サーフルアー

サーフルアー

アンリパのエフリードだけで釣るサーフヒラメ

サーフヒラメ向けのルアーは数多い。 けれど、「単シリーズ物だけで全て完結する」のは少ない。てかほぼ無い。 そんな中でも、「Angler's Republic(アンリパ)」の「F-LEAD(エフリー...
サーフルアー

海底地形図を「海釣図」で見てポイントを読むチカラを養おう

陸上に地図があるように、海にも地図が存在します。 「海図」がそれにあたりますが、GoogleMAPほどホイホイ気軽に大衆が見れるものじゃありません。それには深度と潮流、そして航路が記されています。 ...
サーフルアー

サーフでヒラメを狙うためのメタルジグを選ぶ時はここを気をつけよう

ルアーコーナーを見ると、「メタルジグが増えてきたなー」と感じる。 それはサーフに近い場所ならではだが、”バカの1つ覚え”かのように、先に実績を出したルアーを追従して各メーカーが続々リリースし...
NO IMAGE サーフルアー

海水温16度以下でヒラメを釣るために【サーフルアー】

ヒラメの適正水温は16度といわれています。 黒潮が通る太平洋沿岸は、冬期でもそれ以下になるほうが稀。 なので一応、1年中狙えるわけですけど、冬の遠州灘は季節風が強くなり、釣りがしにくいわ水...
サーフルアー

とある目印をもとにサーフでヒラメ・シーバスを狙い撃ちやすくなる方法

ポイントの説明は簡単だけど、そこからどこを狙えばいいのかを説明するのは難しい。 あくまで”狙いやすくなる方法”ですが、自分が培った経験を基にした”目印”について話します。 これからはじめた...
サーフルアー

サーフで飛距離は重要!でも実際どのくらい欲しいの?

サーフルアーは「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」「ヤバイ!(適当)」と空前の飛距離ブーム。 「いやいや、普通に考えれば100m飛ばした方が有利でしょうよ」と思うので、ソレに関して特にツッコミは...
サーフルアー

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

サーフは横に広いので、地形がいい良ポイントを探すのは苦労します。 朝マヅメとか暗闇の中ならなおさら。明るい時にそれや離岸流を見つけるのは簡単です。 夜間で白波がようやく見える状況におけ...