地図を見るだけでサーフの良ポイントを見つける方法

サーフルアーは場所が広大すぎるため、良ポイントを絞るのがとても難しい。 「釣れる場所教えて!」──そういわれても、どこの砂浜も等しくチャンスはあります。

今記事でいいたいのは、「少しは自分で探す努力をしてみたらどうなの?」って話です。

地図から良ポイントを探すことができれば、あのアングラーも出し抜けるかもよ?

スポンサーリンク

GoogleMAPは何でも知っている

GoogleMAP」は誰でも使える地図アプリケーション。知らない人は居ないんじゃないかと思いたい。これは地球の表面ほぼ全てを3Dでマッピングしており、都市部は道路上を歩くことを仮想体験できるほど。

こんな便利なサービスが無料で使えるなら、活用しない手はない……!

はじめてのポイントに行く際に必要な情報って何でしょう? 大半の人は「釣果の実績」を優先するでしょうけど、私が優先するのは、「車が停めれるか?」「車が通れるか?」のふたつ。……たどり着けないと意味がないですし。

基本的にサーフポイントは駐車場がありません。慢性化した路駐も目立ちます。サーフィンと魚釣りのためだけに、わざわざ駐車場を整備する理由もないでしょ?

ポイントを隠したいのなら「撮らない!言わない!」が正解

釣り人は魚が釣れた場所を隠したがる傾向があります。

SNSなどネットワーク上で釣果写真があれば、「(釣れた場所)教えてくださいよ~」「えぇ~どうしよっかな~(ウッザ)」みたいなやり取りが繰り広げられます。キャバ嬢に連絡先聞いている感じですね。

この秘匿方法──。ネットが発達するまでは有効な方法でした、でも今はいくら隠そうとも、GoogleMAPに載っていない沿岸部が存在しません。そこへ行く方法も道路標示があるので、簡単に調べることができます。

ポイントを秘匿するのは”隠れ家的”を維持したい場合に有効です。人が増えすぎても、騒音やゴミ問題が増えるだけだし、メリットはありませんしね。

スポンサーリンク

地図を見るだけでサーフの良ポイントを見つける方法

GoogleMAPの衛星写真は釣りポイントを探すのに便利。

地図を見るだけでサーフの良ポイントを見つけるには、絵図よりも実写のほうが地形が分かりやすいので、おおよその水深から離岸流ができやすい場所まで特定できます

GogleMAPで浜名湖今切口をみる
海の色(濃度)で水深はわかるし、実写なら道路状況もわかりやすい。

地図上で防波堤は記載されにくく、港内の様子を知ることが難しい。上の画像を見比べてもらえばわかる通り、水道の導流堤にある消波ブロックは描かれてないし、砂浜の沖にあるブロックもないでしょう? これが衛星画像だと記載されているし、場所によっては沈んだ漁礁も見えます。

こんなに便利な高精度の地図が使えるんですよ? 有効活用して、釣りの良ポイントを探しちゃいましょうよ!

サーフは広大といえ釣れる範囲は限られている

砂丘と呼ばれる広大な砂浜でも、一箇所に釣り人が集結するにも限度があります。私がよく行く「中田島海岸」を例にすると、中田島砂丘がありますが、該当する地域の砂浜はおよそ2~3km程度しかありません。砂丘の表面積は広いですが、水辺の横方向は狭いものです。

遠州サーフのほぼ全域で釣りをしたことがありますが、有名ポイントに共通するのは「ある程度駐車場が広い」こと。アングラーを収容するキャパが広いか狭いかが重要です。磐田サーフで有名な「鮫島海岸」は、駐車場とトイレに洗い場など充実しています。「キャタラー前」も広めの駐車場があります。

利用者の利便性が高まると、何をもたらすかといえば「集客」です。

アングラーが増えるほど魚は釣られやすいから、釣果が多く報告されるのは必然です。有名ポイントはそのようにして産まれ、実績を積み重ねていくわけです。

釣りがしやすいから人が集まる。人が多いから釣れる魚も多くなる。
そして情報も拡散されやすい。だから人気ポイントが産まれる。

釣れるサーフポイントを地図から探すには、マップ上で駐車場ぽい箇所を探すのが第一歩

更に一歩先を進むために、次は地図上から地形を読む方法を。

暗闇でも地形を知るには「波と海岸線」だけ見れば良い

初めて入るポイントは、水深と障害物がハッキリするのは、ルアーを投げ入れるまでわかりません。闇雲に歩いて迷う可能性さえあります(経験済)。そうならないよう、モバイル端末のGPSを駆使しましょう。

初見の際は、駐車場から砂浜への入り口はともかく、そこから右か左どっちに行くかをあらかじめ決めておきましょう。

日中のサーフなら、少し高い位置から眺めれば地形も離岸流も一発でわかります。でも夜間は音が聞こえるくらいで何もわからない……。そんな状況でも地形を把握するには、「波の発生点と海岸の形状」を抑えること!

これは以前に詳しく書いた記事があるので、そちらも参考に。

波の発生点から地形を知る方法は、地図上からおおよその地形を把握する方法にも使えます。

馬の背を知ることは離岸流を知ることに繋がる

馬の背とは、波打ち際から離れた位置にある浅瀬のこと。沖合にあるのでサラシができやすく、魚も着きやすい良ポイントです。

馬の背は干潮時の波打ち際なので、これがあるのは遠浅サーフの特徴でもあります。これは地図だけでも確認できます。色付けすると分かりやすくなるかも。

馬の背がある場所は離岸流も発生しやすい。地図上でもリアルサーフでも覚えて欲しいのは、「波が立つ(盛り上がる)場所は海底に変化がある!」こと。衛星地図で白泡が見える箇所は、水深2m以内だと思ってください。

地図で白波が確認できるサーフは、地形変化が豊富だと予想できます。なので魚が着きやすく、良ポイントかもしれませんね。

スポンサーリンク

弓なりの海岸線は潮通しがよく、平行な箇所はドン深な傾向がある

中田島海岸は3種類のサーフが楽しめるおもしろい場所。その内訳は「探り歩きの起伏に富む遠浅」「引き出すテクが問われるワンド」「固定砲台でも夢があるドン深」の3つ。わずかな範囲で性質が違うサーフが楽しめる、稀有でやりがいのある場所です。

それを形成するのが、沖の消波ブロックと河川から流れる砂利。いわば人工と自然のコラボレーションです。

東西で砂の質が違う中田島海岸。その理由は馬込川と天竜川が東側にあるから。

遠州灘沿岸の潮流は東から西に流れる傾向があります。中田島砂丘が産まれた経緯は、天竜川と馬込川からの土砂が流れ着きやすかったから。河口に近づくほど大粒の砂利になり、砂粒が荒い砂利浜になります。砂利は寄せ波で積み重なるだけなので、崖のような形状になりやすく、ドン深サーフが形成される……というわけ。

砂粒が細かければ、風で飛ばされやすいと想像できますよね。おまけに波でも流れやすいので、遠浅の海岸が形成されやすいわけです。砂が波で自由に動くため、天候や潮汐で馬の背やワンドが形成されたり、離岸流で部分的な深場ができたりと、地形変化が豊富になり魚たちの楽園にもなります。

この辺の話はブラタモリでよく語られます。「砂州」「砂嘴」について学ぶと、サーフルアーのポイント選びで有利に働きますよ?

写真の海色の変化で水深を読む

最後に地図でみる海の色で深度を予想する術について……。

海岸に見える海は、濃い青ほど深く、白いほど浅くなります。カラーピッカー的に説明すると↓な感じ。地図の撮影タイミングでは濁ってわからないかも。でも遠州灘沿岸のような遠浅サーフだと、70m沖でも3~5mってとこです。

それで水深がわかるってことは、事前のルアー選択もできますよね?

水色が濃く、水深5m以上ありそうな所でFミノーでヒラメを狙うのはどうかと思うし、1m前後で浅い箇所で60gのジグを投げても貝掘りするだけだし……。水深がある程度わかるだけで、そこで使えそうなルアーはある程度絞られます。

有名ポイントには「鉄板なルアー」が必ず存在します。なぜあるかは、そこの地形にルアーのレンジがぴったり合うからです。

地図からポイントを把握する方法は教えたので、あとは実釣するだけですね。魚を釣るための方法は別の話になりますので、「ヒラメ釣りたい!」な釣りムック本を1冊持っておくといいです。

Tips サーフルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました