの話からすると、細いラインはエサが自然と落ちていく様を表現しやすく、魅せる時間を稼ぎやすいため、釣れやすくなります。

これは落ちてくるエサを待つ系の魚に有効で、メバルにタイなど、中層から上に生息するタイプに該当しますね。

細いほどしなやかになるため、落ちるエサの動きを阻害しないし、わずかな水の動きが誘いに繋がる働きもあります。

釣れる理由としては、こちらの方が強いかと。

 

デメリットの話は単純で、細くするとラインが切れやすくなること。

それは魚の口だったり、少しの突起だったり、貝の殻だったり、ガイドやスプールの傷だったり、キャスト時の摩擦だったり……。

水中以外にも傷が入る要因は多いので、細くするほど切れやすく、長持ちしにくい。

 

細いラインを使うと釣れやすいが、釣りあげれるとはいってない。──てのが本質です。

細いラインのほうが釣れやすい、でも交換サイクルも早くなるやんけ……はっ、もしかしてメーカーの策略か!?」などと勘ぐるのも自然なことでしょう。

そのサイクルを延ばすことにも、投資する意義があります。

高価なラインを使うことのメリット

釣具のみならず、製品にカネを注ぐほど、能力と質が向上します。

値段の差はなんだ? といわれると、手間の差(コスト)ですね。ようするに材料費と人件費です。

それによるラインの質の差をわかりやすく説明するにあたり、ライン(合成繊維)製造大手「クレハ合繊株式会社」の「シーガーフロロショックリーダー」を参考にしてみましょう。

 

 

安いしどこにでもあるレベルなので愛用しています。

同価格帯では、このスペック表がほぼそのまま業界標準値みたいなものですね。

なぜ”標準値”になるかの裏話をすると、ラインの製造をしている合繊の大元は、釣具メーカーの依頼でOEM製造しているため。クレハがその1社です。

フロロショックリーダー スペック

http://www.seaguar.ne.jp/lineup/r18_salt/salt_4.html

 

私はフラット・シーバス兼用でリーダーには3号を使っています。エサ釣りは大体2号ですかね。

シーガーフロロ3号はカタログスペックだと、「強力12lb」「直径0.285mm」。

次はそれよりワンランク上の「シーガーグランドマックスショックリーダー」のスペックを。

シーガーGM スペック

http://www.seaguar.ne.jp/lineup/r18_salt/salt_5.html

 

こちらは同じ3号で「強力15lb」、当然直径は変化しませんが、それでも3lbの強度アップが施されている。1lbは453.592gなので、安物より1.3kgの強度アップというわけです。

もともと12lbで十分な釣りだったので、同じ強度で選ぶなら、2.5号を選べるようになり、一段階下を使えるメリットがあります。

 

 

質の差で生じる耐久力は、ラインが太くなるほど差が広がりやすいです。

てことは、デカイ魚だけを狙う場合に有効なのが、高価なラインを使うことになります。

ラインに投資することは警戒心を1段階下げれるようなもの

10号から8号に落とすのはあまり意味がないですが、5号から3号はかなり変わります。

それは数字にすると、わずか直径0.1mm程の差でしかありません。けれど、水中での動きがより自然になります。

 

高価なラインは単純に、「細くても強い!」と覚えてください。

おまけのメリットをあげるとすれば、釣魚の日本・世界記録狙いに有効です。

 

[JGFA]NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(公式サイト)

 

釣魚の記録はラインの太さ別もあるので、細くても強度のある高価なラインは有用です。

お気にのメーカー品なら、記録ついでにスポンサー契約もワンチャン!?

釣具への投資は強度を得て、楽を捨てること

ラインに投資すれば細くできますが、強度が増しても障害物などで切れるリスクは大して変化しません。

となれば、それを避けるだけのテクニックが必要となるので、楽じゃないですね。

太めを使い横綱相撲な釣りのほうが圧倒的に楽です。

 

ロッドも同じで強度が増すことにより、振りにくく感じる人は多いでしょう。わずかな傷も折れる原因になるので、余計に気を使います。

それなら買いやすい値段で雑に扱うのもアリかと思います。

選ぶなら高価か廉価か

これは人の価値観次第でもあるし、財布事情にもよります。

一昔に比べ、現在の釣具は飛躍的に性能アップしているため、値段の差はそれほど広くなくなりました。

 

週イチ以上で釣りにいくなら、コスパ優先で廉価を選ぶほうが賢いし、月イチで行けるかどうかなら、1回の質を高めるために高価なのもアリ。

きっかり分けるなら、ただ魚を釣りたいだけなら廉価、特定の魚を狙いにいくなら高価……ですかね。

あと、デカイ魚を狙うほど、高くなるのは仕方ないかな。

 

カネをかけるならロッドにしたほうがいい理由
魚1匹を釣りあげるために用意すべき道具は多い。誰もが迷う組み合わせの中から、最も重要を考えると2択に絞られます。それは「ロッド」と「ライン」。ロッドに投資するとこんな良いことがあるよって内容です。

 

今記事と同じコンセプトの「ロッド」の話はこちらです。