都会派アングラーにはスズキのイグニスを薦めたい

釣りにどっぷり漬かったアングラーは大抵、釣行に最適な車を選ぼうとします。その最終地点がスズキのジムニー。

でもちょっと待ってほしい。

街乗りが多いとかパートナーも使うなら、ぜったいイグニスのほうがいいって!

スポンサーリンク

スイフトっぽいけどSUV寄りな性能のイグニスが都会派アングラーにおすすめな理由

スズキのイグニスは、都会派アングラーにおすすめなコンパクトSUV。

スイフトベースで軽自動車よりは広めの車内。ハリアーなどと比べると狭いけど、コンパクトなボディで狭い道でもスイスイなのが魅力。

イグニス|スズキ
自分を楽しむコンパクト、スズキ「イグニス」の車種情報ページです。シンプルでありながらも、個性的でスタイリッシュなデザイン。マイルドハイブリッドを搭載し、小回りのきく操舵性。さらに衝突被害軽減ブレーキ搭載で安全機能も充実し、価格もリーズナブルな「イグニス」を紹介します。

でもぶっちゃけ人気が無さすぎる。

小型SUVは同社でハスラーがあるし、ベースのスイフトでも十分アウトドアは楽しめる。ディープなマニアならジムニーを選ぶのは間違いない。

だからイグニスは生まれながら、(同社のモデルに)負けることが確定している存在かもしれない。

でもあえてこれをおすすめしたい。その理由は、街乗りが多いタイプほど、軽のハスラーやジムニーより運転が楽になるし、スイフトよりはアウトドア色が強いため。

そしてなにより! 不人気モデルは安い!!

たまに釣りをする程度なら街乗りの快適さを選ぶべき

アングラーは車を”魚釣り基準”で選ぶけど、1年間で何回釣行にいきますか?

最新ジムニーの乗り心地は、以前に比べてマシにはなりましたが、お世辞にもデート車とはいえないし、軽自動車はパワー不足で街乗りも疲れます。

アウトドアが好きだとしても、日常と趣味にどれだけの時間を費やしているのか。その比率を今一度振り返ってみては?

もし家族が同じ車を使う場合、乗り心地が最悪だと、相手のストレスも溜まるでしょう。それを許容できるのは、大好きな自分だけです。

まぁ……ベストは(目的に合わせた)2台所持ですけどね。

それではコストが嵩みすぎるから、アウトドア目的と街乗りや通勤目的で、充実させたい方を優先するべき。

イグニスは街乗りの方が多い場合はおすすめで、アウトドア重視ならジムニーでいいと思います(投げやり)。

イグニスは2人釣行までならおすすめできる車

イグニスはスイフトベースなので、欠点はラゲッジスペースが少ないこと。

イグニスの荷台はお世辞にも広いとはいえない

https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

お世辞にも広いとはいえません。リアシートを倒して2シーターにして、ようやくステーションワゴンと同等のリアスペースです。

でも考えてみてください。4人乗って釣りに行く時、ある?

2人ならリアシートはいらないし、後部フラットにすれば二人分の荷物は十分載ります。ロッドもケースに入れれば、斜めに置くこともできます。

釣りで最も運びにくいのって、ロッドなんですよね。

車を選ぶときは、自分の持つロッドを持っていき、車内に収められるか確認するといいです。あとクーラーボックスを載せれるとかね。

ぼっちアングラーならロッドカーホルダーを迷わず着けよう

アングラーにとって車に積みづらいのはロッドです。

特にルアー向けだと継竿が多くなり、ガイド保護を考えるとケースが必要になるが、それがまた邪魔になる悪循環が発生しやすい。

それを車内の天井に添えつけてくれるのが、【ロッドカーホルダー】です。特に軽自動車は必須レベル。

注意点は、リールを着けたままぶら下げ続けるのは、ロッドの破損に繋がります。細かい振動はひびが入りやすいですからね。

乗り物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生