サーフの良ポイントはGoogleMAPでも見つけることができる

サーフルアーは広大な砂浜で行うため、ポイントの自由度が高いのが魅力です。そのかわりに、魚が居るポイントを絞るのが難しく、最初の1匹に辿りつくまで時間がかかることも……。「釣れる場所教えて!」──といわれても、特徴のない砂浜のどこを目印にするんだい?

サーフは他よりも、地図上からポイントを探すことがやりやすいジャンルです。誰でも使えるGoogleMAPを利用して、他のアングラーを出し抜きましょう。

スポンサーリンク

GoogleMAPは何でも知っている

GoogleMAP」は誰でも使える地図サービスです。世界中の地表をほぼ全てマッピングしており、立体表示の3Dや、実際に歩いているような体験をできるストリートビューなど、今は携帯できるナビシステムとしても認知されています。こんな便利なサービス、活用しない手はない……!

釣りをするポイント選びに必要な情報って何でしょう?

多くは「(釣果の)実績」を優先するでしょう。堤防や河川なら地名で特定しやすいですが、サーフは横に広く、「A海岸のどこで釣れたのか──」まではわかりません。A海岸でヒラメが釣れたからって、そこに入るだけで釣れれば苦労しない。……そんな経験をしたアングラーも多いことでしょう。

サーフの一級ポイントは「離岸流」「ワンド」などの地形変化が要です。これらはどのサーフにも必ず存在するわけでなく、海岸の形状や砂質に海流など、その地形を生み出す要因が必要。つまり、フラットが着きやすい海岸はある程度決まっているわけです。

ということは──、海岸の形状さえ確認すれば、魚が居やすいポイントもわかるのです。それを知るためのツールがGoogleMAPです。

地図を見るだけでサーフの良ポイントを見つけるコツ

GoogleMAPからサーフの良ポイントを見つけるには、絵図よりも航空写真のほうがオススメ。その理由は地形が分かりやすいから。航空写真なら海の色まで確認できるため、おおよその水深から離岸流ができやすい場所まで特定できます

GogleMAPで浜名湖今切口をみる
海の色(濃度)で水深はわかるし、実写なら道路状況もわかりやすい。

上の画像を見てもらえばわかるように、地図上で防波堤まで丁寧に記載されることは少ない。航空写真では導流堤があるのに、地図にはそれが無いでしょう?

私は遠州サーフのほぼ全域で釣りをしたことがあります。釣果報告があがりやすいいくつかの有名ポイントに、ある共通点が存在することに気づきました。それは「ある程度駐車場が広い」こと。車が停めやすく、釣り場まであまり歩く必要がない……。利便性の高さも人気の要因になっています。

アングラーが増えるほど魚は釣られやすい。だから釣果報告が多くなるのは必然。有名ポイントはそのようにして産まれ、実績を積み重ねていくわけです。

釣りがしやすいから人が集まる。人が多いから釣れる魚も多くなる。
そして情報も拡散されやすい。だから人気ポイントが産まれる。

もっとも簡単に”釣れるサーフポイントを地図から探す”には、マップ上で駐車場ぽい箇所を探すのが第一歩! 更に一歩先を進むために、次は地図上から地形を読む方法を。

暗闇でも地形を知るには「波と海岸線」だけ見れば良い

初めて入るポイントは、水深と障害物がハッキリするのは投げ入れるまでわかりません。闇雲に歩いて迷う可能性さえあります(経験済)。そうならないよう、モバイル端末のGPSを駆使しましょう。

日中なら少し高い位置から眺めれば、地形も離岸流も一発でわかります。でも夜間は波の音が聞こえるくらいで、白波が少し見える程度だから、離岸流がどこにあるのかまではわかりません。ところが、そんな状況でも地形を把握する方法があります。

それは「波の発生点と海岸の形状」を抑えること! これは以前に詳しく書いているので、そちらも参考に。

馬の背を知ることは離岸流を知ることに繋がる

馬の背とは、少し離れた所にある山のような浅瀬のこと。これは干潮時の波打ち際なので、遠浅サーフの特徴です。馬の背は航空写真からでも確認できます。

馬の背は他よりも浅いから白波が発生します。離岸流はその切れ目を形成するため、航空写真で「白波が切れている箇所=離岸流が存在する」と判断できます。

地図上でもリアルでも覚えて欲しいのは、「波が立つ(盛り上がる)場所は海底に変化がある!」こと。衛星地図で白泡が見える箇所は、水深2m以内だと思ってください。

スポンサーリンク

航空写真で地形が判断できるようになればポイント探しが捗る

ここまで現地に訪れることもなく、GoogleMAPだけでサーフの良ポイントを探す方法について語りました。ここからは最後のまとめとして、浜松市の中田島海岸を例に説明します。

中田島海岸は3種類の性質が楽しめるおもしろい場所。その内訳は「探り歩きの起伏に富む遠浅」「引き出すテクが問われるワンド」「固定砲台でも夢があるドン深」の3つ。これらは地図からも判別することが可能です。

まず考えるべきは、「中田島砂丘がなぜ産まれたのか?」です。

東西で砂の質が違う中田島海岸。その理由は馬込川と天竜川が東側にあるから。

中田島砂丘が産まれたのは、天竜川と馬込川からの土砂が流れ着く場所だったためです。この辺りは東から西へ潮流があり、砂丘から東に位置する2つの河川から砂が流れ着きやすかったんですね。

砂は粒の大きさにより、運ばれる距離が異なります。大粒の砂利は河口付近にたまり、ほぼ砂利のサーフが形成されます。これは実際に天竜川の河口に行くと実感するでしょう。砂利は砂のように運ばれず、波の力でうず高く積まれるため、急深な地形になりやすい特徴もあります。

細かい砂は遠くまで流れるし、風でも飛ばされます。これが堆積しやすい場所が砂丘になります。砂は波で動きやすく、沖まで広範囲に積もるため、遠浅の海岸が形成されます。サーフの地形変化が富んでいるのは、砂が軽いからですね。

こういう地形変化の話は、NHKのブラタモリでよく語られます。「砂州」「砂嘴」について学ぶと、サーフルアーのポイント選びで有利に働きますよ?

写真の海色の変化で水深を読む

最後に地図でみる海の色で深度を予想する術について……。

海岸に見える海は、濃い青ほど深く、白いほど浅くなります。カラーピッカー的に説明すると↓な感じ。地図の撮影タイミングでは濁ってわからないかも。でも遠州灘沿岸のような遠浅サーフだと、70m沖でも3~5mってとこです。

それで水深がわかるってことは、事前のルアー選択もできますよね?

水色が濃く、水深5m以上ありそうな所でFミノーでヒラメを狙うのはどうかと思うし、1m前後で浅い箇所で60gのジグを投げても貝掘りするだけだし……。水深がある程度わかるだけで、そこで使えそうなルアーはある程度絞られます。

地図からポイントを把握する方法は教えたので、あとは実釣するだけですね。魚を釣るための方法は別の話になりますので、「ヒラメ釣りたい!」な釣りムック本を1冊持っておくといいです。

タイトルとURLをコピーしました