初春の浜名湖シーバス!使えるルアーとパターンについて

初春にあたる2月から5月頃までを対象にした、浜名湖シーバスの攻め方をまとめてみました。

パターンの移り変わりは、「バチ→アミ&稚鮎→ハク(イナッコ)」の順が多い。

もちろん海況によって変化はするけど、季節に素直なのが浜名湖らしい。

スポンサーリンク

2~3月はバチメインでフォローに稚鮎

浜名湖のバチ抜けは、2月中旬以降の大潮でスタートすることが多い。

バチ抜けは全国で「冬+大潮+満月」がトリガーになっている傾向があります。

アミは梅が散って水温が上がってきてから。なので3月初め以降で気候次第。

 

潮が大きく動くのが夜間のため、ポイントの地形を把握するためにも、日中に視察を済ませておきましょう。

浜名湖は航路が多いため、干潮時のウェーディングでいけるとこまでいこうとすると、ズッポリはまる恐れがあります。

 

バチ抜け自体は、今切口から村櫛辺りが特に多く、表浜名湖がメインになります。

この地域は潮汐の循環で水温も安定しやすく、バチも流れてきやすいので、流芯から外れた淀みを狙うと吉。

時合いはよく抜ける(意味深)大潮の上げ一杯から下げ6までの夜間が狙い目。

浜名湖バチパターンにオススメのルアー

浜名湖で釣れるシーバスのアベレージは40cm前後。

冬季の実績でいえば、「マニック95・115」が強い。マニックは標準フックが小さくバレやすいので、サイズを#6くらいに替えておきましょう。

マニックは水面を引くルアーなので、水深が1m前後のウェーディングにはハマります。何も考えずゆっくり巻きましょう。

 

ちょっと深めなら、フォール主体で狙いつつ飛距離を求めるタイプを。

おすすめをあげると、「トライデント90S」と「ガルバスリム」ですかね。

潮が動いていると沈むルアーが不利になるので、リップ付きミノーも忍ばせておきましょう。

ルアーカラーは、常夜灯や月光など”光”があるなら透過タイプを、暗闇はオレンジやグローの白基調が効果を発揮しやすい。

3~4月は小魚メインでフォローにバチ

稚鮎は河口域のイメージが強いけれど、初春の浜名湖名物でもある。

稚鮎を採取するのは、全国でも禁漁対象であることが多いので注意すること。それを狙いに来るシーバスを採取するので、関係はありませんが……。

かつては都田川で生まれ戻ってくる稚鮎もいましたが、近年は水量不足で鮎どこじゃなくなりました。どちらかといえばコウナゴのほうが多い。

サイズ的にはどちらも同じで5cm前後。

 

アミは海藻がにょきにょきして、海岸に磯のかほりが漂う頃。桜が散ってから本番ってとこ。主に中~奥浜名湖がメイン。

干潮では浅すぎるので、満潮前後に膝上が浸かる場所からバイブレーションでリアクション狙い。

浜名湖のアミ&小魚パターンにオススメのルアー

アミと小魚はルアーで模すのが難しいので、パターンを成立させるのは難しい。

まず「捕食できるレンジに通す」ことが最重要。目の前に通して反応なければ次の手を考える──切り替えとローテが鍵。

 

正直いって「これ!」ってオススメはありません。

マイクロベイト対策では、レンジバイブかミノープラグの出番。本体ではなく、カラーで釣る感覚で挑みましょう。

レンジバイブ55・70」と「ラムタラバデル105」が使いやすく、カラーも豊富なのでおすすめ。

レンジバイブのカラーは「コンスタンギーゴ」が定番。

ミノーのサイズは特に気を使う必要もなく、アミを食べる小魚を待つシーバスに食べてもらう感覚で。

5月以降は場所によって合わせる必要がある

新緑が目立つようになってからは、ボラの稚魚であるハク(イナッコ)が浅瀬に集まりだす。

水温も上がりだして多くの活性があがり、水温次第ではクロダイのトップも可能になるくらい。

潮回りも日中のほうが良くなり、暖かい日差しで数釣りも狙えるようになります。

 

この時期からはシーバスよりも、クロダイ・キビレ(ブリーム)がメインになります。

 

エサが豊富な時期なので、現地で「何を食べているか?」を考える必要がある。

ベイトの種類が多いってことは、ルアーの種類も必要になる。

魚の活性自体は高い時期なので、「上中下を通して反応なければ次」のランガンスタイルが向いている。

「コレで釣れなきゃ帰ろう」な万能ルアー

浜名湖でも日本中でも実績が高い万能ルアーはタックルハウスの「ローリングベイト

サイズとウェイトが豊富すぎて、その多さに戸惑うでしょう。浜名湖なら「77以内」があれば十分。

これ1本でバチから小魚までカバーできます。通称はロリベ

普通に巻き巻きするだけでもいいですが、1巻でロッドを跳ねさせてダートさせるのも効果的。

40cm以下のチーバスメインの時は、こっちのほうが釣れやすいですね。

浜名湖は場所により、底が岩だらけもあるので根掛かりには注意しましょう。

浜名湖
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生