【2~5月】初春の浜名湖シーバスを攻略するルアーとパターン

初春はベイトが小さく、ルアー釣りが苦戦しやすい時期。──だからこそ、攻略がとても重要になる時期です。今記事は2~5月頃を対象にした、浜名湖シーバスのルアーパターンについてまとめています。

なぜパターンを見極める必要があるのでしょう?

スポンサーリンク

初春の浜名湖シーバスを攻略するのに重要なポイント

ルアーフィッシングはよく「○○パターン」と、対象がエサにしている小魚を模してルアーを選択するテクニックが紹介されています。なぜこれが重要視されているのか? ……それは”釣れやすいから”です。

水温は季節で変化し、それに合わせて生態もがらりと変わります。

浜名湖でいうと、夏は潮干狩りで見かける小さなハゼが、冬になると沿岸でも見なくなるし、夏は水面を賑わしていたボラ達も、冬は産卵に外洋へ出かける個体もいます。クロダイ・キビレも同じく、産卵行動で浜名湖から旅立ちます。これが”落ち”と呼ばれている行動

生態系が変化するなら、食べるエサも変わります。ルアーの「マッチザベイト」の考えは、日頃から食べているエサと同じ姿形なら安心してパクついてくれるんじゃね? から来ています。

というわけで、シーズンごとのベイト(エサ)を把握しておくと、 ルアーで魚を釣る効率をあげることができるわけです。

初春はベイトが小さい。なら使うルアーも…?

初春は孵化したての幼魚や、プランクトンが主なベイト対象になります。これらは数センチ、もしくはそれ以下なので、ルアーをベイトサイズに合わせるのは困難。

その対策は、ベイトの特徴に似たルアーを選ぶこと。

例えばバチ(ゴカイなど多毛類)なら、水面下をにょろにょろと動くので、水面かそれ以下を引けるペンシルタイプのルアーが使われます。バチは10cmくらい伸びるので、ルアーに大きさが追いつきやすいメリットもありますが、ベイトと同じレンジを通せることが重要です。

春で最も難しいベイトであるアミは、1cm程度のエビに似た生物で、ワラワラ群れているのが特徴。シーバスは目と側線でエサを感知するため、水中に起きる”波動”でエサを判断します。それに近づけるために、アミパターンはレンジバイブがよく使われます。

──これらの前知識は参考程度に、ここからは浜名湖の初春シーバス攻略について。

浜名湖の初春シーバスパターンについて

  • 2~3月はバチがメイン。稚鮎はフォロー。

浜名湖のバチ抜けは2月中旬以降の大潮でスタートすることが多い。全国傾向でも「冬+大潮+満月」がトリガーになっていますが、地域によってバラつきはあります。アミは3月以降に気温が上がり、水温も上昇しだすと増えてくる感じですね。

  • 3~4月はイナッコとアミ。バチはフォロー。

例年だと4月がラストバチ。この時期からは水面にイナッコ(関東だとハク)が目立ちはじめ、そのエサとなるアミも沿岸でよくみかけるように。海藻も目立ってくるのでシンペンが活躍しやすい時期です。

  • 5月はボトムの甲殻類を意識する。

浜名湖はチヌのボトムノックパターンが有名で、その理由はクルマエビ(サイマキ)にワタリガニなど、ボトムにおいしい甲殻類が多いため。それを狙ってタコも活性が良くなります。ボトム中心のメソッドは、チヌだけじゃなくシーバスにも有効。ただそれよりは上に通すほうが結果はでやすいかと。

──短い数ヶ月でも、水中のエサ模様は大きく様変わりするのがわかったと思います。

ベイトを意識してルアーを合わせるのも手段のひとつですが、この数ヶ月を戦うルアーは、大きくわけて2種類だけでもいけます。 ”ベイトに合わせる”とは、”レンジを合わせる”こと。それを意識すれば、答えは見つかるでしょう。

初春のベイトパターンを攻略するおすすめルアー

ルアーをたくさん持つのは重いし面倒くさい。数個で済まないか?

その問に答えるルアーは存在します。特に初春は「シンキングペンシル」と「レンジバイブ」の独壇場。浜名湖でおすすめなのは、『スライドスイムミノー』と『レンジバイブ55S』です。

  • ジップベイツ:スライドスイムミノー

太平洋寄りの浜名湖は、潮汐による流れが強いため、ランダム性のある”ヨレ”を演出しやすいスライドスイムミノーは頼りになる存在です。ジップベイツのテストは浜名湖で行われているため、信頼度の高いルアーでありメーカーです。

  • バスデイ:レンジバイブ55S

バスデイのレンジバイブは、ウェイトとサイズが非常に多いルアーです。浜名湖なら55Sくらいがちょうどいい。ボトムノックからアミパターンまで対応できます。ボトムノックなら暗めの色を、アミパターンならカラフルを選ぶのがおすすめ。

zipbaits ジップベイツ
ルアーフィッシングの楽しさを創造するルアーメーカーです。BASS用アイテムをはじめ、トラウト用のRigge、ソルト用のZBL、エリアに向けた鱒屋シリーズを展開しています。
Bassday | レンジバイブ
  • フォローで忍ばせたい最終兵器:ローリングベイト

タックルハウスのローリングベイトは、全国どこでもシーバスが狙える万能ルアー。ただ巻きでもいいし、小刻みなジャークで逃げるエビも演出できます! ……ならこれ1個でいいんじゃないかな?

……とはいえ、”より細い”とか、”より大きい”ルアーが好まれる状況もあります。これらがあれば大体釣れますけど、選択肢はより多いほうが確率は上がるので、最低でも6パターンは想定しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました