地図を見るだけでサーフの良ポイントを見つける方法

サーフのポイント教えて!(意訳:釣れる場所教えて)

サーフで釣れるポイントといわれても、だだっ広い砂浜のどこもチャンスは等しくあるし、少しは自分で探す努力をしてもらいたいものです。

といえばキレられるのは間違いないので、私が活用している、「地図からポイントを探す方法」を教えます。

スポンサーリンク

GoogleMAPは何でも知っている

はじめてのサーフポイントに行く際、必要な情報とはなんでしょう?

私は「車が停めれるか?」「車が通れるか?」を最優先としています。

駐車場から海岸の距離も考慮はしますが、その距離が離れるほど面倒がりのアングラーが減るので、私はむしろ遠くて面倒でも構わないほうです。

 

移動に自動車を利用するので、路上駐車をせず停められる場所があるかは大事。

沿岸部にちゃんとした駐車場は少なく、慢性化した路駐も目立ちます。もともと魚釣りのために整備された駐車場は、管理された釣り場以外は皆無なので、多分な期待はよしたほうがいいです。

 

魚釣りは、魚が棲める水辺さえあれば成立します。

GoogleMAP」は誰でも使える地図アプリケーションで、地球上のほぼ全てを3Dマッピングしており、都市部は道路上を歩くことを仮想体験できるほど。

日本において、それに写っていない釣りポイントは皆無に等しい。それは誰でも自由に探すことができる。

 

これを活用しない手はないですよね!

ポイントを隠したいのなら「撮らない!言わない!」が正解

釣り人は魚が釣れた場所を隠したがる傾向があります。

それは昔からで、SNSなどネットワーク上で釣果写真があれば、「(釣れた場所)教えてくださいよ~」「えぇ~どうしよっかな~(ウッザ)」みたいなやり取りが繰り広げられているでしょう。

いくら場所を隠そうが、江戸時代に伊能忠敬が頑張って以来、日本の沿岸に秘境ポイントは皆無なわけで、私は隠そうとするだけ時間のムダ」と思っている。

 

GoogleMAPの衛星写真は、釣りポイントを探すのにとても重宝します。

絵図よりも実写のほうが地形が分かりやすいし、サーフだとおおよその水深や離岸流ができやすい場所も特定できます。

 

 

地図は歩ける防波堤は記載されているけど、それに関係しない消波ブロックはないんですよね。所によっては衛星画像だと、沈んだ漁礁も見えたりします。

無料で高精度の地図を使える……ならば有効活用してサーフの良ポイントを探しちゃいましょう!

サーフは広大といえ釣れる範囲は限られている

いくら砂丘と呼ばれる砂浜とはいえ、一箇所に釣り人が集結するにも限度があります。

私がよく行く「中田島海岸」を例にすると、該当する地域の砂浜はおよそ2~3km程度しかありません。

駐車場の広さがウリですけど、ここに「300人も入れるか?」となれば無理でしょう。

 

遠州サーフの有名ポイントに共通するのは、「ある程度駐車場が広い」こと。

磐田サーフで有名な「鮫島海岸」は、駐車場とトイレに洗い場など充実しています。「キャタラー前」も広めの駐車場があります。それが何をもたらすかといえば「集客」です。

アングラーが増えるほど釣られそこねた魚は減り、釣果が多くなります。そうして有名ポイントに成長していくわけですね。

 

そのためまずは、マップ上で駐車場ぽい箇所を探すのが第一歩。それさえ見つかれば、海岸への通り道もマップ上で判断がつくでしょう。

例えば「浜岡原発」近くの河口にあるメチャ釣れそうなポイント。

原発敷地内は当然立入禁止ですけど、その範囲外なら砂浜もOKなわけで、ならあとは車を停めれそうな場所を探すだけですよね。

 

そんな感じでサーフポイントを探すこと自体は簡単。

更に一歩先を進むために、次は地図上から地形を読む方法を。

暗闇でも地形を知るには「波と海岸線」だけ見れば良い

初めてのポイントは、水深も障害物があるかもよくわからない。闇雲に歩いて迷う可能性さえあります(経験者は語れる)。

そうならないため、モバイル端末があればGPSを駆使してナビを駆使する方法があります。

ポイントとしては、駐車場から砂浜への入り口はともかくとして、そこから右か左どっちに行くかをあらかじめ決めておくほうが迷いません。

 

日中のサーフなら、少し高い位置から眺めれば地形も離岸流も一発でわかりますけど、夜間は高台から海を見ても音が聞こえるくらいです。

そんな状況でも地形を把握するには、「波の発生点と海岸の形状」さえ抑えればわかります。

これは以前に詳しく書いた記事があるので、そちらも参考に。

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法
サーフで魚を釣るためには「地形が重要!」といいます。 でも朝マヅメなど、暗闇からはじめることが多いし、その状況で良ポイントを探すのは無理じゃない? と感じている人は多いかと。 実はあるんです。初見...

 

波の発生点から地形を知る方法は、地図上からおおよその地形を把握する方法にも使えます。

馬の背を知ることは離岸流を知ることに繋がる

馬の背とは、波打ち際から離れた位置にある浅瀬のこと。沖合にあるのでサラシができやすく、魚も着きやすい良ポイントです。

これができる理由を簡単にいえば、馬の背は干潮時の波打ち際なんです。

色付けすると分かりやすくなるかも。

 

 

馬の背がある場所は離岸流も発生しやすいです。

地図上でもリアルサーフでも覚えて欲しいのは、「波が立つ(盛り上がる)場所は海底に変化がある!」ということ。

衛星地図で白泡が見える箇所は、水深2m以内だと思ってください。

白波があったりなかったりするサーフは、地形変化が豊富となるので、魚が着きやすく良ポイントかもしれませんね。

弓なりの海岸線は潮通しがよく、平行な箇所はドン深な傾向がある

中田島海岸は3種類のサーフが楽しめるおもしろい場所。

その内訳は「探り歩きの起伏に富む遠浅」「引き出すテクが問われるワンド」「固定砲台でも夢があるドン深」の3つ。わずかな範囲で性質が違うサーフが楽しめる、稀有でやりがいのある場所です。

それを形成するのが、沖の消波ブロックと河川から流れる砂利。いわば人工と自然のコラボレーションです。

 

 

遠州灘沿岸の潮流は東から西に流れる傾向があります。

中田島砂丘が産まれた経緯は、天竜川と馬込川からの土砂が流れ着きやすかったから。

でも河口に近づくほど大粒の砂利になり、砂粒が荒く比重があると、寄せ波で積み重なるだけで崖のような形状になり、ドン深サーフになりやすい。

 

砂粒が細かいほど風で飛ばされやすく、波で遠くに流されやすいので、遠浅の海岸が形成されやすいわけです。

砂が波で自由に動くため、天候や潮汐で馬の背やワンドが形成されたり、離岸流で部分的な深場ができたりと、地形変化が豊富になり魚たちの楽園にもなります。

こういう話は地質学になると思いますが、「ブラタモリ」でよく出てくる話でもあります。

写真の海色の変化で水深を読む

海岸に見える海は、濃い青ほど深く、白いほど浅くなります。

カラーピッカー的に説明すると↓な感じ。

 

 

地図の撮影タイミングによって濁りもありだろうけど、遠州灘沿岸のような遠浅サーフですと、70m沖でも3~5mってとこです。

それで水深がわかるってことは、事前のルアー選択もできますよね?

 

水色が濃く、水深5m以上ありそうな所でFミノーでヒラメを狙うのはどうかと思うし、1m前後で浅い箇所で60gのジグを投げても貝掘りするだけだし……。

水深がある程度わかるだけで、そこで使えそうなルアーはある程度絞られます。

有名ポイントにはよく釣れる「鉄板なルアー」があるんですけど、そこの地形にぴったり合うルアーが多いんですよ。

地図からポイントを把握する方法は教えたので、あとは実釣するだけですね。

魚を釣るための方法は別の話になりますので、「ヒラメ釣りたい!」な釣りムック本を1冊持っておくといいです。

サーフルアー
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生