キャストタイプで飛距離を伸ばすロッド選びのポイント

2016118tp111

 

ここでいう”キャストタイプ別”とは、投げ方のスタイルや必要な力のこと。

サーフルアーは「飛距離が重要!」と、なんでもかんでも遠くに飛ばそうとさせる。そのため重いルアーに、性能のいいロッドが推奨されている。

 

重いルアーは確かに飛ぶ。でも数時間振り続けるのは、やはり疲れてしまう。

万能なロッドはないけれど、投げ方である程度の対応はできる。

アングラーは男性が大半だが、少ないながら女性もいるわけで、それら全てに対応する1本てのは難しい。

 

なのでザックリ『肉体で飛ばすタイプ』から『技術で飛ばすタイプ』など、それぞれのタイプで向いている選び方とオススメを紹介。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず知るべき「簡単に飛距離を伸ばす3つの方法」

 

・ロッドを長くする

・ルアーを重くする

・ラインを細くする

 

この3点──、ん? 簡単じゃないって?

それもそのはず……これらの1部を変えると、タックルごと変える必要があるし、他に不備がでてきてしまうから。

でも単純かつ効果が明確にでるのがこの3点なのも確か。だからよく取り上げられている方法になる。

 

飛距離を伸ばすキャストには何が必要か

 

重いルアーなら己の肉体を強化して、ぶん投げるのが手っ取り早い。

少ない力で飛ばす省エネで投げる方法も存在する。これがロッドの性能を活かした使い方。

 

これらに共通するのは「力」で、相対するのは「強弱」。

アングラーの体型も様々で、海を切り裂きそうなキャストをする男性もいれば、ロッドを振るのも辛そうに見えるかよわい女性もいる。

 

20161118tp114

 

重いルアーをキャストするための力……よりは、「そのロッドをどのような方法で振ることができるか」に集約される。

万人に合うロッドはないが、各々に合うロッドは提案できる。

 

というわけで、今回は『パワー(体幹)』『テクニック(技術)』『ローコスト(省エネ)』の3タイプ別で、それぞれに向いているロッドを提案してみたいと思う。

ちなみに私はパワー寄りのテクニック派です(どうでもいい情報)

 

 

パワーで振り抜くタイプには荷重に負けない屈強なロッド

 

まず胴調子(スローテーパー)はダメで、ティップが細いソリッドタイプもダメ。なのでフラットフィッシュ専用と銘打った、胴調子のロッドが根本的に向いてない。

パワーで振り抜くタイプには、ブランクス自体よりも、バット(根本)部分がガッチリした先調子(ファストテーパー)が望まれる。

向いているのはランカー対応の「シーバス用モデル」か、「青物用ショアジギングモデル」になる。

 

「なんでか?」っていうと、理由はロッドに負荷がかかる場所が関係する。

パワーで投げるタイプは身体全体を使い、いわゆる「体幹でスイングスピードを上げる方法」で、他のスポーツでいうとゴルフのスイングスピードを上げて飛距離を伸ばす感じに近い。

 

20161118tp112

http://www.epson.jp/products/msensor/mt500g2/feature_1.htm

 

ダウンスイングからインパクトまで、根本から曲がる柔らかいシャフトを使ったクラブだと、飛距離は伸びると思いますか?

ルアーを遠くへ飛ばすためフルスイングする場合、ロッドにかかる荷重はルアーの数倍から数十倍にも跳ね上がる。

なのでフルスイングを許容してくれる、インパクトまで必要以上曲がらない屈強なロッドが最低条件になる。

 

Gクラフト『ミッドナイトモンスター』やエクリプス『レクシータ』あたりがオススメだけど、この手はどうしても高価になる

 

 

オールウェイク」は値段を抑えつつ、体幹でスイングスピードを上げても許容してくれる強さと、糸抜けの良さを兼ね備えている。

それでもなるべく安いロッドでフルスイングしたい人は、ショアジギング用がオススメ

ジギング用はシーバス用より硬さがワンランク上。なので「Mモデル」でも全力スイングに応えてくれやすい。

 

パワーで振り抜くには『オーバーヘッドキャスト』が向いている。

スイングスピードでルアーの初速を速くして、向かい風を切り裂くように無理やり飛ばす的な方法。

ただ、それなりに身体を鍛えてないと意味はない(特に下半身)し、毎回全力出すと時合前に燃え尽きてしまう。

 

 

テクニックで振り抜くタイプには反発力が強いロッド

 

『パワー』と『省エネ』の中間に位置する『テクニック』のタイプに向いているロッドは、ある程度の万能性が求められ、重要なのは反発力

スイングを許容するブランクスの強度と、ルアーを弾き出す反発力。硬すぎず柔らかすぎずといった、絶妙なバランスが必要で、競馬のムチみたいなしなやかさと硬さを備えたロッドになる。

それなりにお高くはなるが、最も種類が豊富という市場のしたたかさも垣間見える。

 

まあぶっちゃけると、テクニックがあればなんでも平均以上で使えるんだけど……(メタい)

キャストアキュラシー(精度)を求めるならDAIWAの『モアザンAGS 109MML』で、比較的エコ寄りな柔らかさで振り抜きが楽。

パワーを兼ねるならSHIMANOの『エクスセンスS1100MH/R』かヤマガブランクスの『バリスティック・ヒラ107MH TZ』で、多少荒っぽい要求に答える強度と万能性が売り。

 

「なんだよクソ高いじゃねーか!」と半ギレする方には、廉価かつこれらに負けないロッドも存在する。

 

 

アブガルシアの『ソルティーステージ942H-Monster』は、3万円台ながら3kgくらいはブチ抜ける強さがある。これはシーバスやヒラメなら60cm台くらいの重さ。

さらに(値段的にも)アホな領域に踏み入れるとなれば、『ワールドシャウラ21053R-3』が究極ともいえる。これの振りやすさと安心感は別次元。

 

反発力を活かすため、バックスイングでルアーの荷重をロッドにかけ、前に押し出す『オーバーヘッド』と『ペンデュラム』の中間点くらいが向いている。

”ロッドに荷重をかけるタイミング”がスイングスピードによってシビアになるため、わりと上級者向けにもなる。なのでルアーによって投げるタイミングを変えられるテクニックが必要というわけ。

これが下手だとティップや中間点で簡単にポッキリ折れる。

 

 

かよわい女性やなるべく楽したいなら軽くてしなやかなロッドを

 

ロッドの軽さというのは、カタログ上の重量よりもバランスによるフィーリングが大きい

各社を比べても、総重量で比べるのは面倒なくらい微々たる差。それを実感するのはリールを付けてからが本番といえる。

「タックルのバランスによる持たないとわからない軽さ」で、個人により変化するから、明確に「コレ!」っていうのがあまりない。

 

ロッドの形状を思い浮かべてもらえばわかる通り、手元になるほど重量は増えていく。

軽いモデルはエンドグリップにウェイトをつけて、意図的にバランスを取っている。──ようするにロッドを振る際は、手元が重いほうが軽く感じるし疲れにくいってわけ。

この”軽さのフィーリング”は、「やじろべえ」や「メトロノーム」など、テコの原理を想像してもらえばわかりやすいかと。

 

 

現状で軽さと強度を備えたサーフルアーで疲れにくいロッドの一強は『NESSA CI4+』。これに250g前後のリールだとバランスがいい。

ショアガンエボルブのフラットフィッシュエディションSFSGS-98M+』も、9ft台ながら多様な扱いに対応してくれる。胴調子は魚の食い込みが良く、波の力を吸収してくるため、ランディングの安定感もある。

サーフルアーで軽いといわれるタックル構成だと、だいたい450g前後くらいに収まる。

 

女性向けで更に軽さを追求するとなれば、9ft以下に落としたりバランサー抜いたりして、リールを3000番のハイエンドにすれば、タックル総重量400g以下もいけるんだけど……。

釣具で性能と軽さを兼ね備えると、どうしてもお値段は張ることになるので注意されたし。

 

胴調子はゆったりとしたスイングスピードで十分なため、重いルアーを扱うほど動作はゆっくりになる。

振り子のように後ろにルアーを振って、ググッとロッドに荷重をかけて、反動と一緒に前へ振る『ペンデュラムキャスト』が向いている。

固定位置で重いルアー投げ続けることが多いサーフルアーでは、これが1番疲れにくい。

 

 

ロッドは値段で決めるべきか否か

 

「ロッドの値段が高くなるにつれ物が良くなる」と小学生並の感想をするのは容易。

だが正しくは、「軽さと強度を兼ね備える素材を使うためコストを増やす必要があるから」なのが要因。

車でいえば200万円と1000万円ではどっちもアクセルを踏めば動く。けど何が違うかっていうと、走行性能や内装などの快適さが断然違ってくる。

 

安いロッドの何が悪いかといえば、対象魚モデルでも今ひとつ踏み込めない不安な強度がある。

高いロッドの良いところは、モデルとした対象魚ならば完全に許容してくれる包容力がある。

ブランドは大した問題ではなく、値段によって絶対的な強度と、応えてくれる性能は飛躍的に伸びる。

 

高ければ強いからって折れにくいわけじゃない

 

高いモデルでよく「折れた!」とは聞くけど、折れないロッドの条件って”絶対に曲がらないこと”であるから、「それって釣り竿なの?」と俺らは何をやっているんだと考えたくなる答えになる。

お高いのには保証があるので、それを使うのはいいのですが……。

折れた箇所でだいたいどんな扱いをしたのかは、知っている人ならわかります。

 

20161118tp113

 

ティップが折れるのは大抵キャスト時で、これはルアーの重さが乗る前に振り抜いて、ティップに負荷がかかるパターン。

ようするに「キャスティングを見直しましょう」の例。

 

中間で折れるのは根掛かりや魚がかかった時に、ロッドの限界を超える負荷をかけてしまったため。

曲げる角度も要因になりますが、ドラグを緩めるか、ラインを引っ張って根掛かりを外しましょう。

 

根本で折れるのはかなり稀有というか「なんでだよ」なパターン。

フックキーパーなどでもともと傷が入っていたか、グリップではなくブランクスを握っていてバランスが崩れている──なんて理由が考えられる。

キャスト時なら、重いルアーを投げる際のバックスイングからのスイングスピードが、反発力を越えてしまっている可能性が高い。

 

……意図的に折ろうとすると、ロッドは簡単に折れます。でも正しく使えば容易に折れないのもロッド。

 

曲げてはいけないロッドの角度を知ろう【ランディングの注意点】
ロッドが折れやすい条件というのは確実に存在する。 一連の動作内でいえば、『投げる』『掛ける』『取り込む』時の3つ。 そして、最も折れやすい条件が重なるのが、”ウェーディング”になる。

 

私が今までロッドを折ったのは、踏まれた時や落とした時で、磯竿の時が多い。

根掛かった時に軽く煽ったら根本から「バキッ」なんてこともあったし、ウツボのうーちゃんにへし折られたこともあったなぁ。

ルアーロッドはガイドリングがポロリしたこと以外、ロッドでトラブったことはないです。

ロッド
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生