サーフの良ポイントはGoogleMAPで探せます!

サーフルアーの難点は良ポイントを探すこと。

大海に沿う砂浜は、ひたっっっすらに広い! 場所は地図で探すことができるけど、魚が居そうな浜は実際に見ないとわからない。だから釣れるポイントを絞るのがすごく難しい……。

その問題を解決してくれるのが『Google Map』。家に居ながら全国のサーフを丸裸!

スポンサーリンク

GoogleMAPは何でも知っている

GoogleMAP」は誰でも使える地図サービス。世界中の地表──ていうか、地球の表面をほぼ全てマッピングしています。その表示方法が実に多彩。

誰もが慣れ親しんだ2D表示。空から地上を見る航空写真。建造物の高さまで表す3D表示。実際に歩いている体験ができるストリートビュー。他にはナビ機能に乗り換え案内など、携帯できるナビシステムとしても優秀。

こんな便利なサービス、活用しない手はない……!

ポイント選びに必要な情報ってなんだろう?

サーフのポイント選びに必要な情報って何だろう?

アングラーの多くは「釣果の多さ」を示す実績を優先すると思います。実はこの考え、サーフに向いていません。サーフは河川や堤防と比べて住所地名が曖昧。だから釣れた場所を聞いたところで、「釣れたって、○海岸のどこで釣れたというのよ──!」みたいになります。

例えばW海岸でヒラメが釣れた情報があったとします。

ここで冷静に考えて欲しいのですが……、ヒラメはW海岸だけしか釣れないわけじゃないし、W海岸の”どこだよ”って話。サーフはとにかく横に広い。W海岸だけしかヒラメが居ないわけでもない……。

釣れる場所は必ず、魚が居やすい・寄りやすい条件が揃っています。ようは地形変化が豊富です。

変化とは「離岸流」「ワンド」などのこと。これらはどこでも必ず存在するわけじゃなく、形成されやすい条件が揃った場所に必ず現れます。その条件とは、「海岸の形状」「砂質」「海流」など。これは実際に海を見るまでわかりません。

でもGoogle Mapなら……PCスマホで全国のサーフを空から見れちゃうんだよね。

スポンサーリンク

Google Mapだけでサーフの良ポイントを見つけるコツ

Google Mapだけで良ポイントを見つけるには、数個のコツをおさえるだけです。

まずは2Dの絵図ではなく、「航空写真」を選びましょう。写真だと海色の濃さが確認できますよね? 海の濃淡はおおよその「水深」を想像するのに役立ちます。海岸から離れた位置で白波を確認できるなら、そこは浅いことまでわかります。

説明するために、浜名湖の入り口である今切口付近の衛星写真を例にして、Google Mapでポイントを調べるための要点を説明していきます。

GogleMAPで浜名湖今切口をみる
海の色(濃度)で水深はわかるし、実写なら道路状況もわかりやすい。

上の画像を見てもらえばわかるように、地図上で沖の消波ブロックまで記載されることはほぼないです。ここで2D地図を信頼して浜インすると、「消波ブロックが邪魔で投げれないやないかい」ってなりますよね。だから”実際に目で見る”ことが大事なんです。

海色の濃淡も確認できますね。特に濃い水道部分は、約8mくらいの水深があります。砂浜に面した部分はそれよりも浅く、白っぽくなっている箇所が3mあればいいくらい。この濃淡が著しい部分が”変化”にあたる場所。部分的に深くなっているのであれば、離岸流ができやすいか、海流がそこに当たりやすいのかと推測できます。

こんな感じで衛星写真さえあれば、わざわざ現地に赴かなくても、サーフの水深と形状くらいは把握できるわけです。

サーフで良く釣れるポイントは必ずデカイ駐車場がある

釣果報告があがりやすい有名ポイントには、ある共通点が存在します。それは単純明快なこと──。「ある程度駐車場が広い」ことが条件です。

なぜかというと、車が多く停めることができると、多くのアングラーが一度に訪れやすくなります。人が多くなるとサーフを余す所なく人海戦術で探るため、釣果があがりやすくなるわけです。……たとえ50人のうち1人が1匹釣り上げたとしても、そこで”釣れた”ことに変わりはありません。

駐車場が大きければ、トイレもあったり水場があったりと、利便性の高さも人気の要因。サーファーこういう場所を好むし、良い波が立つのも海底変化がきっかけです。なので「サーファーに人気」だと、「サーフルアーでも人気」なサーフになりやすい特徴があります。

もっとも簡単に”釣れるサーフポイントを地図から探す”条件なら、マップ上で駐車場ぽい箇所を探すのがベスト!

馬の背を知ることは離岸流を知ることに繋がる

馬の背には魚が居やすく、サーフで数少ない狙い目ポイント。それは干潮時の波打ち際のことでもあり、遠浅サーフに多く見られます。馬の背は航空写真からでも探すことができます。

緑の斜線が馬の背に当たる部分。ここで白波が発生するため、サーファーにとっても1級ポイント。衛星写真でこのような白波が立つ部分が多いサーフが見つかれば、一度行ってみる価値はあります。さすがに浅すぎると釣りになりませんけどね……。

離岸流は馬の背の切れ目にできやすいので、マップ上で「白波が切れている箇所=離岸流が存在する」と判断できます。地図上でもリアルでも覚えて欲しいのは、「波が立つ(盛り上がる)場所は海底に変化がある!」こと。衛星地図で白泡が見える箇所は、水深2m以内だと思ってください。

馬の背に関してはこちらで詳しく書いています。

スポンサーリンク

写真で地形が把握できるようになると、Google Mapでポイント探しが捗る

衛星写真でも判断しにくいのが「砂質」です。砂質を理解する必要がなぜあるかといえば、遠浅かドン深かもわかるようになるから。

──でも、ある程度なら写真でも判断することはできます。

例にする浜松市の中田島海岸は、狭い範囲で”3種類の砂質”が楽しめるおもしろい場所。その内訳は「探り歩きの起伏に富む遠浅」「引き出すテクが問われるワンド」「固定砲台でも夢があるドン深」の3つ。これらは地図から判別することが可能です。

まずは「中田島砂丘がなぜ産まれたのか?」を想像してみましょう。……とはいえ、どこの砂浜も成り立ちは大抵同じ。砂がどこから運ばれてきたのかを考えるのがポイント。

東西で砂の質が違う中田島海岸。その理由は馬込川と天竜川が東側にあるから。

川は流れで石をすりつぶし、砂を海へと運びます。河口に溜まった砂は海流なり波が運ぶため、ある方向へに堆積しやすい。積もりに積もった結果「砂丘」が生まれます。中田島砂丘のすぐ東には馬込川が、少し離れると天竜川があります。この河川が砂を流して、西へと流れる海流が砂を堆積していき、砂丘が生まれた──というわけ。

この原理を知ることで、「大河川の近くには必ず砂浜が存在する」と想像できるようになります。

砂質の違いとは、砂の粒の大きさ。色は元の岩石によります。粒の大きさで比重が変わるので、軽い砂ほど波と風で沿岸に乗り上げやすいから、”砂浜”になりやすいく遠浅になります。一方で粗い粒は、波で動いても風で運ばないから、うず高く積み重なり、ドン深な沿岸になりやすい。

こういう地形変化は、「砂州」「砂嘴」について学ぶと理解しやすくなると思います。

写真の海色の変化で水深を読む

最後に地図でみる海の色で深度を予想する術について……。

海岸に見える海は、濃い青ほど深く、白いほど浅くなります。カラーピッカー的に説明すると↓な感じ。地図の撮影タイミングでは濁ってわからないかも。でも遠州灘沿岸のような遠浅サーフだと、70m沖でも3~5mってとこです。

それで水深がわかるってことは、事前のルアー選択もできますよね?

水色が濃く、水深5m以上ありそうな所でFミノーでヒラメを狙うのはどうかと思うし、1m前後で浅い箇所で60gのジグを投げても貝掘りするだけだし……。水深がある程度わかるだけで、そこで使えそうなルアーはある程度絞られます。

地図からポイントを把握する方法は教えたので、あとは実釣するだけですね。魚を釣るための方法は別の話になりますので、「ヒラメ釣りたい!」な釣りムック本を1冊持っておくといいです。

タイトルとURLをコピーしました