都会派アングラーに薦めるスズキのイグニス

「スイフトなのか!?」「いやアルトじゃないか?」「もしかしてイグニスなのか?」

「「「イグニスだ!!」」」

 

 

影「でもやっぱりジムニーだろJK…」

スポンサーリンク

スイフトより小さいがアルトより大きい。そんな「イグニス」

発売されて日は経ちますが、スズキのお膝元でも全然見ない小型SUVのイグニス

ハスラーで確立した「小型SUV」のジャンルに、ちょっとしたサイズアップとして投入……まあそんな感じだろう。

 

三菱自のどさくさに紛れ、「(カタログで)燃費を偽ってはいないが過程を不正していた」とよくわからない指摘されたスズキ。実際は「法令で定められた測定法だと燃費が向上したけど…」と、問題なのかどうなのかユーザー側が困惑する事態となった。

軽自動車の燃費競争では業界トップ

軽自動車の技術と販売力でも世界トップクラスです。ほぼ軽しか作ってないしな

イグニスが「都会派」である理由

都会派たる理由は、JKのステータスであるiPhoneなどApple製品と繋がる「Apple CarPlay」に対応したナビゲーションを搭載したところ。

 

リンク イグニス|SUZUKI

 

新型イグニスの気になる評価・口コミは?納車したオーナーさんの評判を見ていきましょう!
新型イグニスの評価・口コミを見ていきましょう!個性的なエクステリアデザインには高評価が目立ちますね。狭いと思われがちですが、ボディサイズから考えれば室内の広さも及第点以上と言えます。内装の評価はイグニスらしいかわいい&実用性が高いと評判も。燃費性能はJC08モード28.8km/Lと優秀。安全性能はスズキセーフティーサポ...

 

ぶっちゃけ今までのナビも、bluetooth接続すればいいんですけどね。

ちょい違うのは、「Apple CarPlay」はOSが一致するため、製品との完全なリンクを果たします。そのためSiriも使えるナビだし、音声操作もある程度は可能になるってわけ。

ipadがそこに埋め込まれているじゃろ?」の認識でOK。

都会住みだからアウトドアしたい時もある

走行性能は都会派。コンセプトはSUVに近いので、アウトドアも活躍できる。

軽自動車に近い小型ボディもあり、川や湖へのアクセスに向いている。しいていえば、3人くらいのキャンプに向いている車かな。

 

欠点はラゲッジスペースが少ないこと。家族では致命的だけど、ぼっちにとってはむしろ良い!

ぼっちにリアシートは無用だし、……すると収納は十分すぎるくらいに。

ぶっちゃけ「ハスラーでいいんじゃ?」と思えてくるけど、そこを補うのが「パワー」です。

スイフトベースだし(一応)軽自動車じゃないから、「エアコンつけると進まねぇ!」みたいな事態はないよ!

ぼっちアングラーならロッドカーホルダーを迷わず着けよう

アングラーにとって車に積みづらいのはロッドです。

特にルアー向けだと継竿が多くなり、ガイド保護を考えるとケースが必要になるが、それがまた邪魔になる悪循環が発生しやすい。

それを車内の天井に添えつけてくれるのが、【ロッドカーホルダー】です。特に軽自動車は必須レベル。

自分で装着するのは難しくないです。

リールを着けたままぶら下げておくと、リアシートに居る人は邪魔に感じるので、注意しましょう。むしろ着けたまま走行すると、振動でリールシートがダメになりやすいです。

セダンタイプも必須レベルですけど、天井が低いし圧迫感が増すので諦めましょう。

悪路走破性能世界一位のアイツが生まれ変わる

というわけで都会派イグニスは、アーバンライフなアングラーにはベストである。

対して、一部では神格化されている車がスズキには存在する。

 

リンク ジムニー|スズキ

 

『ジムニー』はサーフアングラー御用達。大雨で増水しても、「ジムニーなら大丈夫か…」と通行許可をもらえるレベルの本格クロカン車。

20年来姿が変わらなかった車だが、このたびモデルチェンジで新型に。

イグニスも車名がないコンセプト段階では、次世代のジムニーと思われていたこともあったなぁ。

納車1年待ちなので、予約してからカタログをみたり試乗して頑張ろう!(待とう)

新製品ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生