【2~5月】初春の浜名湖シーバスを攻略するルアーとパターン

初春はどこもベイトが小さく、ルアー釣りが苦戦しやすい時期。だからこそ、攻略が重要になります。

今記事は、「浜名湖で2~5月頃にシーバスを釣りたい!」を対象にした、ルアー選択と攻略パターンをまとめています。

初春の浜名湖シーバスを攻略するのに重要なポイントとは?

ルアーフィッシングでは、釣り対象のエサに模したルアーを選択するテクニックが紹介されています。

これが重要視されるのは、毎年変わらず釣れやすいからです。

水中の生態系がある日突然ガラリと変わった?! ──本当なら大事件。気候と水温で”タイミング”こそズレるけど、「アレが釣れてコレが釣れなくなった」みたいなことは、毎年繰り返されていること。

なので、あるポイントにおけるシーズン毎のベイト(エサ)を把握しておくと、 ルアー選択の効率をあげることができます

例えば浜名湖シーバスの1年なら、以下のスケジュールが水温次第で輪廻している感じです。

  • 春はバチ抜けにアミ、おまけで稚鮎にキビナゴ
  • 夏はボラ(小)とサッパにヒイラギ
  • 秋はイワシにサッパとヒイラギ
  • 冬はヒイラギや甲殻類

ベイトが極小な初春はルアー選択が難しいシーズン

全国的に初春はベイトが極小。孵化したての幼魚や、プランクトンがベイト対象です。これらは数センチ、もしくは未満の大きさ……。

それらにマッチザベイトするには、ベイトの特徴に似たルアーを選ぶ必要があります。マイクロベイト対策といわれてますね。

例えば、バチは水面下をにょろにょろと泳いでますが、あそこまで全体がウネウネ動く物はワームでも無理。そこを真似る必要はなく、それっぽい見た目と大きさがあれば十分だませる──。

ベイトパターンのルアー選択で重要なのは、ベイトの群れに紛れこませても、”サイズ感とカラーをなじませる”ことが重要です。

──これらの前知識は参考程度に、浜名湖の初春シーバス攻略で応用を学びましょう。

浜名湖の初春シーバスパターンについて

  • 2~3月はバチがメイン。稚鮎はフォロー。

浜名湖のバチ抜けは、2月中旬以降の大潮でスタートすることが多く、全国でも「冬後半+大潮+満月」がトリガーになりやすい。

地域によって水温差があるため、バラつきはありますが、バチは主に表浜名湖と奥浜名湖に生息地があるため、そこで狙うのが主流。

アミは3月以降に気温が上がり、水温も上昇しだすと増えてくる感じですね。

  • 3~4月はイナッコとアミ。バチはフォロー。

水温が上がりはじめてから、水面にイナッコ(関東だとハク)が目立ちはじめます。それらのエサとなるアミも沿岸でよくみかけるように。

バチは4月頃にラストを迎える感じ。

  • 5月はボトムの甲殻類を意識する。

浜名湖はボトムノックパターンが有名。その理由は、クルマエビ(サイマキ)にワタリガニなど、ボトムにおいしい甲殻類が多いため。

ボトム中心のメソッドは、チヌだけじゃなくシーバスにも有効。でもそれより上に通すほうが、シーバスの結果はでやすいかと。

──このように、短い数ヶ月でも水中のエサ模様は大きく様変わりします。

ベイトを意識してルアーを合わせるのは手段のひとつ。ですが、春シーズンを戦うルアーは、大きくわけて2種類だけでもいけます。

初春のベイトパターンを攻略するおすすめルアー

ルアーをたくさん持つのは重いし面倒くさい。数個で済まないか?

そのワガママに応えてくれるルアーは存在します。

特に初春は「シンキングペンシル」と「レンジバイブ」の独壇場。浜名湖でおすすめなのは、『スライドスイムミノー』と『レンジバイブ55S』かな。

  • ジップベイツ:スライドスイムミノー

太平洋寄りの表浜名湖は、潮汐による流れが強いため、ランダム性のある”ヨレ”を演出しやすいスライドスイムミノーは頼りになる存在。ジップベイツのテストは浜名湖で行われているため、信頼度の高いルアーでありメーカーです。

  • バスデイ:レンジバイブ55S

バスデイのレンジバイブは、ウェイトとサイズが非常に多いルアー。浜名湖なら55Sくらいがちょうどいい。

特性を活かしたボトムノックと、カラーチェンジでアミも対応できます。ボトムノックなら暗めの色を、アミパターンならカラフルを選ぶのがおすすめ。

zipbaits ジップベイツ
ルアーフィッシングの楽しさを創造するルアーメーカーです。BASS用アイテムをはじめ、トラウト用のRigge、ソルト用のZBL、エリアに向けた鱒屋シリーズを展開しています。
バスデイ BASSDAY
ルアーフィッシングはバスデイから
  • フォローで忍ばせたい最終兵器:ローリングベイト

タックルハウスのローリングベイトは、全国どこでもシーバスが狙える万能ルアー。ただ巻きでもいいし、小刻みなジャークで逃げるエビも演出できます!

……もうこれ1個でいいんじゃないかな?

……これらが万能とはいえ、同じルアーばかり使っていると、場がスレやすいため、種類を持つことも武器になります。

状況によって、より細い、より大きいルアーが好まれる状況もあります。選択肢はより多いほうが確率は上がるので、最低でも6パターンは想定しておきましょう。