初春の浜名湖シーバスに使えるルアーとパターンについて

 

初春である2月から5月頃までを対象にした、浜名湖シーバスの攻め方をまとめてみた。

パターンの移り変わりは、「バチ→アミ&稚鮎→ハク(イナッコ)」の順が多い。

もちろん海況によって変化はするけど、季節に素直なのが浜名湖らしい。

 

スポンサーリンク

2~3月はバチメインでフォローに稚鮎

 

2月中旬以降の大潮でバチ抜けスタートすることが多い。

潮が大きく動くのは夜間になるため、夜がメインになるので明るいうちに入りたいポイントの下見をしておくと吉。

アミは梅が散って水温が上がってきてから沸いてくる。なので3月初め以降で気候次第。

 

バチ抜けは浜名湖全域で一斉に……でもなく、にょろにょろ生息域の都合もある。

ヒント的な物をいうと──

今切口から村櫛辺りまでは表浜名湖とされ、潮汐の循環で暖かい水が入ってきやすいので、奥より水温が上がりやすい。夏はその逆で循環が悪い奥が上がりやすく、表は気温より安定する。

そして早い所で2月から、最終便で5月ってところ。

 

時合いはよく抜ける(意味深)大潮の上げ一杯から下げ6までの夜間が狙い目。

流れの終着点や淀みやすいポイントを抑えておくといい。

 

 

3~4月は小魚メインでフォローにバチ

 

稚鮎は河口域のイメージが強いけれど、初春の浜名湖名物でもある。

地域にもよるけれど、稚鮎は全国でも禁漁対象であることが多いので注意すること。

都田川で生まれ、外から戻ってくる稚鮎も多かったのだが、近年は水量不足で少なくなった。小魚ではコウナゴのほうが多いかな。

サイズ的にはどちらも同じで5cm前後。

 

アミは海藻がにょきにょきして、海岸に磯のかほりが漂う頃。桜が散ってから本番ってとこ。主に中~奥浜名湖がメイン。

干潮では浅すぎるので、満潮前後に膝上が浸かる場所からバイブレーションでリアクション狙い。

 

5月以降は場所によって合わせる必要がある

 

半袖を着る人が珍しくなくなってくる頃、ボラの稚魚であるハク(イナッコ)がわらわら浅瀬に集まりだす。

浜名湖定番のトップも本格化し、潮回りも含めて日中の釣りがしやすくなる。

シーバスよりブリームメインになります。

 

エサが豊富になるので、現地にいって「何を食べているか?」を考える必要がある。

地域で区別はできるけれど、深く考えず「万能」をとるなら、ローリングベイトレンジバイブがあれば事足りる。どっちも18g以内で選べばOK。

ベイトの種類が多いってことは、ルアーの種類も必要になる。

魚の活性自体は高い時期なので、「上中下を通して反応なければ次」のランガンスタイルが向いている。

 

 

浜名湖バチパターンにオススメのルアー

 

浜名湖では40cm前後が平均なので、フックは小さめを選ぶほうがいい。

実績でいえば「マニック95・115|DUO」が強い。難点は標準フックが小さいところ(#7前後)。40cm↑だとほぼバレるし伸びやすい。

フックサイズをあげても本体に絡みやすくなるので#6が精一杯。

 

ちょっと深めの場所を狙いつつ飛距離を求めるなら、「トライデント90S|SHIMANO」と「レイジースリム110S|DAIWA」がおすすめ。

 

 

ルアーカラーは泳がすレンジでボディ部分を見せるか、ベリーを見せるかで選ぶ。

常夜灯や月光など”光”があるなら透過するカラーが良く、暗闇はオレンジやグローの際立った色が効果を発揮しやすい。

 

浜名湖のアミ&小魚パターンにオススメのルアー

 

これらは厄介なベイトの筆頭。

魚が居るとわかれば、まず「捕食できるレンジに通す」ことが重要なこと。目の前に通して反応なければ次の手を考える──切り替えとローテが鍵になる。

 

正直いって「これ!」というオススメが存在しない。

浜名湖の外洋付近はそれなりに深いけれど、岸からは2m以内の浅瀬が多いので、水深2m以内を10cm刻みくらいで通せればなんでも。

例えば──水深1mの場所で中層にいる場合、30~50cmくらいを通せるルアーがあればいいことになる。

そうなると沈むシンペンをゆっくり巻きでいいし、ミノーでもシャロータイプなら早めでも使える。

 

マイクロベイト対策ではレンジバイブかミノープラグがあればいい。

レンジバイブ55・70|バスデイ」と「コウメ90|ima」が使いやすく、カラーも豊富なのでおすすめ。

 

 

カラーは「コンスタンギーゴ」が定番、万能性はキャンディ。

クリアならラメ入ったタイプとか……ようするに、小さい点をマイクロベイトに見たててる感じ。

「色よりも棚(レンジ)」なので、ルアー操作が重要

 

「コレで釣れなきゃ帰ろう」な万能ルアー

 

浜名湖でも日本中でも実績が高い万能ルアーは「ローリングベイト|タックルハウス」。種類の多さに戸惑うけれど、浜名湖なら「77以内」があれば十分。

これ1本でバチから小魚までカバーでき、ロリベと呼ばれるニクいやつ。

 

 

「”投げて巻く”、それだけで釣れる」

初手で使うよりも、最終手段として忍ばせておきたい。

似たようなタイプに「ラビット109|ニコデザイン」があるけれど、こちらはシャローランナーなので日中のウェーディング向け。

浜名湖
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生